あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「SAMURAI 7」無事に千秋楽 | トップページ | メンバーズサイトの更新 »

2010年12月 7日 (火)

お墓みっけ

VISIONでウキョウさまの楽屋写真などアップしてくれてます(monちゃん、ありがとうgood)が、千秋楽終わって息つくひまもなくもう昨日からFCイベント始まってるしcoldsweats01 あっきー、お疲れ様。

まだまだウキョウさまの歌声に囚われの身のこちらの気持ちなんかお構いなしに、あっきーはもう次に向かっているのだろうな。

先週まだ公演中の合間を縫って今週末の「ラヴレターズloveletter」のお稽古も済ませたもよう。
そんな中で名残惜しくというか、未練たらしいようですが、「SAMURAI 7」ネタです。
再々演って話もあるみたいだから、何かの参考になれば。(なるのか??)

ヘイハチこと橘大五郎さんがブログで書かれていたファンの方々の力作てるてる坊主、チェックしようと思ったのですが、お墓がどこにあるのかわからない!
なんでも殺陣で使う刀につけるてるてる坊主を毎日取り替えるのは無理なので、お墓に差した刀の柄に回替わりで(小道具さんが?)付けてくれてるらしい。
それをツイッターでつぶやいたら、最後の百姓踊りのところでカツシロウが何か拝んでたよ、と教えていただき(ありがとう♪)最後に確認できました~!
ラストシーン舞台の上段に4つの塚が。それぞれの刀が差してあり、左からゴロベエ、キクチヨ、キュウゾウ、ヘイハチと思われます。あった、あった、てるてる坊主。ほんとだ殺陣の刀のときと違う。
カツシロウが拝んでいたのはキュウゾウの墓で、二刀流の刀一本を差し込んでから手を合わせていました。

きっと細かい仕掛けや小芝居、たくさん見逃してるだろうな…。
ユキノさん、大変だったのね。上で踊ってるのはチェックしてたけど、同じ振付って気付かなかったよ。
リキチさんの奥さん、サナエさんが連れ去られるシーンが冒頭にあったことも何回目かでやっと気がついたし。

わたしの観劇記録。
11/20ソワレ A席 2階最後列センター
11/28マチネ S席 1階7列センター
12/3ソワレ S席 1階6列センター
12/5ソワレ S席 1階18列下手サブセンター

記録兼ねてつらつらと。

アニメファン的に一番ツッコみたいのは、背景の映像がボケボケで何だかわかりにくかったこと。
大掛かりなセット組んでた割には全体的にメカニックのイメージが弱い。フルCGアニメと比べたら気の毒なんだけど。ミヤコの巨大さや戦艦要塞としての役割も見えにくいから、最後にキクチヨが何をしてたのかもちょっとわかりづらい。
相当想像力を要します。(妄想力ならまかせて)
でもまあ、いいんです。たぶん観客の9割はアニメファンじゃないから(笑)
いみじくも前説で明石鉄平くんが前方席のお客様に毎回「どなたのファンですか」と尋ねていたように、この舞台、誰かのファンじゃないと見に来ないから(爆)
自分の好きな役者さんが出てきたらきゃ~って目線で追って、他はほとんど見てないっていう方が多かったんじゃないかと。
ま、わたしもご同類ですがねbleah
それがいけないってことじゃないですよ。
そういう、役者を見せる舞台ってあっていいと思う。商売なんだから。
でもできればうまく見せてほしいよね。そういう意味でこの「SAMURAI 7」7人のサムライ+悪役+ヒロイン、脇を固めるアンサンブルまでそれぞれの見せ場がうまく作られてたと思う。

各キャストについて簡単コメント。

はっきり言って、この舞台見る前は、加藤雅也さんとHGさん以外名前も知らなかったのに、三浦くんも西島くんもかわいいし~(この二人が特に気に 入ったらしい)、ゴロベエ高橋さんはさすがに声優さんだけあって良い声だし(キララに「笑え」萌え)、相葉くんはアニメのイメージに一番近くてすらっと かっこよく色っぺーし、ヘイハチ橘さんはプロフ女形の写真とあまりに印象違って最初どこにいるかもわからなかったくらいだけど殺陣さばきはさすがだし、加藤 カンベエさんは、一人だけ顔と体の比率が違う!さすが元モデルさん、立ってるだけでも絵になるのに落ち着いた声もすてき。
HGさんはいい役もらったよね。一番役得(笑)キクチヨって映画では三船敏郎さんなのよね。機械のサムライじゃなくてどんな設定だったのか興味ある。(って、まだ映画見てなかったのかsweat01

百姓23他の明石くんの前説、うまかったね~。ああいうのこそタイミングが大事で観客との駆け引きだからうまくやらないとドッチラケになっちゃう。七人のサ ムライになれなかった黒い唇の丸山ヒョーゴくんや殺陣担当藤榮テッサイさんとの掛け合いも楽しかった。12/3ソワレだったかな。ウキョウさまコールが成 功しないとどうなる、という問いに「ウキョウさまの歌声が小さく小さくなります」では逆に成功したら、という問いには「音楽が止まっても歌い続けます」と ファン心理のツボをつくお答え、GJgood
千秋楽にはいつもなら帽子ネタのアドリブの場面で「今までいろいろごめんね」と塩らしいウキョウさまに本気で戸惑ってたっけ(笑)でも許してもらえなかったけどcoldsweats01
お二人ともほんとにお世話になりました~!(ってなんであんたが)

日に日に長くなっていったとめさんマンゾーと最年少シノ英美ちゃんのカラミ、日替わりネタだった??すごいです。山田さんとデートネタは何回か聞いたよう な(笑)これも12/3だったかな。カテコのご指名がとめさんで、奥さまがいらしてるとかで、山田さんが「ぜんぶお芝居ですから」と弁解する場面も(爆)

お姉ちゃんより年上、19歳の双子ちゃん能瀬姉妹、コマチとオカラのダブルキャストってプログラムで見て知ってたけど、オカラちゃんをみつけられなくて、これも最 後に百姓踊りの輪の中に発見!初演のときは子役だったみたいですね。う~ん、確かに小柄なんだけど、やっぱりお子ちゃまの方がキクチヨ肩車するのに楽かもwink

お稽古直前に急きょ呼び出されたという久保田創さん、三人のサムライの一人で、「役代われ」っていう人ね。おっちゃま~!ってHGさんに抱きついてかわい かった(爆)初演にも出演されてたっけかな?女信長でも今回も千秋楽の口上役、お疲れ様でした~。(そのために呼ばれた?)

他のアンサンブルのみなさんもほんとにお疲れ様~。あ、そういえばゴロベエさんは1幕の最後で死んじゃうけど、実は2幕で白い服かぶって登場してたりしたみたいですね。見分けられなかったけど~。

ウキョウさまについてはもちろん別項で。

« 「SAMURAI 7」無事に千秋楽 | トップページ | メンバーズサイトの更新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/37996706

この記事へのトラックバック一覧です: お墓みっけ:

« 「SAMURAI 7」無事に千秋楽 | トップページ | メンバーズサイトの更新 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ