あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 香川さん、ありがとう | トップページ | ティーブレイク »

2009年9月 9日 (水)

ようこそ、ぼくの部屋へ(パート3)

セットリスト→ここ
パート1→ここ
パート2→ここ

16時の回レポ、最終回です。(予定)

ここでちょっと一息ついて、っていうからオリジナルをはさむのかと思ったら「女信長」でした。オリジナルには違いないhappy01
演出家には、文字通り「拾ってもらった」舞台だって。超猿がぽしゃって途方にくれてたときに声をかけてもらえてどんなにうれしかったか。でも別の意味で大きなプレッシャーが。他の誰も歌わないのに自分だけが歌う。しかもその歌を自分で作らなければならない。時代劇の中で、どこでどんな風に、どんな曲どんな歌詞で歌ったらいいのか?オンステージになってもいけないし。←う~ん、なってたかもねcoldsweats01

「Desert Rose」と言って歌いだしたんだけど、

♪苦しみよりも愛に生きる…

ん?これは「愛に生きる」では?と思ったら、後半「Desert Rose」でした。最後にためがあるの忘れて、途中で拍手しちゃったsweat01
歌詞をよく聞くと、「女子どもに手を出すな!」の後のリプライズの方でした。なるほど、あの曲は最後の場面まで一続きなんですね。リプライズも含めて「Desert Rose」なのか。でもなんとなく得した気分scissors
「やってしまいました」って何を?と思ったら「歌い上げてしまいました」え、別に構わないけど?なぜか恥ずかしがっているあっきー。嫌な音だなんて、全然!伸びも声量もある、力強い歌声でしたよ。

Stb_lily_2 次にやっと「himself」ハムレットを下敷きにして、あっきーの楽曲だけで構成されたライブアクト。これは確かキャンディードとシローの間の公演で、仙台と東京だったかな?これもわたしは見てなくてDVDです。最初シアテレの放送で見たときには、ちょっと?だったのですが、「進化論」収録の再編集版でがっつりやられました。同じ公演とは思えない。編集の力ってすごいのね。
歌いだす前に少し上手に歩いてユリのスタンドのところでちょっとしゃがんで集中。ユリってオフィーリアのイメージだっけ。好きで好きで好きすぎて殺したくなる気持ちを歌ったと言ってましたね。「Go To Heaven」これはCDには収録されてない歌だから、生で聞けてうれしかった。

続けて説明なしで「Without you girl」これって「himself」の歌だっけ??大好きな歌なので、どっちでもいいけど。

ここで上村さんはいったん退場です。たかちゃんに大きな拍手を~。paper

あっきーが弾き語り体勢に入って「China Girl」ナレーション付き。→詳しくはこちら
イメージが映像的、と書いたらほんとに元ネタは映画だったみたいで。

さあ、このへんからかなり記憶があやしくなってきます。

今年はもう舞台はありません。大河ドラマと、ライブだけ。みなさんがぼくに何を求めているか痛いほどわかってるけど「今まで乗ったことのない船shipに乗って」どこに行くか楽しみにしてて。みたいなこと言ってたと思うんですけど、違うかな。

そうか~。だからこんなライブを企画してくれたの?舞台予定がなくてわたしたちが寂しく思ってること、少しでも埋め合わせようとして?(←勝手な妄想)

もう一回たかちゃん登場。
「風をみる人」で浅野さんが演奏したのがかっこよかったという「ツァラトゥストラはかく語りき」。去年のSHAMPOOでもワタナベさんが弾いてなかったっけ。
「2001年宇宙の旅」って言おうとして、20世紀少年とか2008年とか。惜しい!coldsweats01
これをどうやって歌うのか?と思ったら、ほとんどたかちゃんの演奏で、歌はあっきーのアドリブでした。歌詞忘れちゃった。

「実はこれが最後の曲だったんですが」って、なんで後で言うのさ。これで終われない雰囲気だからと、また弾き語りで「Oh!People」
出だしの英語部分を歌わずナレーションで。簡単に訳すと、「ねえ、みんな。耳をすませて。真夜中が何か話しているよ。ひとりぼっちで眠っていたぼくは、いま深い深い夢からさめたばかり…」みたいな感じ。(あれ、ダメなんだっけ?訳詞のせちゃcoldsweats02)一部聞き取れないところがあって、「♪Oh pleasures~」からは普通に歌ってたと思います。(かなりいい加減)SKIN以来だっけ、聞くの。この歌は去年のあっきー三本柱の中で一番好きです。

この後がほんとうのアンコールになるんだろうけど、20時の回ともごっちゃになって、どう展開したか全然思い出せない。

アドリブのサンキューソング
憶えてるのは、お客さんの帰宅時間を気にして「みんな時間だいじょうぶ?」って言った後で「♪時間なんて●●食らえ」(爆) ずっと歌っていたいみたいで、こっちだって歌ってほしいよ~。

前列のお客さんをちょっといじってみたりして。あなたの夢は?だっけ、望みは?だっけ、なんか歌いかけれらてその方が「歌い続けて」って言ったから「♪もっと歌っちゃうよ~」もう一人の方は大胆にも「愛してます」って~。きゃっ!happy02 そしたら「♪そんなにストレートに言われたらちょっと照れる」って(笑) 「♪あなたのためだけに歌うよ、「I Love You 今だけは悲しい歌~聞きたくないよ」ってこの歌が一番悲しいじゃん」(笑)とかって。

もしかして逆だったかもしれないしもっといろいろ歌ってたような気もする。はっきり憶えてないけど、このへんのコール&レスポンスがとってもいい感じで、半悲鳴も含め(笑)ものすごくあったかくて楽しかった。普通のライブのノリとは違うんだけどね。あのときのお二人、あの日は舞い上がっちゃって眠れなかったんじゃないかな。わたしならそうなる(笑)

ほんとにみんな満足して盛り上がって、幸せな時間を共有できて、この時間が永遠に続きますように、と願うようなライブでした。

16時の回、とりあえず終了。よかった終われた。20時のレポに続く。

« 香川さん、ありがとう | トップページ | ティーブレイク »

コメント

「今まで乗った事のないような船」~
paper乗せてもらいます!
荒波で落ちそうになってもしっかり掴む部分を作ってくれてそう。

>JTさん
どんな船か、どこへ行く船か、暗闇の中を進む夜nightのボートでも、その歌声をたよりについていけそうですねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31310460

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、ぼくの部屋へ(パート3):

« 香川さん、ありがとう | トップページ | ティーブレイク »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ