あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ティーブレイク | トップページ | 弱きを助け、強きをくじく »

2009年9月11日 (金)

ようこそ、ぼくの部屋へ(パート4:完結編)

セットリスト→ここ
パート1→ここ
パート2→ここ
パート3→ここ

ライブ「HOUSE!」
【会場】STB139 スイートベイジル(東京)
【出演】中川晃教、上村貴子(ピアノ)
【日時】2009年9月6日(日)
2. 20:00開演

China_blue 今回はこの回だけの友だちと4人で2階左側のテーブル。一番ステージに近いので上から見下ろす感じです。
ちょっと気分がよかったので、カクテルなんか頼んでみる。きれいな色の、と言ったら薦められたのがリキュールベースのチャイナブルー。写真は少し緑がかってますが、実際はきれいなマリンブルーです。
(←うっかりしてやたら大きな画像をアップしてたので、小さめのと差し替えました)
16時のときと向きが逆なので、こんどはあっきーの頭、つむじがほとんど「キャラメル」状態なのがはっきり確認できました。
衣装は襟のある黒いシャツ。泥はねみたいな茶色?の細かい模様。袖をめくってアームバンドみたいの着けてました。ボトムはツータック?ちょっとだぼっとしたデザインの黒いパンツ。
少しからだが暖まったのか?今回は準備体操はほとんどなくて、そのまますっと歌い始めることが多かったように思います。

Stb_food トークもさっきより少なめ。

だってね。さっき最後に「またみなさんにお会いできる日を楽しみにしています」なんて言ってたあっきーに、たぶん半数以上が2公演来るから、その日っていうかもうすぐ会えると思うよ、なんて(心の中で)ツッコんだんだけど、実際席がシャッフルされただけ~みたいな顔ぶれなわけ。だからまた「最初に出会ったミュージカル」や島健さんの話をはじめとして、さっきのやりとり知ってるお客が多いだけに、どう反応していいかわからなくて、ちょっとし~んってなる場面も(笑) さらにそれに対してあっきーも「どういうリアクションしていいかわからない」ってちょっと戸惑ったりして。

あー、でも決してしらけたり、青いガラスのカーテン下りたりしたわけじゃなく、客席とあっきーが互いに呼吸の間合いを探ってるような感じ?温かかったですconfidentheart04

時間が経つにつれて、記憶も曖昧に、妄想の方が膨らんでる可能性ありますので以下のレポは半分創作と思ってくだされ。

1. 「ぼくの部屋へようこそ」
♪は~うす。角部屋に差す日差しがどうとか、忘れがたき人がどうとか、ちょっと秋の気配のする切ないメロディのバラードです。即興と言ったけど、16時の回と同じ歌詞のような気がする。「HOUSE!」ってタイトル、てっきり「女信長」でフロイスに向かって言うセリフのシャレかと思ってたけど、そんな話は微塵も出ず。

2.「モーツアルト!」から「僕こそ音楽」
「僕が生まれた曲です」と言ってました。

3.「PURE LOVE」から「サンクチュアリ」
クラブで働くVJ(映像DJ?)の話をして、「ちょっとだけよ」のクラブじゃなくて…なんて言ってましたが、それストリップだし(笑) キャバクラと勘違い?
秘蔵映像DVD「絶対発売しないでほしい」とか「あたたかく葬って」とか。そこまで言われたら、逆に見たくなる~。ベースのロミジュリ自体が若さゆえの愚かさと純粋さが巻き起こす悲劇なわけだけど、とにかく恥ずかしいって。そして毒があるとも。こんな歌聞きたいですか?と言って「♪絶対純度100%~」もちょこっと歌ってくれました。

4.「キャンディード」から「人生とはこんなもの」
壁とか試練とかのほかに、「靴の中の小石」という表現をしてました。それだけ難しいってこと。今やったらどうかな?なんても言ってましたが、機会があれば再挑戦??来年は佐渡裕さん(初演時指揮者)が海外のカンパニーを呼んで「キャンディード」振るみたいですが、国内版はどうでしょうか。

5.「SHIROH」から「人のツバサ」
今回も涙と笑いの一人ミュージカル、最高でしたcrying happy01 up
「この舞台でぼくの歌をいいと思ってくださった方がたくさんいるみたいで。
ってことはそれまでいいと思ってなかったのか…」とかって。
ちげーよ!punchannoy
知らなかっただけ!単純に。ごめんよsweat02

「岡崎さんの音楽は今でも鳥肌立つくらいいい。ロックって感じ。デーモン小暮さんが詞を書いてくれたりもしてて。上川さんとは、会うたびに「SHIROH」の話をしてる。やはり上川さんあってのシローだと思うし。先日も舞台を見に来てくれて(死神かな?)、また「SHIROH」の話をして、またできたらいいねって。いつかまたやってみたいと思ってる舞台です」だって。ほんと??気持ちだけだとしてもうれしいlovely

6.「OUR HOUSE」から「The Sun and the Rain~Tomorrow's Just Another Day」
MADNESSの話はなし。「♪Do de do do de do do do」のところ、一緒に歌えるとよかったのに、ぼくも先導?忘れてごめんなさいって。大丈夫、勝手に一緒に歌ってましたから(笑)

座間のプレビューで、あっきー@ジョー登場シーン、短い髪と制服姿のあっきーに客席から思わず「カワイイ!」というつぶやきがあふれたこと、思い出しました。アワブログまだ生きてます。ちかちゃんやひかりさんもいますね。

7.「女信長」から「愛に生きる~Desert Rose」
プレッシャーの話。眠れないくらい。歌わなくていいって言ってくれないかななんて思うくらい。でもアレンジの鮫島くんと相談して、持てるものを全部出そうって。

「himself」から2曲という紹介。あれ、やっぱり?

8.「himself」から「Go to Heaven」
青い月の下で桜の花が散る映像。狂気と静けさのイメージ。

9.「himself」から?「Without You Girl」
アレンジというか変曲、長い長いフェイク。

これそうだっけ?「himself」記憶にないsweat01

10. チャイナガール

最近、金木犀の香り、桂花陳酒がお気に入りらしい。ナレーションと歌の絡み合いがさっきより有機的に変化。

11.「ツァラトゥストラはかく語りき」
12. Oh People
13. ありがとうソング(アドリブ)

またこのへんから記憶が飛ぶ。「ツァラトゥストラ」では「聞いてちょ」って言ったのが可笑しかった(笑)

そのくせたかちゃんの演奏ばっかりで、なかなか歌いださないので、どうしたかと思ったら、「今のはただの待ち」え゛~coldsweats02(爆)
♪ヘイヘイ」みんなに歌わせる。客席のブロックごとに。
「うらめしや」って何だっけ?メモに書いてあるけど、意味不明。

アドリブ長かった~。最後の方は、だんだんやけくそになってきて(笑)また始まった「♪●●食らえ

♪そんなお下品な。でも阿久津が言ってるからしかたない」だって(笑)ヴォルフにもそんなセリフあったよね。

迷走に迷走を重ねたアドリブも、しまいには、「♪現実逃避」やら「♪準備不足!!」と歌い叫び出す始末。

♪役者は何でも演じる」(たとえば)「女神様、♪あ~べまり~ぁ」マリア女神じゃないし(爆)

でも最後は真剣に

♪歌い続けよう
♪息が続く限り

と歌い続けてくれましたが、ついに。

「息が続かないことに気づきました」

お疲れ様でした~。

あっきー、幸せな時間をありがと~~heart04 今日ここに来れなかったみんなのために、またミュージカル特集やってね。今度は「TOMMY」と「エレンディラ」も歌ってくれるといいなぁ。あとはM!の再演と再々演の分は別の歌でお願いしますwink

というわけでわたしのレポも終わり。なんだ、やればできるじゃん(笑)

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

【追記】
最後の最後の挨拶で、「大河出演は12月1日から」って言ったこと書くの忘れてました。もうあちこちで散々突っ込まれまくってるので、いまさらここで追い打ちかけなくていいかと思いますが、一応記録として。上から両手の指それぞれ一本立てて「11月」をアピールしたんですが、今度は届かなかったみたいcoldsweats01

もっと後ろから見てた友だちによると、同じように指立てて訂正させようとしてた人たくさんいたみたいだけど、気がつかなかったんですね~。っていうか、なんでみんな同じ指立ててるんだろう?くらい思ったかしら(爆)

« ティーブレイク | トップページ | 弱きを助け、強きをくじく »

コメント

ありがとうございます!
記憶が蘇ってきましたcoldsweats01
ね!夜の部も参加すると、アッキーのコメントに
答えていいもんだか、私も考えちゃいました!私は、仲間たちと、夜の部前に、焼き鳥屋さんで、乾杯してちょっと飲んで、その勢いで行ったので、押さえるのに、大変でした(笑)
第二回目は、歌ってないバージョンでお願いしたいです!
幸せな一日でしたheart02

長いレポ、ありがとうございます。楽しかった記憶が蘇ってきますhappy01

ヘイヘイヘ~イって歌ってなのが、あっこさんみたいに「ホホホホ~」って低く歌ったのには受けましたheart04
でも誰もマネできませんよ~sweat01と突っ込んでました

>テイアさん
困っちゃいますよね~(笑)初めから正解?答えちゃっていいのか、それとも期待されてる答えを言った方がいいのか。あっきーは同じほとんどメンバーって気づいてなかったんでしょうかね?
次回があるとしたら、また違う歌も聞いてみたいですね。

>kuriさん
わたしも自分が思い出せるようにと思って書きました。
一緒に歌いたいのはわかるけど、あっきーの要求レベル高いですよね(笑)
誰もあっきーのようには歌えないんだから~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31323516

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、ぼくの部屋へ(パート4:完結編):

« ティーブレイク | トップページ | 弱きを助け、強きをくじく »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ