あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« もうすぐ締め切りだから | トップページ | 歌のお兄さん、がんばって! »

2010年10月15日 (金)

椿の島の旅人は

あっきーの椿油取材番組、放送予定がVISIONにアップされました。

こんなステキなにっぽんが
http://www.nhk.or.jp/bs/nippon/
「椿の恵みによろこびあふれ ~東京都大島町~」
放送日:
11月9日(火)NHK/BS hi   21:30~21:55[初回]
11月11日(木)NHK/BS hi  12:00~12:25
11月12日(金)NHK/BS hi  9:00~9:25
11月14日(日)NHK/BS2   5:30~5:55
11月15日(月)NHK/BS2   9:30~9:55

※番組サイトによるともう一回再放送あるみたい。
BS2 毎週日曜 午後5:30~5:55
 11/21かな?判明したらまたお知らせします。

[番組サイトの解説より]
4回シリーズ・秋
夏をしのいだ喜び、実りへの感謝、冬に備える営み…。日本人の心にしみ入る様々な習わし、風物、光景が散りばめられている各地の「秋」の暮らしを見つめる。

鮮やかな大輪が咲き誇る椿の島、伊豆大島。多くの人々が島を訪れるのは椿咲く冬だが、島民にとって椿の一番大事な季節は実りの秋。春に実をつけ、秋に熟して大島に恵みをもたらすのだ。
 太古からヤブ椿が群生していた大島。人々は吹き付ける強い季節風から家や畑を守るため防風林として山の椿を里に植えた。その実を拾い、絞った椿油は、人々の食生活を支え、搾りかすまでも肥料として余すことなく利用する。本島から遠く離れた大島の暮らしは、限りある恵みを最大限に利用してきた島民のたくましさの歴史でもある。時代が変わり椿油が生活必需品でなくなった現在も、秋には椿が育んだ文化が人々をつなぐ。椿の実の収穫の季節、椿とともに生きる大島の暮らしを見つめる。

ドキュメンタリーの案内役だなんて、今回初めてじゃないかな。わたしの知る限り。
吉村先生のエジプト特番のときは、案内役というよりどっちかっていうとイメージキャラクターみたいな扱いだったし?いったい何着衣装持ってったんだ??っ ていうくらいお着替えしてましたね~(笑)お話は主に吉村先生がされてて、あっきーはただふむふむって聞いてるだけみたいなcoldsweats01

あれからもう4年。あっきーも成長したし。

もんちゃんじゃないけど、歌手でも俳優でもない、「旅人」中川晃教がどんなすてきなニッポンの風景を紹介してくれるか、楽しみに待ってます。

« もうすぐ締め切りだから | トップページ | 歌のお兄さん、がんばって! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/37253323

この記事へのトラックバック一覧です: 椿の島の旅人は:

« もうすぐ締め切りだから | トップページ | 歌のお兄さん、がんばって! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ