あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« H.I.S.でサムライチケット先行販売 | トップページ | 夏夢のあと »

2010年9月29日 (水)

夏を駆け抜けて

地球ゴージャス公演「X day」の最終公演地大阪での最後の舞台が幕を降ろしました。
キャストのみなさん、裏で支えてくれたスタッフのみなさん、お疲れ様でした!
7月16日に東京で開幕してから2か月半にわたる全国ツアー。
大楽は見届けられなかったけど、わたしも3会場9公演(笑)観させていただきました。あんなに熱い舞台を毎日毎日届けてくれて、ほんとうにありがとう!
暑い暑い夏を駆け抜けて、完走した今はもうすっかり(というかいきなり)秋の気配。
始まる前は長いと思ったけど、始まってみたらあっという間でしたね。

超猿以来、無事に幕が開き、無事に幕がおりる、それがどんなに大変なことか痛いくらい身にしみちゃってるので、とにかく無事に終わることができてほんとにうれしいしホッとした~happy01

Brava03

今日の大阪ちょっと雨模様だったみたいですが、↑これは先週の遠征時。

「X day」公演情報のウェブページ、サイドバーの「これからの出演」コーナーから「これまでの出演」コーナーに移動するの、なんだか寂しかったなweep

それと同時に特別展示していた地球ゴージャス公演「X day」広告ボードを探せ!のページも公演情報ページ内の参考ページとしてリンク移動しました。ご協力いただいたみなさん、あらためましてありがとうございました。公演だけでなく楽しい夏(実際は初夏のころ)の思い出できました。
ほんとはこれ、アルバムにして差し入れ、な~んていう秘かな目論みもあったんですが、間に合わなくて残念coldsweats01

ツアー中の仙台のお茶会も忘れられないイベントになりそうです。

なんか最後になっちゃったけど、あっきーお疲れ様!これまでにない「見たことのない」中川晃教を見せてくれてありがとう。楽しかったhappy02note
あっきー自身もこの舞台をものすごく楽しんだみたいね。お稽古中からリラックスしてお酒飲んだり(でも一人で鏡に向かって乾杯wineはちょっとsweat02)本番中も小旅行や各地のおいしいもの食べたり、これまでになくこの新しい体験を楽しんでるのがよくわかる。ここで得たものはきっとこれからの演技とか音楽に生かされて、また新たな中川晃教としてさらに「見たことない」姿を見せてくれるよね。今日はもう燃え尽きて真っ白になっちゃってるかもしれないけど(笑)その灰の中から火の鳥みたいに復活したら次のライブに向けて全力疾走runだ!(鬼?)

でも今夜はゆっくりおやすみなさいnight

confident

【追記】
いま見たらVISIONが更新されてて、最終公演開演前のあっきーに加えて、大楽終了後のあっきー、がアップされてました。もんちゃんも公演期間中ず~っと後方支援、お疲れ様でした!おかげであっきーもNANも身近に感じることができて楽しかったです。

あー、わたし気がついたらろくな観劇レポ書いてなかったsweat02
コネタの思い出し笑いシリーズも全然シリーズになってないし(笑)
ほんとは場面ごとに突っ込みたいポイントいっぱいあったんだけど。もういまさら賞味期限切れかな。仙台レポの続き、3連休の奈良旅日記とかもまとめておきたかったんだけど~。まあ、ぼちぼちでんな。←使い方まちごうとるって

【また追記】
Xday千秋楽関連のツイッターのつぶやきでちょっとうれしかったのが、最後の歌(涙のシャワー?)のあっきーソロのときだけ小さな拍手がわいたっていうの。ファンかもしれないけど、あの短い歌の聞かせどころだけでもちゃんと客席にあっきーの歌力が届いたんだな~って思ったら、なんだかちょっとジンとしちゃった。

河村さんコンサートのコメントにも書いたけど、あっきーいないのに雰囲気だけでも知りたいと足を運んだあっきーファン、意外と多かったらしくて、みんないかに中川晃教の歌声を求めているか、その悲痛な思いに触れたような気がして切ないです。

あっきー、お願いだから今度は東京以外のところでもマイクレス/アコースティックライブ開いて、「生の中川晃教」を届けてね。

来月のライブツアーでは、ちょっとそんな趣向もあったりするとうれしいんだけどな。

« H.I.S.でサムライチケット先行販売 | トップページ | 夏夢のあと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/36998232

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を駆け抜けて:

« H.I.S.でサムライチケット先行販売 | トップページ | 夏夢のあと »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ