あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« メシバナ。最終回 | トップページ | 消しゴムプログラム通販開始 »

2010年6月28日 (月)

きみとぼく、ぼくらの物語

映画音楽に乾杯!のあっきー、2曲ともよかったですね。最初あの衣装(袖のないタキシードみたいな)にちょっと引いたけどcoldsweats01、後で録画編集してリピート再生してるうちにだんだん良くなってきた(爆)元々生腕は大歓迎ですしlovely 髪の毛は巻き巻きしてた?!きれいな金髪縦ロール(笑)やっぱり姫だ(爆)

今回偶然かどうか、2曲とも「友情」をテーマにした映画と歌でしたね。「セイ・ユー・セイ・ミー」(男性デュオだったのはそういう意図?)の「ホワイトナイツ」はバレエダンサー、ミハイル・バリシニコフとタップダンサー、グレゴリー・ハインズが立場の違いを超えてお互いの芸術(ダンス)に対する尊敬と理解から友情を深めていくお話だし、「ベン」は病気の孤独な少年と、お尋ね者?のネズミの心の交流を描いた感動作でした。
どっちも大好きな映画、大好きな歌をあっきーが歌ってくれてうれしかったです。

「セイ・ユー・セイ・ミー」を一緒に歌ってくれた中鉢さんに圧倒されました。秋田出身ということで、同郷として誇りに思います。って、今回まで知らなかったですけどbleah すごく深くて力強いだけじゃなくて、「歌にドラマがある」。オペラ歌手なんだから当然といえば当然なんだけど、オペラのいい声の人って割と平板に聞こえる人も多いから。また機会があったら聞いてみたい歌声です。

こういう方の歌声を聞くと、あっきーの課題も見えてきちゃったりして。いやいや、比べてダメってことじゃなくて、もっとできるはず!もっと歌えるはず!負けないくらい!って闘志が湧いてくる感じ?わたしが闘志spa燃やしてどうするって話ですが(爆)

圧倒されると言えばこの映画の二人のダンサーのダンスバトルシーンは圧巻ですよ~。もしまだご覧になったことない方いらしたらぜひ見て!

そして「ベン」ですが、これはいつかあっきーがマイケル・ジャクソンの話をしてくれたときに、一番最初に買ったCDだと知ってから、ずっとあっきーに歌ってほしいと思ってました。
期待どおりの素晴らしい歌声でした。あえてオリジナルの14歳のマイケルと同じキーで歌っってくれたのもよかったconfident フルオーケストラをバックに歌える機会なんて、またそうないし。

そのマイケル14歳の歌声です。念のためリンクも。

もうひとつ。アカデミー賞ノミネートのパフォーマンスから。埋め込み不可なのでリンクだけ。ベンはベンでもベン・ハーのチャールトン・ヘストンがプレゼンターです。

いまあらためて聞いても本当に素晴らしい才能だったな~と思いますね、マイケルweep

あんなにヒットしたのに、この年(1972年)のオスカー取れてないんです。調べたら受賞したのは豪華客船shipの転覆事故を描いたパニックものの超大作「ポセイドン・アドベンチャー」の「モーニング・アフター」でした。こっちも大好きな映画だったから、残念だけどしかたないか。ちなみにポセイドンは作曲賞(ジョン・ウィリアムス)にもノミネートされてますが、こちらはチャプリンの「ライムライト」が取りました。この曲は番組中、千住明さんがピアノ演奏されてましたね。

パニックものといえば同じ頃に、超高層ビルbuildingの火災を描いた「タワリングインフェルノ」なんてのもあったな~。あの主題歌もけっこう好きだったけど。えーと、モーリン・マクガヴァンの。そうそう「We May Never Love Like This Again」(今は調べようと思えばすぐにネットで調べられるから便利~)こちらは1974年のオスカー獲得。

そのへんの派手な大作と比べるとやっぱり「ベン」は前作「ウィラード」も含め映画的には小品だったかな。っていうか、あの頃は、SFもファンタジーもミステリーもまとめてB級扱いで、子どもだまし的な評価しかしてもらえなかったから、一部のコアな映画ファン、SFファンしか注目してなかったような気がします。歌はヒットしたから知ってるけど映画は見たことない、という方も多いかも。

そんなB級SF映画を一気にメジャーに押し上げたのが1978年6月(ちょうど今ごろですね)日本公開の「スターウォーズ」です。今でも忘れられません。京橋にあった70mシネラマ映画館「テアトル東京」(この前消しゴム公演のあったルテアトル銀座はその跡地です)で特別先行上映。封切り日に友だちと並んで、当時は入れ替えなかったので3回見て(笑)大興奮で帰りはグッズのライトセーバー振り回しながら銀座を歩きました(爆)恥ずかしかったけど楽しかった~heart02B級映画、SF映画大好きだったわたしたちには、すでに米国での大ヒットのニュースを聞かされ続け待ちに待った上映(都合で後発の「未知との遭遇」が先に公開された)でしたし、ずっとまま子扱いで虐げられ続けてきた特撮映画の復権(じゃないか)が誇らしく、本当にうれしかったのですよ。どうだ?!見て驚け!って感じ(爆)こういうの本気でお金かけて作っちゃうアメリカ人は大好きheart04(アメリカっていう国は問題ありすぎですが)

この番組冒頭で、フルオーケストラで演奏されたスターウォーズのテーマを聞いて、あの半円形のスクリーンの前で目を輝かせていた昔を思い出しましたhappy01

ちなみにテアトル東京は、1981年に閉館してしまったのでわたしがこの劇場で見ることができたのはたったの3年間。「エイリアン」も「2001年宇宙の旅」もここで見ました。「メリー・ポピンズ」もリバイバル上映していました。シネコン全盛の今はもうあの大スクリーンは非効率なんだろうな~。でもあの70ミリという大迫力の映像が見られないこととても寂しく感じますweep

って、映画話が長いよって?(笑)だって好きなんだもん。ラサール石井さんと小堺さんみたいに止まらなくなっちゃうです。ごめんなさいbleah

まあ、そういう意味でもおいしい番組でした。ラサールさんのゴジラ話(これも特撮ものだし)も楽しかった~。

映画音楽だけにオケ演奏のみも多いのですが、ボーカル曲のリクエスト、また懲りずに送り続けます。またあっきーに歌ってほしいからね。洋画だけかと思ったらゴジラがいいんだったら邦画もいいのね。ラサールさんも言ってた「砂の器」エールチョコ(♪でっかいことはいいことだ)の山本直純さんの音楽聞いたら泣くよ~。ジブリ系の歌もOKかなwink

最後に1枚。4年前にロンドンで見たミュージカル「Mary Poppins」の劇場2階ロビーからの眺めです。ディズニー映画をベースにしたミュージカルで、歌は映画版とほぼ同じですが、生舞台ならではピーターパンもびっくりのフライングシーンをはじめ、あっと驚くような演出がてんこ盛り。今はブロードウェイで上演してるのかな?日本でも上演してほしい。

Marypoppins

島田歌穂さんのタペンスの歌聞いてたら、鳥おばさんのいるセントポール寺院はもちろん、ロンドンの町並みがものすご~く恋しくなっちゃったcrying

またいつか行けるといいな。

« メシバナ。最終回 | トップページ | 消しゴムプログラム通販開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/35580826

この記事へのトラックバック一覧です: きみとぼく、ぼくらの物語:

« メシバナ。最終回 | トップページ | 消しゴムプログラム通販開始 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ