あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「GO!GO!ランチBOX」最終回 | トップページ | 光のページェント2009 »

2009年12月27日 (日)

「死神の精度」をテレビで見る

あの夏の日から約4カ月。待ちわびた阿久津との再会でした。金曜日のBS2、深夜の劇場中継。翌日プラグレスコンサートだから寝ないとと思いつつ目が離せず最後まで見てしまいました。

思ったよりアップが多かったですね。でもそれ以上に新鮮だったのは、客席からは見えない角度からの映像があったこと。舞台袖とかにもカメラあったのかな。

生じゃないから視点が固定されてしまうのは仕方ないとして、惜しむらくは、セリフ以外の音があんまりきれいに拾われてないこと。藤木一恵の歌も含め。たぶん現場の音を普通に録るとこうなるのね。そう思うと、ゲキ×シネはやっぱりすごいんだな。

まあ、あとはやっぱり死神(香川さん)中心のカメラワークになってるとことか。実際に見てたときにはチェックしてなかった細かい表情が見えて、こんな芝居してたのか、っていう発見はあるけれど。ラストシーンはやっぱり藤田と阿久津目線でお願いしたかったな~。

だけど、あの日あのとき舞台の上で確かに息づいていた、暗い目の奥に深い悲しみをたたえた阿久津という少年(青年ではなく)にまた会えてうれしかった。少し頭は悪いかもしれないけれど、純粋で、いつも切羽詰まってて(やばくて?)、弱いくせに、いや弱いからこそ強がりで、寂しがりやで。そして可愛い(爆)

この役はあっきーにとって、初めての本格ストプレ、小劇場体験という以上に、自分とは一切共通点のない、共感できない人物像を0から作り上げるという苦しい作業を経験したことで、役者として大きなものを得たんじゃないかと思う。

これまでの舞台では、どこか自分につながるもの、共有できるものを糸口として役(たぶんヴォルフとかシローとかウリセスとか)に入っていけたんだって。でも「女信長」の光秀や死神の阿久津は違ってた。

って、これも名古屋お茶会のとき言ってたんだけど、それでも光秀には歌があったからね。阿久津はその最大の武器も奪われ、翼どころか手足をもがれたような気分で毎日和田憲明さんに鬼のようにしごかれてたのか?久しぶりのギリギリとかキワキワとか言ってましたね。

これは女信長の話だったかもしれないけど、不安でも結果がどうなっても、とにかく死に物狂いでやってみるしかない、と思ってやった、すべて何でもやってみる、やれることはやってみる、やれないことはない!っていう気持ちの変化、自信というのかな、ついたみたい。これがまた次のお仕事につながるといいのだけど。

なんだか昔の堺正章さんの番組で毎回冒頭で「やってできないことはない、やらずにできるわけがない!」って言ってたのを思い出しました。「ハッチャキ!!マチャアキ」って憶えてます?

でもあの舞台の裏側で、どんなつらいこと、大変なことがあったにせよ、わたしたちに見えるのは舞台の上で起こることだけ。

初日にはまだそんな重い過去を背負った人に見えなかったあっきーが、みるみるうちに「阿久津」になっていく、その変化や成長が見られたこと、あっきーが期待されたお仕事をみごとにやりとげたことを心からうれしく思います。またその舞台を映像化してくれてほんとうにありがとう、NHKさん。受信料ちゃんと払ってるからね(笑)

« 「GO!GO!ランチBOX」最終回 | トップページ | 光のページェント2009 »

コメント

うちは、BSないので、友達の(それも、親戚に頼んであるとか)それを待ってますbearingそうかあ、だよね。主役はあくまで、死に神さんだものね(漠)
映画版も面白かったけど、この舞台では、
もっと何かを考えさせられる、舞台ではの、
阿久津もそうだし、それぞれの感情が
見れるのが、良かったような気がする!
早く見たいです!

>テイアさん
まだご覧になってないんですね。どうぞお楽しみに!happy01
わたしは映画を見てないんですよ。
舞台はやっぱり生だし、男4人だけだし、原作にはない、他のシリーズ短編からうまく設定やセリフをひっぱってきて独自の世界を作り出していましたね。
歌わなくてもこんなに満足できるんだったら、あっきーのストプレ舞台、また見てみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/32764039

この記事へのトラックバック一覧です: 「死神の精度」をテレビで見る:

« 「GO!GO!ランチBOX」最終回 | トップページ | 光のページェント2009 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ