あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« さあ | トップページ | 奇跡なんかじゃない、でもやっぱり奇跡 »

2010年3月28日 (日)

いつまでもぐだぐだと

申し訳ない。

案外平気と言いつつ、自分で思った以上に傷ついてるらしいsweat02
これは自分の気持ちの整理用。独り言です。何の根拠もない。

連休明けにM!キャスト発表があったときに、複数のあっきーブログ友のところで、もう二度とあっきーヴォルフには会えない、みたいなことが書いてあったので、何もそこまで思い詰めなくても、と思ったんですが、東宝って一度役を離れたキャストが復活したこと一度もないんだって?(って、よそのブログで読んだ)

そうなんですか??

知らなかった。
今も昔もミュージカル(特に和製)というものにほとんど興味なかったから、そんな事情も慣例も。
これまでもあっきー以外のミュージカルはほとんど見てないし、これからも見ないと思う。
正直言わせてもらえば、ミュージカルなんて大嫌い(爆)
わたしのダメージがいくらか軽くて済んでるのはそのおかげかも。

でもそっかー。
そうなんだ。
だから長年務めた役を次回はもう出ないっていうときに「卒業」っていうんだ。
(でも今回はその予告もなし)

ではそれも含めて納得した上での「僕こそ音楽」(HOUSE!)であり「影を逃れて」(花月)だったのだ。

だったらなおさら、いいよもう。

っていうか、彼が東宝ミュージカルの舞台を失ったんじゃない。
東宝ミュージカルが中川晃教を失ったんだ、と思う。

どっちの損失が大きいか、時間が証明するでしょう。

今だから告白すると、「HOUSE!」のときチラッと思ったんだよね。
あっきーもしかしたら、これをひとつの区切りとして出演したミュージカルと決別したいんじゃないかって。
そう言葉にしてしまうとなんだか不吉な気がして言えなかったけど。

そう考えるとと、ここ最近の歌声の安定感や好調さは、過去からの重い頸木から解き放たれたから?まさに影を逃れて

ただ、なんだかんだ言ってM!での評価が歌手活動する上での助けになってきたことは否定できないし、その大きな後ろ盾を失くすということは…。(過去の実績が消えるわけではないとはいえ)

今度こそ彼は本気だ。と思う。

自分自身の音楽の力、歌声の力だけで進んでいく気だ。

その途上に舞台「も」あるかもしれないけれど、やはり基本はミュージシャン。
何かのインタビューでも言ってたように「舞台をやってわかったことは自分は何よりもまずシンガーである」ということ。
ミュージカルとの出会いは彼にとって本当に大きなものだったし運命的と言ってもいいくらい大切なものではあったと思うけれど、すべてではなかった。

ミュージカルという箱に入れるとわかりやすかったんだと思う。
そのシンガーとしての力量が。
カバー曲歌うとその歌声がさらに引き立つのと同じ。
枠組みがあると人は安心するから。

でもたぶん彼の才能はその枠組みには収まらないのだ。
もっと大きな、もっと自由な、もっと、、、彼らしい場所がどこかにきっとあるに違いない。

いまだ形もなくその中に秘めたパワーはもしかしたら本人も気づいていないかもしれない。
いつかその力が解放され、誰にも似ていない、誰も知らなかった新しい姿を現す日を楽しみに待ちたい。

それでもやっぱり。
ミュージカルという容れ物は彼の歌声を一番輝かせると思うから、過去の作品はともかく、良い作品にまた出会えるといいなとは思う。と、往生際悪く悪あがき してみる(笑)

ああ、しかし、こうとわかっててなんで今この時期あっきーゲストだったの?塩田さん。じゃなくて東京會舘さんか。(本人もいぶかしげだったもんなぁ)

M!と同じ時期に何かあるとか?

なんだよ、あたし、全然あきらめきれてないじゃんね。アホやねん。
全然整理にもなってないし。

気分を変えて次のネタ、次のネタ。

« さあ | トップページ | 奇跡なんかじゃない、でもやっぱり奇跡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/33967565

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでもぐだぐだと:

« さあ | トップページ | 奇跡なんかじゃない、でもやっぱり奇跡 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ