あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あっきーは今年も大忙し? | トップページ | 忘れない »

2011年1月15日 (土)

ACCIDENTSふたたび

演出家石丸さち子さんのブログで、「ACCIDENTS 2」の公演があると知り、久しぶりに2年前の公演「ACCIDENTS」のページを開いてみたら、PHOTOのページ(クリックで大きく表示されます)に出演者の集合写真がアップされていました。終演後にも何度かここを訪れてたんですが、今まで気がつきませんでした。

みんな、いい顔してます。あっきーも。
何かひとつふっきれたような清々しい笑顔。

2年前の1月10日でした。超猿中止のお知らせは。
今年の当日も思い出してたけど、話題にしそびれちゃって。でもこのタイミングでこの公演情報がアップされたっていうことに石丸さんの思いを感じます。

あれがたった2年前だなんて!
なんかすごくたくさんのことがありましたよね。
あっきーもいろいろなことに挑戦して多くの経験値を積んで、強く大きくなりました。
失ったものよりずっと大きなものを得てきた。と思います。

「ACCIDENTS」の頃(2月13日~15日)は、まだみんな超猿ショックを引きずってて、でもその出演者のみなさんが力を合わせて作り上げたこの舞台が立ち直るきっかけになったんですよね。あるべき舞台を失ったキャストのみなさんにとっても。あっきーにとっても。ファンにとっても。

あの頃つらかったけど、あっきーもNHKドラマの出演が決まったりして、少しずつ前向きに歩き出したところでした。思い出すとまだちょっぴり胸が痛むけど、今では微笑ましい思い出です。

今度の「ACCIDENTS 2」にはもちろんあっきーは出演しないけど、去年見た石丸さんの舞台「悪魔の絵本」もおもしろかったし、同じ会場でまたあの小劇場空間、感じてみたい。

俳優私塾POLYPHONIC第2回公演
with Theatre Polyphonic
ACCIDENTS 2
3月1日(火)&2日(水) 神楽坂die pratze
前売り 2500円 当日2800円
出演: 加藤素子 上村正子 鎌田亜紀 平岩信子 樋口那穂子 吉木遼   
田村真 杉浦大介(Theatre Polyphonic)若菜大輔 妹尾正文 ほか
1月15日より、チケット予約を開始します!
こちらから
3/1(火) 15:00~   19:30~
3/2(水) 14:00~   18:30~
公演詳細は→こちら

Flower4sunmall01

Flower4sunmall02

P.S.
去年の10月に見た「悪魔の絵本」、会場のスタジオ・サンモールにあっきーからのお花が届いていました。今さらですが、ご紹介。(千秋楽だったんで、ちょっと萎れちゃってますsweat01)

この日は10/11赤坂BLITZのライブ当日で、ハシゴ忙しかったけど、見られてよかったです。
一言で言うなら、美しく痛い愛の物語でした。そのときとっても印象的だった女優さんがいたんですが、石丸さんブログによるとその方、岡田あがささんがサンモールの(私設?)女優賞を取ったみたいですね。なんかわかる気がする。失踪した作家の足取りと行方をその大ファンだった女性編集者が探し求める、という構造になっているのですが、その作家のミューズでありその人生を決定的に支配したともいえるファムファタール的な役でした。

2年前には小劇場のあっきーなんて想像もできなかったけど、今ならおもしろいお芝居できるんじゃないかな、と思います。またそんなチャンスがあるといいな。

そういえば「ACCIDENTS」そのもののレポもまだ完成してないままだったsweat01でももう今さら無理~coldsweats01

【ご参考】2009年公演「ACCIDENTS」関連記事

ラストシーンに込められたメッセージ

言葉はいらない

ACCIDENTSその1

ACCIDENTSその2

カテゴリー:SUPER MONKEY

【追記】
昨年の劇団☆新感線「鋼鉄番長」での主役および重要なキャストの怪我による降板と交代劇、劇団始まって以来の未曾有のピンチ!を劇団スタッフ、キャストの総力をあげて切り抜けた「事件」の記憶も新しく、最近では、「7 days 死神の精度」でご一緒したラサール石井さん演出の舞台「ペテン・ザ・ペテン」でやはり体調不良により主役の勘三郎さんが降板、なんと演出のラサールさんが代役というニュースには驚きもし、がんばって!と心から思います。久々に開いた松竹のお知らせページまだやっぱりチクっとするheart03

やっぱりこうするのが舞台人の意地だよね、と思う。どんなことがあっても最後まであきらめない。ほんと、あれって何だったんだろう?っても思うけど、

あれがあったから、今のあっきーがいる。あそこから始まった何かがあっきーを強くした。あれを乗り越えられたから一回りも二回りも大きく成長できた。そう思うと、あれは確かに思いがけないアクシデントではあったけれど、必要な出来事だったのかもしれない。

って、今は思えるわたしもちょっぴり強くなれたかな。

だからって、別にまだあきらめてはいないから。わたしの孫悟空に会える日を。

« あっきーは今年も大忙し? | トップページ | 忘れない »

コメント

この記事にどんなに大きな思いが詰まっているかを、
あの時間を通り過ぎてきたファンならわかるはず。

生きてるといろんなことが起きるけど、
どんなに過酷で、辛いできごとでも
それに負けないで、必死に歩いていこうとする者には
ちゃんと道が拓けることを改めて感じました。
谷からのきつい登りに耐えた足は強くなり、
傷ついた心は、差し出されたコップの水の美味しさを知る。
まわり道をしなければ見ることのなかった景色にも気づく。
無駄なことなど、何もないのだと
ほんとうに心の底からそう思える。

いまは明日を思い描くことが楽しいです。
たとえどんな天気であろうとも、前に進んでいけますよね。

いつも心に沁みる言葉をありがとうございます。

>ミミさん
こちらこそいつも温かいお言葉をありがとうございます。
わたしの思いなんて、あっきーが実際に経験したことの1/10も本当にはわかってはいないだろうと思うのです。それでもあの時期を一緒に乗り越えた、と思う、いわば戦友のようなシンパシーを一方的にすぎないかもしれないけど感じています。
回り道も道草も、すべて意味があって、ひとつも無駄じゃなかった、って今は言えるし、これからもきっとそう。
明日のあっきーを楽しみに、これからもご一緒に応援しましょうねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/38480616

この記事へのトラックバック一覧です: ACCIDENTSふたたび:

« あっきーは今年も大忙し? | トップページ | 忘れない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ