あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« メンバーズサイト更新とか浅野さんとか上村さんとか | トップページ | 香川さん、ありがとう »

2009年9月 8日 (火)

ようこそ、ぼくの部屋へ(パート2)

続きです。パート1はこちら。セットリストはこちら

ジャッジされる話から、壁にぶつかった話へ。
あっきーにとって大きな壁、試練そのものだったというバーンスタイン作曲「キャンディード」。
バーンスタインといえば、有名なのはやはり「ウェストサイドストーリー」中学のとき習っていた英会話の先生からこれで勉強するように言われてDVDを見たそうです。ここで一節「♪Maria, Maria, Maria~」とか、「とぉ~にぃ、とぉ~にぃ」(爆)Coolの超有名な1場面をちょこっと再現してくれて爆笑。音楽もだけどロビンスの振付にも興味持ってくれてるとうれしいんだけどな。
宮本亜門さんの「キャンディード」わたしはこれも見てません。DVDだけ。クラシックオペラやミュージカルの錚々たる共演者を相手に一歩もひけを取らず堂々と歌い上げたあっきーはすごいと思った。試練っていうけど、立派にやり遂げたじゃないですか。
今日歌ってくれた「人生とはこんなもの」(Nothing More Than This)は、旅路の果てにやっと出会えた愛しい人が、すっかり変わってしまったことを悲しむ歌だそうだけど、様々な人生の出来事を経てあっきーが得たものがにじみ出るような味わい深い歌になってました。

次のミュージカルは?と聞かれ、わたしは「himself」?と小さな声で言ったんだけど、違った。あれってミュージカルじゃなくてライブアクトだからか?(後で歌ってくれましたが)
「SHIROH」というつぶやきが、さざ波のように客席に広がると、「白より黒が好きです」って(笑)

「SHIROH」と聞いただけで動悸が早まるheart02
いまさら繰り返すまでもなく、わたしにとって特別な特別な作品です。この舞台映像で中川晃教と出会い、道を踏み誤った(爆)

あの歌を生で聞ける日が来るとは思ってもみなかったので、頭が沸騰してあっきーが何しゃべったかよく憶えてないのですが、公演当時は自分の歌がそんなにたくさんの人を感動させたり影響与えてるという実感や認識がなかった、みたいなこと言ってたと思います。入り込んだ分許されるとかなんとか。(ちょっとこの日本語わかりづらいけど、自分を客観的に見ることができないくらいシローになりきってたってことでしょうか)
そうか、やっぱり自覚してなかったか。そんな気がしてた。だってあんまり話題にしないものね。自分の過去舞台のこと言うとき。出版物のプロフィールからも抜けてることも多いし。シローのおかげで人生狂った人どんだけいると思ってか。今後はよ~く自覚すべし。

何を歌うか選曲するために、サントラCDを聞こうと思ったら、中身のCDが違ってた!たぶん自分で入れ間違ったんだろうけど、探せないのでしょうがなくDVD見たり、稽古中の録音聞きなおしたりして決めたのが、、、

「M2」

と聞いてくらっとめまいしました。

M2。それってつまり2曲目。1曲目が組曲「約束の地」-いんへるの-で。

シロー登場シーンで歌う「人のツバサ」じゃないですか~。

そうです。これで、この歌で落ちました。
出だしの「♪どこだろう」でびびびっと電気が走って、鳥肌どころか髪の毛まで立ってたんじゃない かって。「♪風の塔があ~る~」の音の転がし方にへなへなと力が抜けていった。あの瞬間。4年経った今でも鮮明に覚えています。昔房総の海で引く波に足元 すくわれ、抗うこともできずあっという間に巻き込まれて、海の中で砂地をごろごろ転がされた時みたい。(あんときはまじ死ぬかと思った)それくらい衝撃で した。

その歌を生で聞ける?

そう思っただけで震えがきて回りの音も景色もすーっと引いていくような、世界にあっきーとわたしだけみたいな錯覚に襲われる。(をい)

が、しかし!この人はやっぱり並の男じゃなかった!普通に歌うだけじゃすまないらしい。
ミュー ジカルなので歌の間にセリフが入ります。特にこの歌は、シローとシローの仲間たち、そしてお蜜さんと大勢登場するわけです。「間のセリフをぬいて歌だけ通 しで歌うこともできますが…」あえてセリフ入り、他の人の歌も含めてやってみよう!って、え゛~~???!!!どうなるの?coldsweats02

ちゃんと凧揚げのマイムから始まって、普通に歌いだしたところでわたしはもう涙目で、少し大人のシローの歌声にもう涙ぼろぼろだったんですが、感動 的だったのはそこまで。お蜜さんが登場してからはもう大爆笑に。ちゃんと声色も変えてあるんだもん。ゼンザの歌のときはちゃんと泉見くんだし(笑)
ツボだったのが、セリフの前にいちいち役名を入れるところ。律儀だ!(爆)
でも最初のお蜜さんのセリフで「よく上がってるねぇ、シロー」って言うのは、お蜜さん、このときまだシローの名前知らなかったはずでは?と思ったんだけど、後で脚本(中島さんの戯曲)チェックしてみたら、こうなってました。

お蜜  …よく揚がってるねえ。
シロー …(無言で空を見上げている)
お蜜  …でもまあ、子どもはのんきでいいね。…

なにもセリフなくてト書きだけのときまでまじめに役名言わんでもsweat02しかも自分だし(笑)

きっちり役人登場、「お蜜:ほーら、言わんこっちゃない」まで一人ミュージカル、ほんとに楽しかったです。

感動の嵐から手拍子が沸き、爆笑の嵐に変わる盛り上がりぶりがあっきー的にはちょっと意外だったらしく、「よかった、思ったより喜んでいただけて」だって。いやもうほんとに自覚ないのね、我らが天の御子は。

これがどんなに貴重で特別で「やべー」ことか、知らないんだ。だっせー(爆)
ああ、もう泣いたり笑ったり、こっちも忙しかった~。でも幸せでした。あっきー、最高。ありがとう!

ってか、「SHIROH」だけやたら長いしcoldsweats01 ごめん。

次は「OUR HOUSE」から「The Sun and the Rain~Tomorrow' Just Another Day」

二人のジョー、いいジョーと悪いジョーの人生を同時進行で描くロンドンミュージカル。

ぽつりと「この頃からやってたんだな、一人二役とか二人でひとりとか、二人の孫悟空っていうのもあった。二人の四郎もそうか」って独り言みたいに。 いやいやヴォルフとアマデも二人で一人パターンでしょ。そういうの得意だよね。分裂した自我の統合とか救済とか。それは置いといて。

この歌も2曲 がひとつになって、また別の場面でリプライズされるダブルミーニングな歌。実際の舞台ではアンサンブルソング(別々の歌を無理やりくっつけてもいるし、一 人で歌うにはキーの途中変更とかかなり大変そう)で、この間あっきーはダンスパーティで恋人と踊る悪いジョーから、転落して刑務所送りになってしまったいいジョーへ早替 え。だよね?確か。パパの歌はカットと言ったけど、どう絡むんだったっけかな。忘れたsweat02

「OUR HOUSE」懐かしい。あっきーを知って初めての新作ミュージカルで、仮チラシからチェックした初めての舞台。座間のプレビューから千秋楽の新潟遠征まで、一気に駆け抜けました。あの頃の勢い。新潟やカムデンタウン(!)に下見に行ったりもしたっけ。

あの頃一緒にあっきー舞台を見てて、いまはもう去ってしまった友たちにこのライブ聞かせたかったな…。

それにしてもこの歌、つい最近死神千秋楽記事で取り上げたばっかりだからびっくりした。単なる偶然としてもちょっと楽しい。どこかでつながってたみたいな気持になれるもん。

あとちょっとしたオマケというか。

このミュージカルはいわゆるトリビュート・ミュージカル。MADNESSの楽曲を使って舞台化されたものです。そのMADNESSのライブがちょうどこの公演終了後にありました。あっきーはそれ聞きに行ったっていう話をしてくれたんだけど。知ってるもん。だってわたしも行ってたから(笑)その会場をZEPP東京だって言うから、思わず「違う違う」ってつぶやいただけのつもりだったのが、無意識のうちに頭か手を振ってたのかな、あっきーにチェックされちゃってsweat01 「リアクション目立ってた」って~sweat01sweat01sweat01

指されちゃったので仕方ないのでZEPPじゃなくて渋谷だったって言ったら「渋谷公会堂?」じゃなくて渋谷AXだってば~。ZEPPは「デュランデュランと間違えた」らしいです。

ああ、焦ったsweat01

また話がずれたし長いし。またつづくでもいいですか~。ごめんなさい。しかも字ばっかりで殺風景な記事になってしまった…。

« メンバーズサイト更新とか浅野さんとか上村さんとか | トップページ | 香川さん、ありがとう »

コメント

すごい! 完璧レポ!

>シローのおかげで人生狂った人どんだけいると思ってか
に爆笑しました。
私も気になったんです、あの「シロー」。まだ名前知らないはずだって。
2回目聴いたら役名だったのはわかったけど、その後のセリフはお蜜だし……と。
なるほど、そういうことですか。
中島さんのホンまではチェックしませんでした。さすがhildaさん。
今度はほかの歌もぜひ!と心から願います。
こんなに幸せな時間があっていいのか、と思いましたね。

>ミミさん
ほんとに幸せな時間でしたよね~happy01heart04
やっとわかったか!って感じですが(笑)自身のライブに対するこだわりを捨てて?自作ではない歌(ミュージカルはみんなそうだ)も歌ってくれて本当にうれしかったです。この調子で他のミュージカルも含め、カバー曲なんかもぜひ挑戦してほしいですね。
最初にミスサイゴンの話をしたときには、何か歌うのかと期待しちゃいました(笑)

私も、シローでどんだけ、人生狂ったか!の一人です(笑)
あの、階段向こうから、出てきた少年の歌声に、ビビビとなり、早4年、出会ってなかったら、こんなに、舞台、中川晃教に熱くなっていなかったかも!まだ、余韻に幸せな私ですbleah
そう、アッキーのカバー曲聞きたいですねえ!

>テイアさん
お仲間~happy01
人生は狂ったけど、むしろ幸せ?
カバー曲は11月のライブに期待!

私もSHIROHで人生狂った一人ですscissors
(嬉しい誤算ですけどheart04

>kuriさん
おー、続々カミングアウト(笑)
人間はよく計算間違いをしますからbleah

いつも有難うございます。
私は、「M!」再演を見て、中川晃教のCD,DVD・・を大人買いhappy01

その頃は、とても落込んでいて  うつ状態
でも、SHIROH の歌声に、人生を甦らせて貰いました。
"歌で人の心を操る" 良い方向へ操ってもらいました。

>citronさん
初めまして!(でしたっけ?)
citronさんは「SHIROH」に生きる希望と力をもらったんですね~happy01
シローは無自覚に多くの「人の心を操って」たみたいですね。こんなにたくさんの人の心を動かせる歌声をもつあっきーはまさに天の御子そのものでした。また操ってもらいたいものですねwink

「OUR HOUSE」懐かしい~
新潟で上映されていた「SHIROH」に会いに行き 同時にりゅうとぴあの下見もされたのでしたね。
hildaさんの行動力に吃驚させられましたwink
そして始まった「OUR HOUSE」。
初めて遠征という行為に走った新潟公演の楽しかったこと!沢山の思い出が出来ました。

こんな感じで晃教くんがミュージカルナンバーを歌ってくれる事で
色々な思い出も蘇ってきたりなんかしたのでしょうね。

私などはひと月前の事を思い出すのも怪しい昨今、
hildaさんがMADNESSのライブの場所を覚えておられたのも流石です。

「SHIROH」の人のツバサでは一人三役という行為を笑える部分としてやってくれたのは良かったですね。
でないとみんな泣きっぱなしになっていたのでは?

どのミュージカルもチョイスした曲がいいな思いました。
いや、他にも歌ってほしいなと思う曲は沢山ありますが(笑)

>JTさん
そうそう、シローに会いたくて新潟まで「映画」見にいったのはわたしですcoldsweats01
JTさんとも新潟で初めてお会いしたんですよね~。可愛くてちょっとビターなロンドン・ミュージカル、OUR HOUSE楽しかったですね。また見たくなっちゃった。
あっきーが出演したミュージカルのことをふり返って話してくれる機会もこれまであまりなかったように思います。そういう意味でも貴重なライブでした。
人のツバサは、ほかにマツとソーイもいるから一人5役??なるほど、あんまり湿っぽくならないようにっていう配慮でしょうか。でもほんとに盛り上がって、あっきーもちょっとびっくりしてました。こっちはみんな歌もセリフも暗記するくらい見たり聞いたりしてるファンばっかりだって、知らねえのか~smile(最近阿久津言葉がうつって困ってます)
他のももっと歌ってほしいですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31294205

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、ぼくの部屋へ(パート2):

« メンバーズサイト更新とか浅野さんとか上村さんとか | トップページ | 香川さん、ありがとう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ