あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 大坪さんご出演のゴスペルイベント | トップページ | オーディオドラマ収録済み »

2010年12月25日 (土)

黄色いレンガの道の入り口で

ハメルンの笛吹き男についていけなかった足の悪い男の子みたいに佇んでいる。

Hakuju2010122401

■中川晃教コンサート2010 HAKUJU HALL
【会場】HAKUJU HALL(東京)
【出演】中川晃教(Vo) 大坪正(Pf)
【日時】2010年12月24日(金)19:00~

【セットリスト】
~ミュージカル「THE WIZ」より~
1. Overture *
2. The Feeling That We Have
3. Can I Go On?
4. He's The Wizard
5. Soon As I Get Home
6. You Can't Win
7. Ease On Down The Road
8. What Would I Do If I Could Feel?
9. Slide Some Oil To Me
10. Mean Ole Lion
11. Be A Lion
12. Emerald City Sequence  *
13. Don't Nobody Bring Me No Bad News
14. Is This What Feeling Gets?
15. A Brand New Day
16. Believe In Yourself
17. Home 
(* ピアノソロ)
【アンコール】
きよしこの夜~終らないクリスマス
(ピアノ&歌 by 中川晃教)

Hakuju2010122402

Hakuju2010122403

Hakuju2010122404

Hakuju2010122405

どんなステージになるのか、まったく予想できない中で現れたあっきーは、いつもに増しておもしろい衣装で、まず髪の毛はいくつかに分けた金髪の房を右から流してワイルドに留め(ライオンのたてがみのイメージ?)、黒いロングジャケの下に金色のジップアップ、袖の折り返しからも少しのぞかせて。これがまたパラシュート生地みたいで、サウナ状態?目が見えなくなるくらい汗かいてましたね(笑)その下から黒いシャツが少し見える変形デザイン。
そしてまた出ました!黒ラメの半ズボン!そこからのびた脚には、初め見たときには、え゛っ?網タイ??sweat02と思うような金か黄色に黒チェックという派手なレギンス。靴は黒い折り返しのあるショートブーツで、甲を三角に開いて、ちょっと魔法使いの靴みたい。
全体的には、カカシのイメージなのかな?でも髪はライオン風だし、ボディはブリキ男のようでもあり、最後のトークによると、男でも女でもない中性的なイメージを狙ったみたいです。

どの歌も、え?こんな歌あったっけ?と思うくらい、映画版で予習した歌とは印象が全然違ってました。DVD何回見てもEase on Down the RoadとHome以外は印象に残らなかったのに、あっきーが歌うとカカシもブリキ男もライオンも命を吹き込まれたように生き生きと立ち上がってくる。それはもうほんとうに魔法のようでした。

だけど同時にこれはまだ入り口だな。という感覚もあり。

終演後のロビーでもその後のあっきー友たちとの忘年会兼ねた打ち上げ?宴会でも、熱気と興奮の中で絶賛の声を聞きながら、なぜかわたしは、一人取り残されて人波に逆らって歩いてるみたいな気分だった。

心のどこかで完全手放しでは絶賛できないことに少し後ろめたさを感じながら帰る道、見上げた冴え冴えとした夜空にレモンのお月さまとオリオンがくっきり。

まだ。まだこれは始まりにすぎない。素晴らしい歌声だったけど、わたしは満足してないです。うまく言えないけど。

単にどんどん「贅沢」になってるだけかもしれないし。また後で何か書くかも。書けたら。

雑記その1:ロビー物販は、ライブCD(プラグレス)とライブDVD。赤坂BLITZのダンスフロアは直筆サイン入り。枚数限定?

雑記その2:お花はどなたかわからないけどWIZの世界にちなんだと思われる白いお花が飾られていました。(↑画像)やさしいお顔が隠れてしまっているけど、おそらくよい魔女グリンダと思われるフィギュア付き。去年のプラグレスコンサートでの月の雫のようなブーケも同じ方かな?あの日もレモン月夜だったんだ。

« 大坪さんご出演のゴスペルイベント | トップページ | オーディオドラマ収録済み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/38208696

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色いレンガの道の入り口で:

« 大坪さんご出演のゴスペルイベント | トップページ | オーディオドラマ収録済み »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ