あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« エンジェルみっけ | トップページ | 和泉ちゃんとカウントダウン »

2009年12月21日 (月)

Dreaming of His Voice

演出家、石丸さち子さんのブログMONOPHONIC(タイトルはPOLYPHONICになってますが)をいつも楽しみにチェックさせていただいています。(←サイドバーからもリンクしてます)

今朝の更新に気づかずお友だちに教えてもらいました。あっきーの歌声について書かれています。こちら

現場で生の歌声を聞き続けてきた人だけが知ることのできる奇跡の瞬間。

仕事中にもかかわらず、一読して号泣してしまいました。

あっきーの歌声の本質をこんなにも的確に、こんなにもきっぱりと、しかも美しく表現してくださった方をわたしは他に知りません。石丸さん、ありがとうございます。

そしてこんな風に彼の特別な才能を真に理解してくださる方がそばにいて、あっきーは幸せだなと思います。どうかその力とつながりを大切に。いつかきっと訪れる「栄光の瞬間」の目撃者にわたしたちがなる日まで。

「栄光の瞬間」って、あっきーが言ったんです。
昨日の「お茶会」で。

ある方(音楽業界の人)があっきーにカバー曲を出すように勧めてくれたんだそうです。いいお話ですよね。わたしもそうしたらいいと思っていました。でもね、そのあとであっきーのオリジナルCDを聞いて前言撤回。やっぱり自分の歌を作りましょう。だってこんなにいい歌ができるんだから。もっと多くの人に知ってもらいたい。知ってもらいましょう!と力強く言ってくれたこと、話してくれました。

そんな風にあっきーの音楽的な才能を特別なものと認め信じてくださる方が、ひとり、またひとり増えてきている。そのつながりを大切にしていけばチャンスは必ずある。そのチャンスをつかみたい。つかんだとき、その「栄光の瞬間」を(ここにいる)みなさんは見てくださる方だと思っている、と。

それはどんな栄光なのか、歌なのか舞台なのか、それとももっと別の何かなのか。

わたしはずっと、あっきーの音楽的才能って「歌うこと」がほとんどすべてで、ほかのこと(音楽を作ったりプロデュースする能力)をはるかに凌駕してると思ってきました。ぶっちゃけシンガーとしての才能に比べてソングライターとしての才能は凡庸だとさえ思ってました。

でもここ最近、東京タワーとオルガン広場での歌や演奏を聞いて、少し考えが変わってきました。もしかしたらわたしはこの人の音楽的な力をみくびってきたかな?って。

「女信長」~「7 Days」で思いがけない?演技的成長というか底力を見せたあっきー。それと同じように音楽についてもわたしがちゃんと聞く耳をもっていなかった部分で大きな才能が元々あったのか、成長して得たのか、とにかく今のあっきーは去年までのあっきーとは違うという気がしています。

いまは何よりアルバムを作りたい、というあっきー。

去年から製作を始めたライブCDは、一般に届くものではありません。そうではなく一般の流通ルートに乗るような製品化。それにはいわゆる店頭にならぶCDにこだわらないような示唆もありました。どんな形でも多くの人にあっきーの歌を届けたい。その気持ちが一番強いのは誰よりもあっきー自身だってこと。よくわかりました。

課題はある。それはHAKUJUホールという会場で歌声がむきだしの丸裸にされるような体験を通しても見えてきました。(わたしにだけど)

でも神様は乗り越えられない試練は与えない。それ基本だから(笑)

来年のこと、何も言わなかったけど、もう公式に発表になっている音楽ライブも含め新しい経験や出会いから刺激を受けてまた次のステージへ進めるといいね。その奇跡の歌声さえあれば、それを信じ支えてくれるファンの思いさえきっと力に変えていけるから。がんばろうね。…ってなんかエラそう?coldsweats01

そして石丸さん、超猿をぜひまたよろしくお願いします。ACCIDENTSで帰り際お見送りしてくれた石丸さんに「スーパーモンキーきっと見られますよね?」と尋ねたら「はい、もちろん」と力強く答えてくださったのを忘れません。

« エンジェルみっけ | トップページ | 和泉ちゃんとカウントダウン »

コメント

記事のご紹介ありがとうございます。
読んでいて胸が熱くなりました。
石丸さんが書いていらっしゃるような、機械を通さないアッキーの歌声を生かした空間で彼の歌声に浸れたらどんなに幸せだろうと、想像するだけでも気持ちが満たされました。
石丸さんの演出するスーパーモンキー、
絶対に観たいですよね!

石丸さんの記事をよませていたたきました。
感激しています。
ヒルダさんが紹介してくださらなかったら、
読まずじまいだったろうと思います。
いつも、こちらブログにお邪魔して、情報や的確な記事に感動しております。
毎回、ありがとうございます。とコメントしたいぐらいですのに、まだこれで二回目ですみません。
f^_^;

記事本体の中に一度書きましたが、あらためまして。
遅くなってすみません。

>かずぽんさん
ほんとうにconfident
石丸さんみたいに現場にいられる幸運には恵まれなくとも、できるだけ生の歌を最高の環境で聞きたい。
聞かせたいですね、もっとたくさんの人に。
超猿に限らず石丸さんの舞台で使っていただけたらうれしいですよね。妄想だけでなく(笑)

>カゼツンさん
今回はほんとうにすてきな文章でした。一刻も早く読んでほしいと教えてくれた友にも感謝です。石丸さんには勝手にご紹介してしまって申し訳なかったけどcoldsweats01
こんなにも熱い思いであっきーをみつめてらっしゃる方が業界にいらっしゃると知ることができてわたしも本当に心強いです。
コメントはどうぞお気軽に書き込んでくださいね。これからもよろしくお願いしますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/32693258

この記事へのトラックバック一覧です: Dreaming of His Voice:

« エンジェルみっけ | トップページ | 和泉ちゃんとカウントダウン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ