あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« お台場! | トップページ | これがほんとのはたはた寿司 »

2011年1月10日 (月)

とわに大人にならない子どもがいるかしら

1/8ラジオドラマ「東京Voice」を聞いて、直後はなんだかぼ~っとしてうまく言葉が出てこなくてそれきりになってました。
いかん!また書きそびれる!
と、思って今ごろやっと書き始めました。

最初に思ったことは、あっきーの声がとてもやさしい。やさしくて、自然で、声だけでこんなにちゃんと演技できるようになったんだな~って。ほんとにうまくなりました。←毎度失礼しちゃう
最近は声優を目ざす専門の学校とかもあるみたいだけど、わたしが昔声優さんの追っかけしてた頃(してたんだ?!)よく言われてたのは、声優になりたかったらしっかりした演技の勉強してから。声だけだからって、声だけ磨いてもダメだって。実際その頃の声優さんって、舞台出身の実力派が多かったんです。
それを思うと、あっきーはこれまでの舞台経験はもちろん、音楽やそれ以外の様々な体験から学んできたことが着実に今の演技力に結びついてる、って思う。その力の付け方や表し方が普通の俳優さんたちと違ってたから、これまでなかなか傍目にわかりにくかったけど。
これなら声優のお仕事もできそうじゃない?(エラそう)
それがアニメなら主題歌もぜひぜひ!(誰に言う)

そしてこのラジオドラマでのあっきーの役は、わたしにとって「X day」のリベンジになりました。
最初このドラマのシノプシスを読んだ時は、性同一性障害という言葉に、まさかそんな同じような役は来ないよね、と思ったんです。そしたら、なんと、そのまさかでした。これって偶然?
昨日のサンデーメールによると、特につながりはなさそうでしたが。

何がリベンジって、わたしが「X day」イマイチな理由のひとつが聖児くんの性同一性障害の扱い方だったから。そういうバックグラウンドを持ってるってことがうまく脚本に活かされてないように感じてました。ACT4でもACT6でも。ACT4ですでにネタばれしてるとはいえ、聖児だけがとってつけたみたいに自分から告白しなくちゃいけないって、それまで登場してない人が犯人だった反則推理小説みたいじゃないですか~。

だから、今回全然関係ないけど、この障害を持つ人の内面やきれいごとでは済まされない側面を描いてくれて、あっきーも難しい役をみごとにこなしてくれて、すごくうれしかったんです。

ストーリーを簡単に書いてみると。

主人公は武田勝(まさる)、20歳。関西出身、東京の大学生。変声期障害のため20歳になってもまだ声変わりせず、子どものままの声である。長く悩んでいたが、バイト先の先輩から教えられた音声外科手術を受ける決心をする。しかしその先輩も実は性同一性障害でかつて性別適合手術を受け声を変えるのと引き換えに家族を失うというつらい体験をしていた。また大学の手品サークルでいつも勝にからんでくる同級生?が、伝説的なロックシンガーを父に持ち、自分の声に父の面影を求められることに抵抗を感じながらもそれを乗り越えてCDデビューする。
手術を受けることに揺らぎはない勝だが、「その声でやり残したことはないか?」という先輩の言葉に、大阪の母の元を訪れる。久しぶりに髪を切ってもらいながら、母と語り、笑い合う。クリスマスには遊園地のショーで父に教わった腹話術マジックを披露する。子どもの声のままで。しばらくして母の理容院の電話が鳴る。電話に出た母の耳に聞こえてきた声は…。
「お父ちゃん…?」

このラストシーン(ボイスか)にちょっと鳥肌立ちました。うまい脚本だと思います。声変わりしないという特殊な状況で、息子がからかわれたり笑われたりしてつらい思いをしてるのをお母さんがほとんど気づかずに、あるいは深刻に考えても落ち込むだけだから見て見ぬふりして笑い飛ばしてたのかもしれないけど、あまり理解してなさそうなことだけがちょっと引っかかりましたが、草村礼子さんのおっとりした声だと、そんなお母さんもいいかな、と思わせてしまう。手術と聞いて取り乱す声も真に迫ってました。

遊園地のヒーローショーで、アドベンチャーマンとして戦う松田優(ゆう)というのがあっきーの役。切符もぎりのバイトくん、主人公の勝くんの障害を知って、自分の苦しみと重ねたんでしょうね。声を変える手術があるよって、教えてあげて。でもそれを決心した勝くんに言う

「声を変えるって、たぶん、勝が思ってるほど簡単なことじゃないよ。」

この言葉がすごく重いのにやさしくて、ちょっとぞくっとしました。その前に

「やり残したことないか?
今の声でやり残したこと。言えなかったこと。最後に言いたいこと。」

っていうのもありました。これまた泣きそうになるくらいやさしい声でした。

母校である女子高や実家の写真館に勝を連れていって、声を変えるということの意味を伝えようとする優。勝も単に大人の声を手に入れるだけではなく、大人になるということ、ほんとうの自分になるということ、その代償(失うもの)も含めて気付きはじめます。

この二人のドライブ中に、あっきーが、もとい、優が小さくハミングするシーンがあるんですが、それが「明日に架ける橋」なんです。これがまた個人的にはリベンジでした(笑)
もうちょっと聞いてたかったな。

音楽の使い方も意味深で、三浦シュン(俊?瞬?駿?)という早逝のロックシンガーの息子晴彦(竹本孝之さん)と勝が部室で話すシーンでは、「Unforgettable」。ナット・キング・コールの生前の歌声に娘のナタリー・コールの歌声をミキシングした幻の親子デュエット曲です。大好きでCDもライブ映像も持ってます。

その三浦親子の設定が尾崎豊にそっくり、と思ってたら、最後の方で勝のお母さんの理容室でかかってるラジオかなにかの音楽が「I LOVE YOU」。これもしかしたら尾崎豊本人の歌声じゃなくて、最近ANAのCMに使われている息子さんなんじゃないかと思いました。確かめようがないけど。

そして三浦シュンの未発表曲を息子が歌う、という設定で優の車のカーラジオから聞こえてきた曲は、竹本さんご本人の新曲「風花」だそうです。(竹本さん公式サイトの情報による)部室でも生で少し歌ってましたね。

竹本孝之さんって、昔アイドル歌手だったときの印象強くて(笑)「陽あたり良好!」とかにも出てたんですよね。主題歌も。最近は俳優さんとしてのお仕事が多いのかな。近々では1/16「ANIME JAPAN FES 2011“冬の陣”」にも水木一郎さんや堀江美都子さんと並んでお名前があってちょっとびっくり。

主役の三田村くんは、これまた難役、大阪弁も含めがんばってましたね。惜しむらくは声だけじゃなくてしゃべり方も子どもcoldsweats01 これはもうしょうがないですね。大人の声優さんが子どもの声が出せるのは、子どもだった経験があり、どんな風な声が「子どもらしい」かわかってるから。まだ大人の経験のない子どもが大人の役をするってすごく難しいですよね。
でも大好きなんだけど鬱陶しくもあるお母さんへの複雑な思いとか、よく出てたと思います。

勝のお父さんの岡本さん、優のお父さんの柳澤さん、出番がちょっぴりでしたが存在感がさすが。とっても贅沢なキャストでしたね。

話があっちこっち飛んでごめんなさいsweat01

とにかく言いたいことは、あっきーの声がとてもすてきでしたheart01 おわり!

【追記】
タイトルで思い出しましたが、昨日9日の大阪公演で、「モーツァルト!」公演400回目だったそうですね。おめでとうございます。これからもこの作品が長く愛され続けますように。400回を支え、積み重ねてきたすべての人に感謝を忘れず。

女に生まれたために自由に音楽ができなかったナンネールの嘆きは、状況は違うけど、優の哀しさとつながるところもあるかなと思ったり。

【さらに追記】
実家の写真館前で生命保険と偽って父親に電話するとこと。ここ、ほんとは痛々しくて泣くところかもしれないだけど、わたしはここの声が一番いつものあっきーらしくて、ちょっと笑ってしまいましたbleah

« お台場! | トップページ | これがほんとのはたはた寿司 »

コメント

アッキーは声のお仕事もよさそうですね!ふわっと涙がこぼれました。
いつも車で聞いていた番組に出れるなんて素敵ですね。
昔、竹本さんがアイドルだった頃、下敷きとか持ってました(恥)まだミュージシャンとしても活動しているようで銀座でライブのポスターを見てポッとしてしまいました。

>bunさん
こんにちは!
いいお話でしたよね。わたしも泣けました。
アイドル時代の竹本さん、お好きでしたか??
マッチとかと確か同期デビューのはずですが…。
って、お互いトシがばれますな(爆)
まだけっこう歌手活動も活発にされてるみたいですね。
お写真見てもまだまだお若いし、これからのご活躍が楽しみです。
アニソンライブ、ちょっと興味ある~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/38415490

この記事へのトラックバック一覧です: とわに大人にならない子どもがいるかしら:

« お台場! | トップページ | これがほんとのはたはた寿司 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ