あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 可能性の話だ | トップページ | 放送時間変更 »

2009年8月29日 (土)

鮮やかな瞬間

Paulsmith

コインランドリー失踪事件のとき着てたパーカーに似てませんか?(笑)ルドルフが去年丸井でポール・スミスのバッグ買ったときの袋です。あんまり目に鮮やかだったので、写真撮っておきました。こんなところで使えるとは(爆)

今日もこれから出かけるので、27日木曜日ソワレの感想を簡単にまとめておきます。

席は友だちに譲ってもらった2列目センターという、これまでで一番いい席。やはり見る角度と近さで印象だいぶ違いますね。

この日の阿久津くん、一言で言えばとても自然でした。これまでの2回どうしても聞き取れなかったセリフもすべて聞こえて、しかもすっと入ってくる。言葉と感情と話の流れがしみるように心に入ってきました。

そうなると、泣ける部分ではもっと号泣するかと思いきや、泣くことは泣くのですが、最後は一緒に青空を見上げて眩しげに笑ってました。だから観劇後とってもさわやか。

阿久津のキレ方や人の話の聞いてなさぶり、苦しみの表現も含めて抑制が効いていて、お芝居全体としてもとてもバランスよかったです。

やっと香川さん、ラサールさん、鈴木さんたちと一緒の土俵に上がれたかな、という感じ。これまではやっぱり、「あっきーもがんばってる」よねレベルだったんで。

ああ、本当に、本当によくぞここまで来てくれましたcrying

カテコでは、いつもどおり?ラサールさんから満員御礼と和田さんの舞台では3回もカーテンコールがあることはまずない、いや~な気分で終わることが多いから、という話があり、あっきーと香川さんからご挨拶。
あっきーは4人芝居初めてですと話し始めてから、忘れないうちにまず大事なこと、と言って今日の立ち見含むすべてのお客さんに感謝の言葉を。それから、このような(小さな?)劇場で、どのくらいの声で届くものか、毎日微調整しながら試行錯誤してきたと。うん、今日はちょうどよかったよ。
香川さんは、あっきーのカテコ挨拶が毎回楽しみなんだそうです(笑)
劇中であまりにもぶっとんだ性格を演じている反動か?バランス取るために(必要以上に?)四角四面の挨拶に、そのギャップがおもしろくて人間の可能性の大きさを感じるって(爆)
4人の演者、裏でがんばってくれてるスタッフ(出演もしている!)、そして温かい客席のカーテンコールに感謝!みなさん確実に「見送りです」って死神らしいご挨拶でした。

今日は靴下またピンクのまだら模様でした。空色のと色違いで日替わり?

金魚が増えたような気がする。

毛布は、縦横確認のほかに、何度かふってきちんと敷いてから寝てました(笑)

出だしの場面、雨にびっしょり濡れて、藤田と対面するところで頭ふったら水滴がぱーっと藤田の顔に。ラサールさんまったく動じずよけもせず。どっしりしてる。

藤田と千葉のダイアローグ。ほんとに一部の隙もない。セリフはもちろん、歩き方、手の動かし方、ちょっとした目線。完璧。さすがです。

客席の反応も日を追うごとにリラックスして、笑うところでは思いきり笑い、泣かせどころでは思いきり涙を流すような自然な楽しみ方に。初日は、笑っていいのかどうかもちょっとわからなくて戸惑い気味だったので。それだけリピーター多いってこと?

あっきーは今日も新しい阿久津青年として生きているのでしょう。日を追うごとに服装以上にヴィヴィッドに。

わたしの次回観劇は前楽30日ソワレです。その後は千秋楽。始まったらあっという間ですね。

« 可能性の話だ | トップページ | 放送時間変更 »

コメント

ミュージカルならばリピートありだけど、
ストレートプレイなら2度観ることは
ないと思っていました。しかし今回ばかりは
「進化」しつづけるあっきーを観たくて
リピートする予定です。台風も心配ですが、
千秋楽だからといって妙な力がはいりすぎないように。。。
なんて思っています。
26日のマチネのとき香川さんが、観客の
温かい拍手に感動されて「ここにいらっしゃる
皆様は間違いなく『見送り』です。」と
おっしゃってくださったのですが、私、旧姓が
劇中で『可』判定されたけど劇にはでてこなかったあの方と
一緒なので、(だから不幸中の幸いなことにあっきーに何度も名字を
言ってもらえましたが。。。)
ちょっと複雑なカーテンコールでした。

遅くなりました。

>夕日公園さん
千秋楽も変なテンションになることなく、みなさん落ち着いて良い舞台でしたね。
わたしも初日見たときは、そんなに何回も見る舞台じゃないなとか思ったんですけど、気がついたら5日6公演見てました(笑)
ただかなり集中力を要する舞台なので、たくさん見ればいいってもんでもないとは思いますが、その進化が確認できる程度にチェックできてよかったです。
夕日公園さん、あの方と同じ苗字だったんですか?それはよかったというかなんというかcoldsweats01
わたしはあっきーの役名と同じ苗字の知人がおります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/31148837

この記事へのトラックバック一覧です: 鮮やかな瞬間:

« 可能性の話だ | トップページ | 放送時間変更 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ