あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« テレビ話のついでに | トップページ | お茶会@仙台議事録パート1 »

2010年8月29日 (日)

捲土重来?仙台で「X day」を観る

一週間もたって今ごろ?って感じですが。

Izumity03

Izumity04

Izumity12

イズミティ21入口とさとう宗幸さんからのお花↑

2010年8月22日(日)13時~、17時~
地球ゴージャス「X day」
イズミティ21大ホール(仙台)

それぞれ10列目サイド、11列目センターで観劇。

あっきーの出身地仙台での公演が決まったとき、まだ日程が発表になってなかったけど、これは行かなきゃ、と思った。古臭い言葉だけど故郷に錦を飾るっていうか、河北新報風に言うなら捲土重来?(笑)見届けなくちゃって。

もっともZepp仙台での「himself」(2004年)公演がそんなに言うほど惨敗だったのかって、わたしは知らないけど。興行的にあまり成功とは言えなかったということは聞いてますが。仙台公演皮切りだったから、いろんな意味でまだつかみ切れなかったのかな。

今回はそういう意味では自分のプロデュースでも主役でもないけれど、公演としては大成功だったんじゃないでしょうか。銀河劇場に比べて約2倍のキャパのある大劇場をいっぱいにしたんだから。ほんとに最後列までほぼ満席。

当日券にもたくさん並んでましたが、開演前に開場を待つ長い長い行列↓

Izumity02

Izumity05

Izumity09

客席でざっと見渡した感じ、森公美子さんの関係者の方も多かったみたいですが、あっきーの地元の同級生、親族率高し(笑)カテコでも「晃教く~ん」コール何度もかかってました。

Izumity17

あっきーもお世話になった方々や仙台で青春ともに過ごした同級生たちに見てもらえてうれしかったんじゃないかな。

終演後の満足げな人々の笑顔が印象的でした。

←終演後。違いわかるかな?

東京楽からちょっと間を置いて観たせいもあるかもしれないけど、舞台は涙も笑いも全体的にパワーアップした印象受けました。舞台も広そうで、どうやるかな?と見ていたら、セット自体はそんなに変わってなかった。札幌では逆に間口が狭くて収まりきらないセット(木村くんの古本屋とか)は省かれたみたいだけど、こちらはフル装備。

内容については、もう日にちがたって忘れた、というよりは、だいたい観てるときは、あ、ここをこうしたのか~とか、今日のアドリブ最高、とか、あ、こんなとこでかんじゃった、とか思ってるんだけど、観終わるとすぐに忘れちゃうcoldsweats01

だから細かいことご報告できないのでごめんなさい。

Sasakama

具体的なことで思い出せるのって、山根くんの髪の毛が自然に遊ばせるような感じになってて、不自然さが消えたことくらいかな。デップで調整したかな?(笑)

←あと、森クミさんがACT1の観覧席で食べてるのが笹かまでした(笑)たぶんこれじゃないかと思うんですが。大きな文字が見えたし、サイズが大きかったので。わたしもおみやげに買いました。

マチネは仙台在住のお友だちを誘って観ました。地球ゴージャスもあっきーもお初だったので、どんな感想かちょっと心配したんですが、思ったより楽しんでくれたみたいでよかったです。わたしが使ってたのでお気に召したらしく2ウェイバッグもお買い上げscissorsおみやげにお誕生日が近いこともあって「プラグレスコンサート」のCDをプレゼントしました。聞いてくれて気に入ってくれたらうれしいな。

ソワレ、最終公演はあっきーファン仲間と同じ並びでした。みんなで両手で「X」できて楽しかったです♪拍手や手拍子も東京前半に比べたらずっと多かったし、最後はほぼオールスタンディングでスタオベ!すごく盛り上がりました~!!heart01upupupよかったね、あっきー。

後は思いつくままに。

今気がついたんですが、上演予定時間は2時間ちょっきりになってたんですね。10分短縮。確かに飲み物当てのアドリブで、岸谷さんのバーテンダーのふりまねしてどんどんおじいちゃんになってくところ、だいぶ短めになってましたけど。東京の最後の方は、孫のお馬さんになったり、入学式に手つないで行ったり、誤嚥した子を逆さにふって吐き出させようとしたり、どんどん話がエスカレートしてどこいっちゃうんだろう状態でしたもんね。
でも札幌でもベビーカーが坂道走り出してどこかの紳士が走って止めるみたいなアドリブあったって聞いてます。またどっかの公演では新しいアドリブ見れるかもね。

マチネのACT2、まきのセリフ「双子は普通よう似とるから…」が「双子は似てないから」になっちゃったsweat01これは言い直しはしないでそのままお芝居進めたからちょっと苦しかったかな~。こういうときアドリブで切り抜けるか、何もしないかとっさに決めるの難しそう。と、後であっきーのお茶会でアドリブの話聞いて思いました。

カテコの客電flairつくのがエライ早かった。拍手が鳴りやまないから2回目出てきても特にご挨拶もなく丁寧にお辞儀しておわり。あっきー一人、袖口はけるときマイクオフで「仙台大好きだよ」(友だちは愛してるよって聞こえたらしいんだけど)「ありがとう仙台!」って叫んでた。

東京で3回目くらいに見たときかな。これってもしかしてずっとこんな感じ?っていうのは、毎回少しずつ変化はあるしアドリブもあるにはあるんだけど、観終わった印象とかテンションとか毎回驚くくらい同じだったから。岸谷さんも毎回変えてるとは言ってたけど、それはあくまで見やすく、わかりやすくするための工夫であって、舞台の完成度と安定感は毎回変わらないの。毎回毎回このテンション保つのって大変だと思うけど、逆に言えば今日はどんなかな?っていう緊張感と期待を持ってくと裏切られる。これは一回だけ見ればいい舞台だったかな?って思った。一回だけ見て思いきり笑って、ちょっぴり泣いて、ああおもしろかった。もう一回見たかったな、って思うくらいがちょうどよかったかなって。

でも結局仙台2公演含み8回も見て、後悔してるかといえばそれはないです。

ひとつはやっぱりあっきーが舞台で歌って踊って楽しそうに弾けてるのを見るのがうれしかったっていうのが大きかったのは事実。

もうひとつは初めて見たときから一番大きかった違和感がやっと(だいぶ)解消したこと。それぞれのキャラクターの持つ重いバックグラウンドの扱い方ね。ちょっとリアリティないというか、薄っぺらく感じたのと、流れを止めちゃうくらいのアドリブの入れ方がどうにも鬱陶しかったんだけどcoldsweats01 友だちの「観客に負担をかけない舞台だ」という言葉に目からウロコがボロボロ落ちました。

なるほど重い話を重く語るのは簡単だけど、重いものしょってても軽そうな顔して生きるのは案外大変。っていうのは実生活でも実感なくもない。あれで重い話だったら劇場出る時どよ~んと俯いて歩いてたかも。リアリティの方も何回か見るうちにこれはファンタジーだから、と思えるようになったし、うるさいアドリブ(ごめん笑)は流れがどうのじゃなくて、ここは単純に笑わせようとしてるんだから笑っちゃえと割り切れるようになった。岸谷さんの狙いもそこらへんにあったのかもしれない。

そういうわけで仙台公演は東京公演以上に「楽な」気持ちで見れたので、初めて(初めてか~)心から楽しかったと言えます。

大阪大楽あきらめて、仙台公演で最後と決めたんだけど、地方公演始まってから各地の舞台の様子を聞くたび、気持ちぞわぞわして落ち着かない気持ちになります。

こういうはまり方するとは思わなかったなぁ。う~んsweat02

ごめん、全然仙台レポじゃない。

« テレビ話のついでに | トップページ | お茶会@仙台議事録パート1 »

コメント

え!2時間になっていたのですか。
10分の短縮ですね。
それは・・・ビックリです(笑)
アドリブでのお二人のやりとりが良い塩梅になったという事。
シリアスな部分がより浮き出て良かったです。
岸谷さん、毎回 舞台を振り返りながら
ご自分の理想とする「Xday」を目指していらっしゃるのですね。

毎回同じペース、同じコンディションの舞台を見せる・・・という事は大切な事かなとも思います。
大千秋楽まであと一月
リピーターの為にも優しい部分を残してくださっているし
大阪公演を楽しみにしています。

>じゅんぺいさん
東京楽のとき、岸谷さん、毎回どこか変えてるとおっしゃってましたよね。
初めて見る方にもリピーターにも満足してもらえる舞台をめざしてるのでしょうね。毎回きわどいところでシリアスとお笑いのバランス取りながら工夫を重ねているような気がします。
大阪の観客の反応、わたしも見てみたいですhappy01もうあと1カ月で大楽ですね~。

こんにちは。
私も札幌レポがさっぱり書けてないんですが
最終日にベビーカーを助けるアドリブがあった記載をみて
懐かしくなってしまい書き込みです(^^)

週末は名古屋に遊びに行きますが暑いので看板探しは無理そうです(^^;)
名駅付近にあったらupしますね!

>さよさん
札幌レポ~。読みたい読みたいhappy01
名古屋も暑そうですねsweat02
暑さ対策しっかりと、無理なさらず…。
仙台では残念ながら地下鉄構内にも仙台駅にも広告見当たらなかったんですが、思いがけないところでポスターに遭遇!っていう話はまたのちほど~wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/36361619

この記事へのトラックバック一覧です: 捲土重来?仙台で「X day」を観る:

« テレビ話のついでに | トップページ | お茶会@仙台議事録パート1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ