あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« どこに連れてってくれるのかな? | トップページ | たまにはツッコミ »

2010年1月10日 (日)

これも今は笑い話に

Nenga02_3

年賀状って、最近は年末に用意できなくて、年明けてから準備始めるのが恒例になりつつあります。それも今年はついにあきらめ。1枚も書いていませんcoldsweats01
元々、ネット上でのおつきあいのある方には基本、年賀状お送りしません。あっきー友はたいていメールmailtoのやりとりがあり、このブログがあり、もうひとつの別のネット上のお部屋があり、ということで、ほとんど年賀状書くことはないのですが。去年は、たった1枚だけ、あっきーファンの知り合いに年賀状出しました。その方は今どき珍しくPCもケータイもなくて、FCでも数少ないレター会員さんなのですよ。
その1枚をね、ほかのあっきー友さんに見せたら(出す前に画像取っておいた)、案外好評で、ほしいって方が何人かいらしたので、増し刷りして、ちょっと遅いけど2月になったら劇場で配ろうと思ってました。それがこれ↑(え?思いっきり著作権違反だろうってsweat02まあ大目に<誰に言う)

こんなにたくさん用意してたのに…。

Nenga01

1年前の今日、あんなことになっちゃって…weep どうしようこれ?coldsweats02sweat02

結局2月に別のところで会ったあっきー友たちに「記念だから」って無理矢理押しつけて(笑)

あの節はみなさん、ごめんなさい。

胸の痛みを誰かと共有したかったんだよね。そして笑い飛ばしたかった。だって泣くのは嫌だったから。

そしていま、こんなことも笑ってここに書ける。よかった。

年賀状の残りは初詣のときお焚き上げの炎で燃やしましたspa さよなら、「SUPER MONKEY 2009」paper

植本潤さんが阿部力さんの舞台「キャバレー」に寄せたブログ記事の中でまた『SUPER MONKEY』と書いてくださってます。(→ここ)
繰り返し繰り返し、言葉に出すことで、あのことを忘れまいとしているような気がします。
この1年、言葉にはしなくともキャストスタッフ含め関係者のみなさん、舞台キャンセルという出来事の衝撃から立ち直ろうとがんばってこられたことと思います。それぞれのお仕事に全力投球しながら。それは忘れるとか、なかったことにするってことじゃなくて、また新たな旅立ちに向けてのチャンスを片目で周到に狙いつつ力を蓄える時間。と思いたいです。

わたしも忘れません。わたしたちの石猿が復活する日まで。
ジュディさんのメッセージを何度も読み返しながら。

そう思ってわたしもこの1年の間に何度か超猿のことを話題にしてきたわけですが。


ごめんなさい、ここに長々と書きかけた話はどうもうまく終らせられなかったので、あっさり削除coldsweats01

話飛びます。

去年ずっと独走続けてきたアクセスランキングのトップから超猿がランクダウンしちゃいました。代わりに今年になってから書いた樋口一葉エッセイの記事がたった1日で1か月分のアクセスランキングトップに躍り出ました。これまで公演期間中に一時的に公演情報にアクセスが集中するとかいうことはありましたが、こんなこと初めてです。上位に入ってきたのは他に暮のコンサート関連。東京タワーライブとかプラグレスとか。(中身ないのに申し訳ないsweat01)
超猿のことはもちろん忘れないし、復活を強く願うけれど、「いま」あっきーががんばってることにみなさんが興味を示してくださって支持してくださるのは、自然なことだしあっきーにとってもうれしいことに違いありません。
中でも純粋(PURE)と無垢(INNOCENT)という、あっきーの歌の重要な要素である(とわたしが思う)二つのキーワードを持つ記事は、雑然とした中身にも関わらずたくさんの方に読んでいただけたみたいで、うれしいやら恥ずかしいやらcoldsweats02 あ、でも主体はわたしが書いたものじゃありませんが(笑)

いまあらためていろんなことを考え合わせると。今だから言えますが、超猿、ちょっとまだ早すぎたかな、と。まだ完全に機が熟してなかったのに少しばかり気が急いて、急ぎ足で進もうとしたから躓いたような気がします。
もしもこの舞台が、真に舞台に上げる価値があるものならば、そしてわたしはそう信じていますが、本当のタイミングはこれからいつか必ずやってくる。そう思います。

それまで「いま」の中川晃教の様々な挑戦を見守りつつ、他のスタッフやキャストのみなさん、それぞれが「ある一点」目指して集結してくれるのを待つことにしましょう。

それこそがほんとの「★SUPER MONKEY MAGIC★」ですよねwink

« どこに連れてってくれるのかな? | トップページ | たまにはツッコミ »

コメント

ほんとうにそうですね。
去年のことは、演劇の神様のご配慮なのかも知れない。
試練を乗り越え、強い意志を持ち続けた者だけが、力を蓄え、技を磨いて、再挑戦するために。
よい舞台は、観るべき時に必ず姿を現すものなのでしょう。
その日を待ちたいと思います。

hildaさんの文章を噛みしめて読ませていただきました。
「SUPER MONKEY 」を観たい という気持ちは持ち続けたいと思います。
私に出来る事ってこれくらいしかないsweat02

>ミミさん
神様は乗り越えられない試練は与えない。ですよねwink

>JTさん
十分に強く願えば叶う。って誰が言ったんだっけかな?願っても叶わないことは多いけど、願いがなければ叶いませんから。気持ち、持ち続けることが大切だとわたしも思いますheart01
一緒に待ちましょう、その日を。clover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/32939823

この記事へのトラックバック一覧です: これも今は笑い話に:

« どこに連れてってくれるのかな? | トップページ | たまにはツッコミ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ