あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あっという間って | トップページ | お墓みっけ »

2010年12月 5日 (日)

「SAMURAI 7」無事に千秋楽

「SAMURAI 7」無事に千秋楽を終えました。

あっきー、初の悪役お疲れ様。ほかのキャストのみなさん、見えないところでいろいろとがんばってくださったスタッフのみなさんもお疲れ様でした~。

全体の評価はともかく、わたしにとってはものすごくツボって楽しめる舞台でしたhappy01

またしても中川晃教という人の新たな役者魂を見せてもらったことが何よりうれしかったです。

アニメファン的にはいろいろとツッコミどころの多い舞台でもありましたが細かいことは置いといて。

今日はこれまで4回見たうちで一番よかった気がする。

千秋楽はいつもより少しお遊び的なアドリブも増えてました(前楽のマチネの方がもっといろいろ遊んでたみたいですね)が、全体的に落ち着いて、あっきーの歌声も安定感あり、最後の舞台にふさわしい盛り上がり方で、わたしも後顧の憂いなきようウキョウさまコールしてきました(笑)

今日のウキョウさまは、すごく抑制がきいてて少しずつテンション上げつつクライマックスへと導く、その持っていき方が絶妙でした。物足りないと思っていた1幕の歌がよかった!こちらのドキドキと高揚感も一緒にヒートアップして舞台と共鳴していく快感を初めて感じました。その代わりといっては何ですが、気持ちよすぎてあんまり泣けなかった。これまでは次々に倒れていくサムライたちの言葉やウキョウさまの深く暗い心の闇を思って2幕はけっこうずっと泣いてたんですけどねweep
2幕の歌声はもうすさまじく、あの頭にWOWOW...ってつけるのは前からやってましたっけ。それだけでもうわぁ~っと気持ち持ってかれます。最後まで安定しててよかった。実をいうと金曜日に見たときはセリフも歌声もちょっと苦しそうに聞こえて、残りマチソワマチソワ連ちゃんでもつんだろうか、とちょっと心配してたのです。さすがに楽に合わせて調整してきましたね。
奇矯で歪んだ怖いキャラ、合ってると思ったけどここまでこなすとは、恐れ入りました~。そして最後に見せるやさしさ。あんな風にしか愛を表現できないウキョウの孤独と悲しみを思うと今もまだ胸がつまります。
これはまだしばらく後引きそうだ。

【追記】
夕べ途中まで書いて意識失いました。お昼休みに更新。

千秋楽カーテンコール。

「女信長」のときほど派手な演出はありませんでしたが、あのときと同じくキャストに入っている久保田創さんの声の進行で、キャストひとりひとりのお名前と一言紹介。
他の方のはよく憶えてませんが(ごめん)あっきーのときは「魅惑の歌声」って(笑)

2回目のカーテンコールからは客席ほぼオールスタンディング状態に。

3回目でいつもの三浦翔平くんからのご挨拶むちゃぶりですが、今日はさすがに全員で「手短に」(笑)
最初はキララこと水野絵梨奈ちゃん、弱冠17歳!男くさい舞台の中でメインキャストではただひとりのヒロイン役を無事に終えた安堵感からか、感極まって涙ぐみ言葉になりません。わたしは個人的にはこのキャラは好きではありませんが(笑)よくがんばったと思います。すっきりしたお腹とすんなりのびた足の美しい女の子でしたね。
2番目があっきーウキョウさまでした。自分に言い聞かせるように「手短に」そして「もしよみがえることがあれば、今度は7人のサムライ役で出たい。ウキョウ大変!!」最後の言葉にものすごく実感こもってて笑ってしまったけど、ほんとに大変な役だったと思います。肉体的精神的にも緊張感を強いられる舞台。本当にお疲れ様でした。
他の人の言葉あんまりよく憶えてないんですが(またかよ)、カンベエ加藤雅也さんが47歳最年長で他のキャストと2回りも違っててけっこう大変だった話。「もし再々演あるなら早めに、49歳までにして」とかって(笑)あとスタッフキャストへの感謝の言葉は他のみなさん、おっしゃってましたが、さすがベテラン、スポットライトを浴びてるメインキャストの後ろで早替えしながらがんばったアンサンブルのみなさんへのねぎらいの言葉が印象的でした。
あとシチロウジ相葉弘樹くんが「明日からヒモにもどります」と言ってましたね。キュウゾウ西島くんはさりげなく紅白とレコ大の宣伝も(笑)
最後にカツシロウ三浦翔平くん、「初舞台でこんなに素晴らしい作品に出会えてよかった、キャストのみなさん、スタッフのみなさんに助けられてここまでやれた。何よりたくさんのお客様に来ていただけたのが一番の励ましだった」忙しい中座長のお勤めもご苦労さまでした。「これからの役者人生に必ず活かせる体験になった」とも言ってたかな。
まだ拍手は鳴り止みません。

4回目のカテコ。
「最後にあれ、やりますか」と三浦くん。
聞くところによると、前楽マチネのカテコでもやったらしいんですけど、みんなでレイザーラモンHGさんのお家芸「ふぉーっ」をやろうってことになって、あっきーが「この足(右足後ろに)はどのタイミングで?」みたいなこと質問するから笑っちゃいました。「直接教えてもらえる機会なんてめったにないから」って言うんだけど、HGさんちょっとあきれ気味に「どう考えても手(両手上げる)と一緒でしょ」(爆)となりのゴロベエ高橋広樹さんと何回か練習してうまくいったらガッツポーズしてました。えれ、けっこう気に入ったんじゃないかな~。今日のFCイベントでもやってそうな予感。ってかみんなにやらせてるかもbleah

まあ、この千秋楽カーテンコールはDVDの特典映像に入るらしいので、ノーカットならこんなお茶目なあっきーも見られますよと。

再々演がどうとかっていうネタが多かったのは、2幕の前説でウキョウさまコールのお願いのとき機械のサムライ3百姓23の明石鉄平くんがテッサイ藤榮史哉さん(立ち回り指導もすべてこの方だったそうです)に「声が小さいとどうなりますか」と聞いたら「取り返しのつかないことになります」、逆に「成功したらどうなりますか」「再々演が決定します」と答えるアドリブを受けてだと思います。
ウキョウさまも民衆の喝采に応えて、「これで再々演決定だね」なんて言ってました。

思いつくままメモっぽく書いてみました。
また後で編集するかも。

« あっという間って | トップページ | お墓みっけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/37977311

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAMURAI 7」無事に千秋楽:

« あっという間って | トップページ | お墓みっけ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ