あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ハンカチのご用意を | トップページ | DVD MISSING BOYs 本日発売です »

2009年8月25日 (火)

愛しさと切なさと心細さと

あさってまで待てなくて(笑)、今日たまたまあっきー友に会う約束があって三茶行ったついでに当日券で見てきてしまいました。「7 Days Judgement -死神の精度-」 2回目。
初日の硬さが取れて(おそらくは演者も観客も)、それぞれのキャラがより自然に舞台上で息づき、涙と笑いのバランスもよくなっていました。今日はわたし3回泣きましたweep 初日は一回。不意打ちだったから。

今日の阿久津くん。ジャガイモの皮むき、最初の一個目はくるくる剥いてました!なんだ、できるじゃん(笑)2個目はピーラー剥き。
シャワーから出たあとのタオル首に巻いてなかった。だから入れ墨ゴッド(GOD?)を確かめたかったけど、ちょっと位置的に見えにくくて確認できませんでした。
あと靴下はピンクというよりグレーがかった赤紫と鮮やかな水色のグラデーションでした。スカジャンも赤いのは袖と身頃の一部で背中は黒だった。ドラゴンの模様は同じ。やっぱり一回見ただけの印象って不確実なものですね。

んなことはどうでもいいとして。

駆け込み、開演15分前で当日券の残り8枚でした。L3って、下手の場所で、座席脇の通路階段3段目。座席でいうとだいたい5列目かな。後ろかと思っていたので、こんな前で見られるとは。ほんとの壁際なので少し上手が見切れるけど問題なし。下手の階段での演技、どんな顔してるか見てみたかったのでラッキーscissors

その顔は、一言で言えば空虚。無。空っぽ。人に口をはさませない、返事も待たずしゃべり続ける五月蝿い(うるさいってこう書くんだ~)阿久津のそれまでの顔とは対照的。いや、同じか。空っぽの自分を隠すため、自分を守るためのマシンガントークだもんね。
気になったのは、コインランドリーの洗濯物どこやった?(笑)置いてきちゃったのかな。

泣いたところ。藤田が千葉に阿久津と二人で奥入瀬行った話するところ。藤田が阿久津にまた奥入瀬に行こう、行くと言ってくれって懇願するところ。闘いが終わって青空が広がって、驚く千葉の様子を見ながら藤田と阿久津が二人で何事か耳うちしながらクスクスげらげら笑いあうところ。きっととても久しぶりだったんじゃないかな?阿久津くんが心の底から笑ったの。それまでの長い長い暗闇の心の旅路を思うとき、涙が止まらなかった。

ラストシーンのエピローグ的な字幕で、約束した奥入瀬に阿久津が一人で行ったらしいとわかる場面があります。そこでまたぎゅっとハート掴まれる。

と、ここにタイトルにつながる感想をずらずら書いてみたんだけど、どうも今の気分と微妙にしっくりこないのでちょっと保留。メモに退避させました。またいつか気分が乗ったら。(タイトル付けた意味ないじゃん)

↑それにしても毎度ながら、見てない人にはわかりづらい文章ですだ。昔から読書感想文苦手だったのよ。このブログって、公演のレポに「あらすじ」って入れてないからね。↑みたいなこと書いても見た人にしかわからんて。

カーテンコールが楽しかったです。初日は香川さんだけだったけど、どうも最近?あっきーと香川さんが挨拶するのが恒例になってるみたい?

最初にラサールさんが、和田憲明さんのお芝居でカーテンコールが3回にもなることはまずないって。これも中川くん効果って言ってました(笑)いつもだと終わったあと、いや~な気分になるようなそんなお芝居ばかりだって(爆)だけどさすがに両手つないで頭の上に上げてわ~とかはやらないってhappy01happy01happy01

あっきーの言葉。(この間、他のキャストのみなさんが心配そうに、うつむいて苦笑気味なのはなぜ??)初めての4人芝居。お芝居っていうのが、こんなにも…(いいよどむと周りからも客席からも笑いが)…神経をすりへらすものだと実感しつつ…(ラサールさんが、これだけこれだけ、と耳うち)熱い夏を生きています。

と、それに繋げて香川さんが「稽古中に中川くんの神経が50本以上切れるのを目撃しました」とご報告(笑)今日は2公演ですが、夢でもう1公演やってるらしいcoldsweats01

あっきーがトラムシートや立ち見のみなさんがこれだけたくさん来てくださってることに感謝の言葉をのべると、ラサールさんも「2時間以上も立ち見してくださって」とわざわざお言葉を賜りまして恐縮恐縮。(別にわたしに言ってくれたわけじゃない)

でもなんとなく~、最後にはけるとき、あっきーがこっちに向かって手を振ってくれた。ような気がしたんだけど、やっぱり気のせいか。でも勘違いでもうれしかった~heart04

そうそう、歌。「雨にぬれても」があった。先週さかきーのライブでも歌ってた歌。初日も気づいてたはずなのに書きそびれました。藤木一恵のCD。あれ、ほんとは誰の歌声かな?

さて次回はほんとにあさって木曜日。愛しさと切なさと心細さに、また胸ふるえるお芝居を見せてね。←無理やりお題を入れてみました。

【追記】
すみません、なんかうまくまとめられなかったので、違う話で終わっちゃいました(笑)

ほんとのこと言うと、この日は2度目の観劇にもかかわらず、まだ阿久津という青年の苦しみが切なさをもって感じられなかった。話の展開からしたら自然にわいてくるはずの愛しさが湧いてこなかった。っていうことを書きたかったのです。

傷つきやすく愛を求め愛しながら愛を信じきれず、やり場のない葛藤に身を焦がす。それも小さな子どもの頃のトラウマから。そういうの、あっきーにはぴったりな役。だし、そこらへんがたぶんこのお芝居の落とし所だとは思うんですよね。

なんでかな。藤田の「そんな目で見るな」っていう「そんな目」が見えない。感じない。

まだわたしの中の阿久津への愛しさを十分に感じることができないんです。ぎゅっと胸をつかまれるような切なさも。抱きしめたい!ってところまで盛り上がらないのはどうしてかな。

って書きかけて少しまだ違うな、と思って消したんだよね。

でもこれを書いているいまは、もう大丈夫。あっきーにはちゃんとできるとわかったから。

余談:

カテコで香川さんが「今日も無事に終わった」みたいなこと言ったんだけど、実は無事じゃなかった!あまり細かいツッコミ入れても何だけど、けっこうキメ台詞のところ間違えちゃいました。千葉が藤田に「どうしても栗木を殺すのか」って言うところで「阿久津を」ってやっちゃったsweat01 やべーよ(爆)

« ハンカチのご用意を | トップページ | DVD MISSING BOYs 本日発売です »

コメント

今頃失礼します。
靴下はね、最初の頃はピンク地だったのが24日からだったかなグレー地のものに変わりました。


それだけの事ですが(汗)
とりあえずお知らせしとこうかな~と思ったので。

>珊瑚さん
ありがとう。昨日のソワレはまたピンクだったの。洗い替え??
色違いを代わり番こなのかな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31107583

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しさと切なさと心細さと:

« ハンカチのご用意を | トップページ | DVD MISSING BOYs 本日発売です »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ