あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 年賀状企画 | トップページ | さっそくおわくり更新とかメッセージとか »

2011年1月 1日 (土)

2010年わたし的ベストパフォーマンス

この1年のあっきーの活動を整理してて、公演情報のリンクを過去情報に反映したんですが、→こちら  これ見ても近年の活動に比して今年が特にバラエティに富んでることがわかると思います。テレビ、舞台、ライブ、イベント。内容も歌、演劇、朗読劇、京劇、レポーター、料理。この他にFCイベントが2回。
その中でわたしが参加した公演、イベントは、いま数えてみたら、35回でしたcoldsweats01 ひょえ~。
反省としては、まず遠征しすぎ(爆)そして「X day」を9回も見てしまったこと(え゛)sweat02

この中からわたし的ベストパフォーマンスを選んでみました。ぜんぶひっくるめて中川晃教的インパクトの大きさを基準にして選ぼうと思ったけど、やっぱり無理があったので、舞台系と音楽系に分けました。

【音楽ライブ系】
1位 5/15 渋谷AX「音楽が消えることのないダンスフロア」

2位 2/25 ポピュラーウィーク Voice~Acoustic Night~
3位 10/21 名古屋ブルーノート公演2ndステージ
次点 3/13 中川晃教 MEETS 青山学院コンサート

今年はクオリティの高いライブが多くて選ぶの迷いました。CSのJINO番組や昨日のマイケルトリビュートもかなり捨てがたいですが。ライブ中の興奮と最終的な満足度でやっぱり1位はこれ。CD/DVD化されなかったことがほんとうに残念。

【舞台系】
1位 11月「SAMURAI 7」ウキョウ役

2位 12月「LOVE LETTERS」
3位 該当なし
次点 5/29京劇「孫悟空 vs 孫悟空」

あくまでインパクトの大きさが基準ですからbleah 京劇はお疲れ様で賞(笑)
「X day」は、う~んsweat02

【番外】
12/24 中川晃教コンサート2010 HAKUJU HALL

コンサート形式だけど、物語表現の新境地ってことで期待値を加算。

【番外2】
8/22 FCイベント仙台お茶会

個人的に特別な思い出になりました。

ほんとに充実した1年でしたよね~。
昨年が年の初めからつらい試練で始まり、先が見えない中で確実に成長してきた、その積み重ねの上に今があると、確かに言えます。もしかしたら、あの厄災でさえ、必然であったと思えてくるくらい、良い一年でした。

さて、あなたのあっきーは、どんな思い出を残してくれたでしょうか?
そして10周年をひかえた来年への期待は?
楽しみですよね。

今年もたくさんのご訪問ありがとうございました。
なかなか更新できない時もありますが、よろしければ来年も時々のぞいていただけたらうれしいです。
みなさま、よいお年を!

って、書いてる途中で年が明けちゃいましたsweat02

間抜けですが、明けましておめでとうございますfuji
今年もよろしくお願いします。

« 年賀状企画 | トップページ | さっそくおわくり更新とかメッセージとか »

コメント

あけましておめでとうございます。
いつもいち早く情報をアップしてくださったり
まとめてサイドバーへ整理してくださったり
「あの時は誰が出演してたのかな?」と知りたくなった時であったり
「あの時のセットリストは何だったかな?」と思ったりすると
hildaさんのこちらをたよりにさせていただいてます。

更にhildaさんの正直に書かれた文章を読ませていただくと
自分でもわからなかった「ひっかかっていた部分」が明確になったりして
「なるほど」と思わせていただいたり・・・

楽しむ気持ちだけであっきーを見つめていけたらどれ程楽でしょうに
と申し訳ない気持ちもあります。
ご無理されない範囲で
どうぞ今年もよろしくお願いします。

あっきーを好きになってから数年が経過したいるのに
こんなに持続する気持ちはいったい何なのでしょう(笑)
何が私たちをそうさせる?(笑)
深く心に入り込んで離したくないんですよね。


私もウキョウは大好きです。
良い役をいただいたと岡村さんに感謝します。
ただ、評価が高かった・・・という事に対して
あのメンバーの中でだからあれほどまでに目立ったのでは・・・とも思います。
そのあたり あっきー自身が過信することなく次に繋げていって欲しいです。

青学のコンサート、私も昨年の活動の中で印象に残っています。
「瓦礫の中の月」・・・でしたか・・・もう一度ききたいな~

>じゅんぺいさん
いつもあたたかいコメントをありがとうございます。今年もよろしくお願いしますhappy01
あっきーファンと情報共有して語り合いたい、というのがこのブログの大きな目的でもありますので、お役に立ててるようでしたらうれしいです。
ここも6年目に突入しました。これまでいくつかファンサイトをアップしては閉じてますが、今回は長い!(笑)ほんとに自分でもこのテンションいつまで続くんだろう?って別な意味で不安になりますcoldsweats01
残念なことのこの5年間でたくさんのあっきーファンがわたしの回りから去っていきました。そのかわり、知らないところで新しいファンも増えてるのかな、と先日のFCイベントでほとんどお見かけしたことのないお顔を拝見しながら思ったりもしています。
ほんとに何なんでしょうね??この人の魅力って(爆)
それを探ることもこのブログを始めたきっかけのひとつでした。
まだ完全には解明できていませんが。

ウキョウ役のこと、そうですね、あのメンバーcoldsweats01確かにほっといても目立ちますが(爆)
ただわたしとしてはある意味今年一番あっきーらしいパフォーマンスだったと思うし、与えられた役の解釈、表現力、歌力、総合的な力技でもって舞台をさらったことは確かで、あとは、あれを見てくださったあっきー初めてのお客様が、単にそのとき「すごい」と驚かれただけでなく、もう少し心にかけてくださってるとうれしいなと思います。
一気にファンにならないまでも、またいつかどこかであっきーの名前や歌声を耳にしたとき、「ああ、あのときの」と思い出していただけるような演技だったと思うからです。舞台やライブを追っかけするようなコアなファン(笑)だけじゃなく、そうやって裾野を広げることも今の彼にとって、とても大事なことじゃないでしょうか。

なんかわたしも長くなっちゃいましたsweat01
瓦礫の中の月!わたしも大好きです。また聞いてみたいです。FCイベントのときもし当てられたら、そのこと聞こうと思ってました。当たらなくて残念weep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/38290518

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年わたし的ベストパフォーマンス:

« 年賀状企画 | トップページ | さっそくおわくり更新とかメッセージとか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ