あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「SAMURAI 7」いよいよ明日から | トップページ | 一夜明けて »

2010年11月20日 (土)

サムライたちの明日はどっちだ

Board00

青山劇場で開幕しました。「SAMURAI 7」
始まる前はいろいろと気をもんだりもしましたが、見てみたらおもしろかった!
まあ、半年分のアニメを2時間115分にまとめようって脚本、かなりはしょった印象は否めないし、いったい誰が主役なの?と思うところや、ちょっとその殺陣はずるいんでないかい??と思うところもあったけど、あまり深く考えなければ、全体的にテンポもよくあっきーの歌を含め、音楽の使い方や場面転換の演出も観客を飽きさせない工夫が感じられました。
後は決して単純ではない大掛かりな舞台装置や立ち回りでの事故などありませんように、どうか無事に千秋楽を迎えられますように。って、始まったばかりなのに、もう最後の心配(笑)

あっきーはウキョウという歪んだキャラを楽しそうに演じていました。そして問題の「UKYO」,
1幕で歌われたときは、思ったより短くてあまりインパクトもなく、っこれだけ~??って感じでしたが、2幕では力強いアレンジで同じ歌とは思えない迫力impactどうだ!これが中川晃教の歌声だ、と威張っちゃう。(←なんであんたが)

終演後のロビーでも「ウキョウの歌すごかった」って声が聞こえて、よっしゃ!rock

Board03

↑の画像、回りに誰もいなくなる瞬間を探すのに苦労しました(笑)
開演前も終演後も記念に?写メる若い女の子でいっぱい。さすが、このキャストですもんね。友だちから照明が当たって上方のあっきーが白く光っちゃって見えないと聞いてたんですが、今日は三つあるライトのうち真ん中が消灯してて、ちゃんと見えましたscissorsどなたか気付いてくださったのでしょうか。

ロビーには大量のお花。特に主演の三浦翔平くん宛てのがわんさかあってすごい。あっきーには、地球ゴージャスのお二人からと、吉村先生から。一応隅から隅までチェックしたけど、これだけだったと思う。↓でもりっぱなお花♪ありがとうございます~。

Flower01

Flower02

物販ではDVD予約の呼び込みに一番力入れてたかな(笑)真ん中のブースに長い行列。こっちもすごい人気。
右奥でプログラム(1500円)と生写真3枚組(500円)の販売。こちらも行列長かったけど、3人で順番に対応してたせいか、案外早くゲット。
地階ショップでは、アニメ関連のグッズ(画集、Tシャツ、ビーチサンダル、マフラー他)の販売。また奥のスペースで三浦翔平くんと中川晃教くんグッズの販売。あっきーのはライブDVD3枚とライブCD(プラグレスコンサート)でした。この舞台で初めてあっきーの歌声を聞いた方が興味を持ってくださって、たくさん売れますように。

あらためまして、舞台の方に話を戻すと、まず開演前のBGMが「荒野の七人」だったのに笑ったhappy01 言わずと知れた「七人の侍」のハリウッド版リメイク西部劇ですよ。ユル・ブリンナーやチャールズ・ブロンソン、懐かしいなぁ。あ、ごめん、話が脱線しそうsweat01

開演前5分のベルで若い役者さん(お名前聞きそびれました)がステージに現れ「観客参加」のご案内。こういうの本来なら「指導」されなくてもいいところで観客から拍手や歓声がわくべきなんでしょうが、こんな風に決まった掛け声とか指示される方が参加しやすいんでしょうかね。よくわからないけど。練習したのに1幕はちょっとうまくいかないところもあったけど、2幕はバッチリでしたsmile (でも一番盛り上がったのは2幕で客席後方からサムライさんたちが現れたときだったりしてcoldsweats01

これからご覧になる方はぜひ積極的に参加された方が楽しいと思いますよ~。

※前説の方は明石鉄平さんと教えていただきました。それに1幕ではヒョーゴの丸山さん、2幕ではさらにテッサイの藤榮さんがお手伝い。

上演時間は、休憩15分を含め約2時間半。2幕。カテコ3回でした。ちなみにわたしの今日の席は、2階最後列センター。全体が見えて大掛かりなセットを俯瞰できたのはよかったかな。回りはどうやらあっきーFCメンバーだったらしく、受けるポイントやオペラ構えるタイミングが同じ(爆)

実は原作の映画もアニメも見てないんですが、元々叩き上げのアニメファン(笑)こういうの嫌いじゃない。長いストーリーをはしょられてもSFっぽい設定が説明不足でもだいたいイメージはつかめる。けど、そうでない方にはちょっとわかりにくかったかもね。あの世界観や要塞空母「都」、肉体を失った前代天主、ウキョウのバックグラウンドなど。

加藤さんはさすがにカッコいいし、レイザーラモンいい役者だと新発見したし、主演の三浦くんはじめ若い役者さんたちもがんばってるし、演技がやや映像的というのは女信長のときと同じ印象だけど、テレビや映画になじんだ観客層にはむしろ自然?殺陣の合間にセリフをはさむのは岡村さん演出の特徴かな?

ウキョウのビジュアルはアニメに近いとあっきーもおわくりブログに書いてたし、特別展示でもアニメのキャラ設定のイメージだったのだけど、実際はプロモ映像とアニメとの中間くらいですかね。複雑な過去、出生の秘密(また!)、難しいキャラだと思うけど、エキセントリックになりすぎず、おさえた感じで軽やかに(見えるように)演じてましたね。歌の聞かせどころはもう一か所くらいあってもいいと思ったけどね。

個人的には、「女信長」や「X day」より好きです。こういう芝居。「女信長」は芝居としてどうとかいうよりは、フェミニストの友人たちが激怒しそうな脚本(原作がアレなんで)に対する違和感が最後まで消えなかったし、「X day」は、楽しいんだけど物語の一貫性とオムニバスが収束していくカタルシスを最後まで感じることができなかった。

それに比べるとサムライは、そういう引っかかりなく単純に楽しめたから。

って~、いまさら正直すぎ?(爆)punchimpact

どっちにしてもどれもあっきーが出てなければ積極的に見ようと思わなかった舞台だし~bleah(をい)

そして今回もあっきーの歌声には魂消た。←たまげるってこう書くのね。まさに魂奪われる。

もうそれだけで元は取った!happy02って気分になるから!

えーと初日的感想としてはこんなもんかな。

Program03

あっきーファン的には、プログラム!いい写真ありますよlovely heart01 heart04ちょっとぐっときちゃう(笑)Q&Aには思わず「長い!」と突っ込んでしまったけどcoldsweats01

P.S.
ん~、友だちに借りたアニメ版DVDを見始めたら止まらなくなってしまったsweat01

そうだ、劇場でもらったチラシ束の中に、ラヴレターズやマイケルトリビュートや「風を結んで」のチラシ入ってました。よかった、集める手間が省けて。新しいFC入会案内チラシもGJgood

« 「SAMURAI 7」いよいよ明日から | トップページ | 一夜明けて »

コメント

もう、ウキョウさまの歌声にメロメロですheart04
また聴きた~いsign01  もっと歌って~shine

>kuriさん
昨日はどうも~!happy01
さすが!って感じですよね~。
最後の方でもう一回歌いそうなタイミングがありましたよね。あ、ここでもう一曲、と思ったら肩透かしでした(笑)
ほんともっと歌ってほし~karaoke

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/37762880

この記事へのトラックバック一覧です: サムライたちの明日はどっちだ:

« 「SAMURAI 7」いよいよ明日から | トップページ | 一夜明けて »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ