あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 死神チラシ内容 | トップページ | 青山劇場 »

2009年6月14日 (日)

やっぱり初日の感想

残さずに二度目を見るわけにはいかん。というわけで観劇直後にメモった大雑把な印象を少し手直ししてアップ。あくまで初日を見ただけの印象ですから、ウェブ上の日々の観劇レポ見てると1公演ごとに進化してるみたいなので、今日見たら別モノになってる可能性大です。
あまりほめてないので、ご注意ください。(ごめんsweat01)

「女信長」6月5日(金)19:00~青山劇場2階センター、3列目(A席)で観劇。
だいたい「初日だから」未完成でもいいっていうのは日本の演劇界の甘えだと思ってます。見る方もやる方も。それにしてもちょっとこれはビミョーすぎでは。
メイサさんのマイクが途中であさっての方向いちゃって、なかなか直せなかったのは主役だけに出ずっぱりでタイミングなかったのはしょうがないとしても全体的に音悪すぎじゃないですか?青山劇場だからこんなもんっていう意見も聞きましたが、前回この劇場で「メタルマクベス」(かなり前だし)見たときはそんなに気にならなかったけど。セリフ聞きづらいし、何よりあっきーの歌が~crying 最高のコンディションで聞きたかった~。

光秀は衣装も髪型も南蛮流でした。冒頭でいきなり登場、いきなり主題歌(?)びっくりしながらこれはこれでうれしい。あごのあたりシャープになってすっきり。激しい殺陣の稽古でやせた?まさかの金髪ロンゲ、衣装もちょっとゴージャスな生地のディナージャケット風。オ○カルっていうより、トートかな。衣裳が白ければ。その演技も歌もさすがと思うところもあり、惜しいところもあり。

あっきーが歌う場面は4回かな。同じ歌のリプライズもあるので実際は3曲。ただどの歌がどのタイトル(プログラムに掲載)なのかまだはっきり把握できず。
歌うのはあっきーだけ。コーラスもなし。セリフからあるいはセリフを受けてすっと歌い出すときの自然さは健在。
でも歌より驚いたのは思ったより力強く印象的な演技。あの舞台を含む劇場空間を支配するような演技ができていたのはあっきーだけだった。これまで主役はってきたのは伊達じゃなかったってことね。それがすべて歌声の力だと思っていたわたし、少し考え直さないと。このへんはまた別にもうちょっと書きたいことある。

メイサさんが意外とよくない?っていうか美しく見せようという演出が少ないと感じた。
歌わないし、脱がないし、濡れ場もなし。ちょっと拍子抜け。(何を期待してたんだか)お長と信長の演じ分けがやや不自然。慣れないお笑いでごまかそうとするから。まだ照れがある?
もっともごまかしてるのは脚本かも。原作の一番の肝なポイントを外してる感じ。わざと?
あんなに最初から女だとバレてていいのか?とか、「女の武器」あてにしすぎなのもどうかと思うけど、そのへんは原作もそうだからしょうがないか。それにしても中森明菜で踊らせるのはどうかな。
ラストシーンはちょっとエレンディラみたい。光秀の歌にのせて、やっと自然体(ちょっと男っぽいだけの女性) になれたお長さんの舞は美しかったです。

劇団☆新感線の舞台でよく見る下からのライトがきれい。2F席だったので舞台の床を照らす照明の美しさを堪能。全体的にも脚本や演出にも新感線っぽいテイストあり。岡村さんも同じつかこうへい芝居の流れを汲む方らしいので同系統なのかな。ただしドラマと笑いのバランスがまだまだ。タイミングの問題?アドリブもちょっと滑り気味。

石田さんは舞台の演技ではないけどさすがに自分の見せ方知っている。死んだ後もお長を見守り破滅から救おうとたびたび幻(幽霊?)としてアドバイスで出番はけっこう多い。

初見の役者さんでは、この物語の語り部役、家康の山崎銀之丞さんがいいですね。声も落ち着いてよく通るし、これでただ物語を朗読してるだけ、みたいに見えちゃうのは損かな。

他の若い!イケメン!俳優さんたちは、残念ながら2階席からではあまりそのイケメンぶりをチェックすることができなかったのですが、変なガイジンの篠田くんが可愛かったです♪スペイン人つながりで五右衛門ロックのぼったくり商人のようでもあり、なぜかメタマクの未來くん@元きよしを思い出させる雰囲気。

女性の立場からすると、原作読んだときからけっこう違和感あって、共感できないところも多いのだけど、時代が時代だけに古臭い女性観は確かにあっただろうし、今でも表向きは男女平等とか機会均等とか言っても厳然とした差別はあるしね。制度上ではなく基本的なメンタリティの面でね。そういう意味では、男並みにできて当たり前、それ以上じゃないと評価してもらえない男社会で自己実現しようと闘う主人公にいくらか心を寄せられるかな。

男と女の関係でについても、若さを失うこと=女性としての魅力を失うこと。それいくら否定したって実際そうだし。洋介先生だって結局若い子選んだしね~。関係ないかcoldsweats01 信長って最後は50歳って設定だよね?メイサさん、若いし美しすぎてどうしてもそんなトシに見えないし、お市のメアリちゃんに年増扱いされてもお濃の有森さんにもう37なんだからどうとか言われても全然リアリティないのが惜しい。

文句ばっかし言ってるけど、全体的には楽しかったです。いわゆる「お芝居」やミュージカルを求めていくとちょっと違うんだけど、新しいタイプのエンターテイメントという感じです。
前の記事に、ちょっと安っぽいバラエティみたいと書いたけど、安っぽいの嫌いじゃないし、むしろ好きだし。いわゆるB級、いわゆるカウンターカルチャー、サブカルともいう。何しろ叩き上げのアニメファンだし。無茶苦茶けっこう。もっとやって!やるからには思い切って!その突き抜け感が見えてきたら、とってもおもしろい舞台になる気がする。

この初日のビミョー感抱えたまま劇場に向かうわけですが、消化不良な気分を吹き払うような、今日の観劇になりますように。

« 死神チラシ内容 | トップページ | 青山劇場 »

コメント

消化不良は解消出来ましたか?

ゲキ×シネ【五右衛門ロック】を観て間もなくだったので比べちゃったから私も初日はアキノリ君以外の出来に消化不良でした。

残り1週間でどこまで高みに行くことができるか見ものですね!

そういえばデータ、バックアップ出来ました?

>tabibitoさん
昨日帰宅してから多忙で感想アップできませんでしたが、すんごくよくなってましたっ!この調子で楽まで一気に突っ走れ!run
データの復旧は予算を超えてたんですが、10G近く溜め込んだあっきーデータをあきらめきれずに依頼してしまいましたsweat02新品PC本体より高かったcrying痛い出費でしたが、データが戻ってきてくれてよかったです。いろいろご心配いただいてありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/30094297

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり初日の感想:

« 死神チラシ内容 | トップページ | 青山劇場 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ