あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« もひとつ忘れないうちに | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」京都へ »

2010年4月22日 (木)

冬のこどもたち

あっきーみたいに風邪の一歩手前で食い止められればよかったんですが、まだよくなりません~saddown

VISIONにアップされた画像と記事、コンサートに向けて音楽モードのあっきーの様子がちょっと微笑ましい。
こんなチェコ語のご本を読んでるの?読むっていうか、おひげがついたような文字とイラストながめてるだけで何かインスピレーションが浮かぶのかな?プラハの古本屋さんサイトでみつけました。これ。チェコの1年というシリーズで、春、夏、秋、冬と4冊あるみたい。画像は(Zima)の本ですね。内容はGoogle翻訳でチェックしたところ、童話、童謡、子どものリズム遊び、ゲーム、等々。ピエロみたいな案山子みたいなおもしろい装丁ですよね。編者の中にヴォルフって人がいる(笑)

あっきーの音楽の一番の魅力であり特徴的なところは、物語性だと思ってる。だから新曲でも旧譜でも、どんなこれまでにない物語の世界を見せてくれるかとても楽しみ。

この前新納さんのトーク&ライブに行ったお友だちから、渋谷AXコンサートのチラシを見せてもらいました。宇宙をイメージしたようなデザインの左肩にアバタなお月さま。ちょっとまた「瓦礫の中の月」fullmoonを思い出したりして。また歌ってくれないかな。もう一度聞きたいな。

ごほごほっdashもう寝ないとnight

【追記】
たぶんたいした深い意味なくたまたま手にした絵本が画像に入っただけと思いつつ、チェコアニメ好きだし、一時期海外の子どもの本に関わるお仕事もしていたこともあって、ちょっと気になるのでもう少し調べてみた。
日本の古本屋さんサイト、チェコの絵本
によると、この絵本の挿絵画家は、こんな方。
Karel Svolinsky(カレル・スヴォリンスキー)
カレル・スヴォリンスキー(1896年~1986年)はチェコを代表する国民芸術家。
オロモウツ近郊スヴァティー・コペチェクの出身で、プラハ美術工芸学校で学びました。
チェコの田舎や自然を愛し、豊かな民族芸術からインスピレーションを受けて独自の画風をつくりあげました。
チェコの詩人たちの挿絵本のほか、チェコの切手やポスターの図案を多数、手がけています。プラハで亡くなりましたが、作品は長く愛され続けてます。

この絵本シリーズ「チェコの四季」はカレル・スヴォリンスキーの代表作だそうで、
「秋」バージョンの中身はこんな感じ。→こちら
「春」→こちら
「冬」→こちら
歌については楽譜もあるんですね。何か参考に?

そして作者のKarel Plicka(カレル・プリツカ)は、チェコの写真家、映画作家だそうです。
ヴォルフさんだけ情報がみつからないsweat01 ショパンと同じお名前。

子どもの本や絵本の世界から、あっきーが何かを感じ取って、自分の音楽の中に消化吸収したら、やさしい物語が生まれそうですが。

« もひとつ忘れないうちに | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」京都へ »

コメント

いつも楽しく拝見してます。
「アッキーの歌には物語性が~」と言うくだり
うんうんとうなずいてしまいました。

私は彼の歌を聴くと、映像になります。

物語性があるからですよね。きっと。

不思議な方です。

突然のコメ失礼しました。

>もも1さん
こんにちは!いつもご訪問&コメントありがとうございますhappy01
あっきーの歌が映像になるってすてきですね。
あっきーの歌の物語性が聞き手の思い出や想像力を刺激するから?かもしれませんねheart01
あっきーの歌は物語bookそのものではないんですよね。何か強いイメージとかメッセージとか。それが物語の一部であるかのような、あるいはデジャブーのような目まいに似た印象を残すことがあります。
それはまともに歌詞と向き合っては気づけない、理解しにくいものなのですが。
あっきーの歌声だけが持つ不思議な力なんですよね…confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/34345500

この記事へのトラックバック一覧です: 冬のこどもたち:

« もひとつ忘れないうちに | トップページ | ゲキ×シネ「SHIROH」京都へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ