あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« もうすぐまたシローに会える | トップページ | 「マリア」CS初放送 »

2009年10月 3日 (土)

オレンジページ最新号

オレンジページ
2009年10月17日号
2009年10月2日(金)発売
コウケンテツ&中川晃教
GO!GO!ランチBOX 第10回
コンビーフ&オニオンツナサンドランチ

初回以来?久しぶりにあっきーのレシピでした。
とても自然な笑顔の写真が何枚か載ってて、買わずにチェックするだけと思って本屋さんで開いたら、しっかりレジでお買い物してました(笑)

Shiroh 今日は銀座でゲキ×シネ「SHIROH」を見てきました。少し雨模様だったし、土曜とはいえ、朝10時半からっていうのはお客さんどうかな?と思ってましたが、センターはほぼ埋まってて、最前3列くらいが空いてたくらいかな。わたしたちはギリギリに着いたわりには後方のセンターで見ることができました。

5月の柏以来だから、5か月ぶりか。今回は表にポスターもリーフも見かけなくてちょっと寂しかった。もうさすがに品切れなのかな。シネクイントのときからずっと同じリーフだもんね。

柏のときもちょっと思ったけど、なんか音が小さいsweat02

もっと壁や椅子がびりびり震えるくらいの大音量じゃないと劇場で見る意味ないと思うんだけど。ただその代りにあっきー@シローをはじめ、歌はくっきりはっきり聞けたけどね。

自分でもちょっと意外なくらい、初めてのときみたいに一々鳥肌立ってたような気がする。いつも以上にリラックスして楽しめたのは、やっぱり先月あっきーの生歌「人のツバサ」を聞いたからかもしれません。

これまでは程度の差こそあれ、もう二度とこの歌声は聞けないんだ、という悲しみがいつも心のどこかに引っかかってたので。安心したみたい。

さすがに17回目(爆)ともなると、最初の頃の爆発的感動とかはないけれど、いつも感じる熱いものをあっきーの歌声とともにしみじみ深く噛みしめてきたってところかな。でも毎回思うけど、この舞台、このテンションでよく毎日っていうか、1日2公演とかよくできたなって。1公演でもう燃え尽きちゃいそうな濃さなのに。

明日もう一回見たいけど、午後からガスの警報機の取り付けにガス屋さんが来ることになったので、出かけられませんweep

来年「蜉蝣峠」がゲキ×シネで上映されるときにまた、レパートリー上映あるかもしれないので、それを楽しみに待つことにしましょう。

ああ、でも劇団☆新感線はもう来年の予定を発表しちゃってますが、いつかほんとにこの「SHIROH」も再演予定に入れてほしいな~。(また再演希望してる自分にちょっと驚く)

【ご参考】
http://www.bara-samu.com/
2010年劇団☆新感線30周年興行
【春】『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
東京公演:赤坂ACTシアター 2010年3月~4月
大阪公演:梅田芸術劇場メインホール 2010年4月~5月

【秋】『鋼鉄番長』
作・演出:いのうえひでのり

今のあっきーを舞台で歌わせないのは、社会的損失、っていうか犯罪ですよ。

誰か~。

« もうすぐまたシローに会える | トップページ | 「マリア」CS初放送 »

コメント

ほんとうに! もったいないなあ!
知らないのか? それとももしかして使い切る自信がないのか?とさえ思います。
先日も「SHIROH」の音だけ聴きながら、あらためてあっきーの歌声の素晴らしさに感嘆しました。
すごい仕事をしてきているのだな、この若者は!
それなのに、なぜ? どうしてほおっておくの? 信じられない!
いったい何が妨げになっているのかと不思議でなりません。


>ミミさん
もったいないですよね~sweat02
だけど舞台って、企画から実際に板に乗るまで時間がかかるから、いまのあっきーを評価してもらってもその成果として表に現れるのは、まだもうちょっと先かもしれませんね。
とかって、実は水面下waveで何か話が進んでるのかもしれないし…。だといいなぁ。
ミュージカルの世界があっきーにとって本当に大切な場所であって帰るべき場所ならば、時間はかかっても必ず帰ってきてくれると、今は信じられます。
気がかりだけど、果報は寝て待て!ってことで(笑)sleepy

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31632453

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジページ最新号:

« もうすぐまたシローに会える | トップページ | 「マリア」CS初放送 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ