あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ランドマークタワーのクリスマス | トップページ | 中川先生ずるい! »

2009年11月20日 (金)

青い花の名前は

忘れな草を見たことない人へ。

Forgetmenot3

ピンクのがあるかどうかは知りません(笑)
MISSING BOYsのこと書いた記事でも使った画像だけど、仙台のお友だちのお庭です。

ムラサキツユクサはこっち。またいつもの素材と写真サイトfuulさんとこからお借りしました。

Tuyukusaw1_500a

いきなり何?って、お誕生日コンサートの続きなんですけど。プラグレスの前にある程度片づけておかなきゃって。いまさらですがsweat02

レポ前編はこちら。
*”誕生”という名のエアラインで行く心の旅、行く先は知らない
*愛の架け箸

あっきーがファンクラブのメンバーだけだからってことで話してくれたこと、見せてくれた人間的側面について、どこらへんまで書いていいか少しこころもとないのですが、差し支えなさそうなところで。

「Forget-me-not」を歌ってくれたときに尾崎豊への思いをかなり熱く語っててちょっとびっくりした。そんなに好きだったなんて。しかもTEENS' MUSIC FESTIVAL(アーカイブサイト)の東北大会で最年少(16歳)入賞果たしたものの楽曲がカバーだったために全国大会進めなかった。っていうのをどこかで読んでて、そのカバー曲が尾崎豊の歌だったとは!(翌年、1998年の全国大会では、和泉ちゃんとのデュオでスカッとサウンド賞を受賞)←どうでもいいけど、このときの大賞が暮部拓哉さんなんですね。みんなのうた「HANA」のCD持ってます。ライブにも行きました。きれいな泣ける歌で、あっきーもこういうの歌ったらアピールするのにな~と思ったこと思い出しました。

この歌(「Forget-me-not」)は、この日のコンサート中わたしが唯一泣けた歌でした。鳥肌立った。尾崎豊をリアルタイムで知らなくて、こんな繊細で優しく痛々しくさえある歌を知らなかったことが残念。後であっきーが歌ったという「ふたつの心」も聞いてみました。16歳で歌うには少し大人っぽいかな(笑)MISSING BOYsでわたしが感じたリスペクトは気のせいじゃなかったのね。

カバー曲3曲のうち、「悲しい酒」は、やはり美空ひばりは偉大だった、って思った(ごめんsweat02)のと、あっきーの歌の洋楽なのにどこか演歌っぽいコブシの原点はここか、と再認識。誰ピカで氷川きよしくんの「箱根八里の半次郎」もりっぱに歌えてたもんね。

3曲目、玉置浩二さんの「メロディー」。この歌は聞き覚えがあったけど、挿入歌に使われてたという1997年のTBSドラマ「メロディー」は見てません。後でニュース23のエンディングだったと知り納得。
この歌歌ってるときに、わたしの席からは横顔だったんだけど、鼻の頭がパッと赤くなったのが見えて、あっ、泣いちゃうって思った。やばい、やばい、パパっと3年前のフラッシュバック。かすかに苦い思い出。また始まったのか?と思った次の瞬間、いやいや、それはないって。あれから彼も変わったし成長したし、わたしももう揺らぐことはない。とか言いつつ、あっきーの涙に一瞬でも不安を感じたことに恥じ入る。

ダメなんですよ。泣かれたり崩れられたり「素」のあっきーに触れたと思った瞬間どうしていいかわからなくなる。オロオロというかドギマギというかやめてというか。

中川晃教にはあくまで「夢を売る商売人」であってほしいのですよ。そういう距離感をなくしたくない。お互いのために。ただ実際のあっきーはもちろん生身の人間で、そこらへんでややこしくなる。

生身のあっきーに触れたくなければ、FCイベントなんか行かなければいいんだよね~。歌だけ歌ってくれればいいと思う一方で、結局は心のどこかで人間性も求めてる。矛盾だ。素直じゃないともいう。

それはそうと、この「メロディー」という歌は本当にいいですね。あっきーも思わず泣いちゃうくらい、誰の心にもある「あのころ」や「あのうた」を思い起こさせる、そのイメージ喚起力たるや、すさまじい歌力です。こういうカバー曲を歌うたびに、自分の歌にはそういう力があるのかどうか、試されてる気がするって言ってました。そう、そこが課題だと気づいてるのならよろしい。って、なんかエラそう?(笑) 実はその後玉置さんのCDとDVDを3枚も買っちゃいました(爆)

わたしはもちろんあっきーの歌は大好きだけど、それはたぶんもうすでにあっきーが好きだから。そうじゃない世の中の多くの人にとっては、あっきーの歌声って、カバー曲の方がうまさや表現力が引き立つし誰にもわかりやすいと思うんだよね~。だから自分の楽曲にこだわらずいい歌や好きな歌、たくさん歌ってみたらいいと思う。わたしも聞きたい。

今思うと、カバー曲わたしがリクエストした歌はなかったけど、変なアレンジとか付けないで、あっきー流に崩したりもしないで、どの歌も原曲を大切に丁寧に素直に歌ってくれたなって思います。それもわたしが願ってたことでした。そのままそのまま。いい歌はそのままでいい歌なんだから。

ん~んと、気がついたらまたけっこうひどいこと書いてる気がしてきたcoldsweats01

ごめん、正直なんで(爆)

最後に衣装メモ。

昼公演では、金髪プリン頭(笑)を右半分編み込みにして、黒の上下。ジャケットはダブルで、ジョッキーパンツ風のパンツのサイドにはジッパー。靴下白くて靴は黒のエナメルかな。全体的に細身のシルエット。インナーはストライブの立ち襟シャツ、きらきらラメ?の柔らかい素材のタイ。

夜公演では、髪はおろして、衣装はたっぷりしたデザインのグレーのロングジャケット(ストライプなんだけど説明が難しいcoldsweats01)、パンツはアーガイル模様で柔らかい生地のニッカーボッカー。ベージュのブーツ。ちょっと変わってるのが首輪みたいなタイ?どう見ても皮ベルトみたいなんだけど(笑)

一緒に泣いたり笑ったり、結局は楽しかったと言えるイベントでした。(最後はそれか)

メモはレポート用紙10枚分あるけど(笑)、そのうち何かのきっかけで思い出したら話題にするかも。夜公演の締めの言葉は前に書いたから、ここには昼公演の言葉を。似てるんだけどね。

どんなことがあっても絶対にあきらめるな

自分に言うようにみんなに言うように。 うん、あきらめないよ。

091105_tree

091105_art

091105_auditrium_2

091105_hall

すべて終わった後のホール。あっきーが「内臓みたい」と言った天井(爆)

 


« ランドマークタワーのクリスマス | トップページ | 中川先生ずるい! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/32284632

この記事へのトラックバック一覧です: 青い花の名前は:

« ランドマークタワーのクリスマス | トップページ | 中川先生ずるい! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ