あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 緑なす春の日のそよ風が | トップページ | 公式サイトの更新 »

2010年3月24日 (水)

でもさー

↓にかっこいいことばっかり書いておいて何ですが、ちょっと愚痴。

発表されたキャスト見ると、メインはあっきー以外変わらずで、なんだか仲間はずれにされたみたいな感じで寂しい。
当然ながら解説にもどこにも中川晃教の名前はない。
そりゃ育三郎くんは、ずっと前から公式サイトでも「将来やってみたい役はM!のヴォルフ」って宣言してたくらいだから、夢を叶えてほんとうによかったね、おめでとう!って思うけど。
せめて新人紹介するのに初演から再々演まで主演を務めた○○に代わり、みたいな文言があってもいいんじゃないのかなって思うけど。そういうの常識的にいってありえないのか。

次回出られないことはあきらめるにしても、これまでこの舞台の魅力の大きな一部を担ってきた人に対するリスペクトみたいなものがまったく感じられないことを寂しいというより、少し理不尽な思いがするのはファンの身勝手でしょうか。

ああ、やっぱり寂しいよ~weep

あなたはどう思いますか?モーツァルトさん。

Card1

Card2

↑兵芸の音楽ショップでみつけたモーツァルトの絵葉書。光の角度によって、大人と子どもの絵が変わる。

« 緑なす春の日のそよ風が | トップページ | 公式サイトの更新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/33911548

この記事へのトラックバック一覧です: でもさー:

« 緑なす春の日のそよ風が | トップページ | 公式サイトの更新 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ