あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« プラグレスのチケットが届いて | トップページ | 中川和泉ライブ情報 »

2009年12月 4日 (金)

藤田の刺青

すみません、だいぶ前に情報いただいて準備してたのにアップが遅くなりました。(mさん、ありがとう;ごめんなさい)

小学館発行
季刊「せりふの時代」11月号

この雑誌にわかぎゑふさんのエッセイがあり、「7Days Judgement死神の精度」について書かれています。内容は、

・花組四獣(植本さんたち)の記念公演「ワンダーガーデン」の作・演出で東京にいたら、ラサールさんから電話。「東京に居るねんやったら、僕に刺青描いてくれへん」「描きにきてくれたら嬉しいねんけどなあ」
・「ええけど」と行って、1時間ほど描いた。
・あとで公演を見に行ったら、スタッフさんから、ほかの役者さんから、演出の和田さんまで出てきて「ありがとうございました」の嵐で、お礼までもらった。
・「え、あの……なんで?」とあたふたした。東京ではこういうことも仕事として捉えられるのだと実感。
・東京はやっぱりすごい。芝居で食える人がいっぱいですごい。

といった感じで、劇評はありませんでした(爆)

なんと、藤田の背中のあのみごとな刺青は、わかぎゑふさんが描かれたんですね。絵が描けるといっても刺青は特別なので、わかぎさんにそういう特技?があるってこと演劇業界では有名なんでしょうか??わかぎゑふさん公式ブログにも画像がありました。→ちなみにこちら

で、これまた教えていただいたんですが、公演当時の斉藤レイさんのブログにも刺青写真が公開されてたんですね~。→こちら

そういえばこれはわたし見たような気がするsweat01 でもそのときはあまり気に留めなかったような。

それにしてもどうしても謎なのは、一回描いた刺青って公演期間中もつもんなんだろうか??でももったんですよね。そういうペインティング用の顔料があるんですね。う~む、いろんな意味ですごい。

今月のテレビ放送で、刺青また見られますねbleah

« プラグレスのチケットが届いて | トップページ | 中川和泉ライブ情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/32422904

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田の刺青:

« プラグレスのチケットが届いて | トップページ | 中川和泉ライブ情報 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ