あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« コメディアンとアクチュール | トップページ | スカパー!daysに新番組紹介 »

2009年6月23日 (火)

「女信長」東京公演千秋楽

さあ、今日はややこしいことごちゃごちゃ言わず、とにかく楽しむ!と決めて出かけた青山劇場でした。初日と同じ、いやあのとき以上の激しい雨rain 青山通り歩いてたら、ゴム長の女性もちらほらsweat02 まあ、でも梅雨だもん、仕方ないよね。

6月21日(日)12:00開演
青山劇場「女信長」

席はH列サブセンター下手通路から少し入ったところ。隣が遠征してきたあっきー友でした(笑) チケット届いたときは、うんとはじっこと思ったけど、座ってみたらけっこう見やすい位置でした。

やっぱり千秋楽はお祭り騒ぎ。いつも以上にアドリブにも熱が入り暴走はさらに加速!(爆) 楽しかった!むっちゃくちゃ楽しかった♪今日初めてこの舞台好き!って思いましたhappy02

まずは日替わりネタ&アドリブ憶えてるだけ。

道三登場シーンでの犬千代のセリフはまた「不倫は文化だって言った人だ」に戻ってたけど、そこに石田さん珍しくツッコミ「それは教育上よくないなbleah いつもほんとに靴下(足袋)はいてないかどうかチェックするのに、なかなか足元が見えなかったのが、今日ははっきり裸足ってわかりました。見せてくれたのかな~(笑)

5回目ともなれば中森明菜もだいぶ慣れた…と思ったら!ええ゛??何ですかあの男性ダンサーたち。昨日までは上半身裸なだけだったのに、今日は赤褌ですか~?!(爆)わたしが目の保養なんて言ったから出血大サービス?(違) あと、女性ダンサーの香子さん、前からメガネっ子だったっけ?

ダンスだけで終わりかと思ったら、次の光秀を迎えるシーン、両側から光秀を詮議する長槍の二人がさっきの赤ふん姿でした。光秀が背中で回転して足で二人の兵を牽制する場面、家康のツッコミもいつもは「できる!」のところ「なぜふんどしsweat01 次に両腕回して二人を投げ飛ばすところでも「びっくりしちゃうくらいできる」→「ふんどしが飛んだ」でもう客席は爆笑の渦です。あっきー、よく吹き出さずに演技できたよね。

フロイス+家康。アルマスペルマネンテスは、アルマジロのペディキュアでした。
「おまえカッパか?」は髪型ネタ。

おばさんネタ、有森さんのセリフは「はっきり言うわね」で「これでもがんばってるんだけどな」(笑)

義昭のほっぺは「ちっちゃいけどかわいいhappy01

暴走長政は「出でよ~長政~!のびろ~長政~!」いつもより長めの暴走だったので、光秀も少しあきれ気味にわざとらしく大きなため息をついて「人間として恥ずかしくないんですか」ぼこぼこにされるのもちょっと激しかったかな~。でもあっきーって殴られて痛そうにしてるのが妙に似合うよね(をいcoldsweats01)

秀吉 VS フロイス。今日もモンキーマジック♪でした。よだれかけは、ボンネットみたいに頭に巻いたり、シャンプーハットにしたり、光秀の首にも巻いて「けっこうかわいいよheart04」で大拍手(爆) いや、ほんとに似合ってたから。天草四郎みたいだったよbleah

今日は全体的に疾走感があり、みなさん楽しみながらも東京最後の舞台に命かけてる情熱が感じられて、感動も25%増って感じでした。光秀と信長≒お長の2幕のやりとりには目の幅涙crying あっきーってばほんとにいい演技できるようになったよね。前日までちょっときばりすぎ?みたいだったセリフも自然に力抜けていい感じ。メイサさんは少しお疲れかな?少し咽喉が嗄れたよう。大阪までに復活しますように。でも女としての自分の弱さを光秀にだけ吐露してしまう場面など、初日からしたら雲泥の差。この方もあっきーとは違う色のセンターに立つ人のオーラを確かに持っている。最後の舞も美しかった。

ああ、終わっちゃった~。楽しかった~♪

でも千秋楽のお楽しみはこれからだったのだ!(つづく)

このまま行きます。

最初のカーテンコール。満足げなキャストのみなさんの表情。座長メイサさんから「ありがとうございました!」の言葉。止まないアプローズ。2回目のカーテンコール。当然のようにスタンディングオベーション。そして3回目も…と思ったら。

何やら場内アナウンス。若い男性の声で千秋楽ご来場のお礼の言葉に続き、「みなさまの熱いご声援を受けてこのまま終わるわけにはいきません!」って??誰かと思ったら、「…(なんだっけ)合わせてふぶふぶ天下布武」で客席を凍りつかせた男(爆)遠山景任の久保田創さんでした。そして華々しく始まったおまけ舞台は、、、

「女信長2-光秀の逆襲-」(予告編)movie

ほんとに続編の予告かと思っちゃいましたよcoldsweats01 各出演者がそれぞれのネタをさらにパロってパフォーマンスを披露。ぜんぶは憶えてないけど、印象に残ったものだけでも。

・忍者部隊。服部半蔵(清家利一)と若手3人。
・すぐ死ぬ織田信行(平田裕一郎)、今回も登場してすぐ殺されてました。
・まだまだ女の首に噛みつく?今川義元(細貝圭)
・「こんな予告編を作るとは、あまりにも無責任!」林佐渡(黒川恭佑)
・「おやじ!黒木さんには花を贈って、なんで俺にはないんだよ」犬千代(篠山輝信)←写真家篠山紀信さんの息子さんです
・踊る秀吉(TETSU)
・お市(松山メアリ)と長政(河合龍之介)のSMショー。お市がSですよ(笑)
・なぜか二刀流の徳川家康(山崎銀之丞)
・「おばさんなんて言わせない!女優に年齢はないの」濃姫(有森也美)
・「芝居は文化です」シャンパン飲みながら?「すみれ、こんなおやじでごめんね」斉藤道三(石田純一)客席にお嬢さんと息子さんがいらしてたようです。父の日ネタ?

あと、えーと、フロイス、簗田、丹羽、、あたりのネタが完全に記憶から欠落してます~sweat01 将軍さまも。

ほんとは一人一人の紹介あおり文句が最高に可笑しかったんだけど、残念ながら記憶にありません。でもこれは忘れなかった。

「あなたのヴォルフがオスカルになって帰ってきた!」heart04shine

何か歌ってくれるだろうとは思ったけど、まさかの「最後のダンス」やっぱりオスカルよりトートだった!会場のどよめき、歓声が最高潮に。と思ったけど、「エリザベート」を知らない方には、何のことやら?だったかもね。
歌が終わってはけるとき、タイミング合わなくてまだ名前が出てなかったよ~(笑)中川晃教です!みなさま、以後よろしくお見知り置きを。
帰りに友だちとお茶しながらしゃべったんだけど、いつかよっしーとダブルキャストのトート見たいね~って。30過ぎたらね(笑)その頃にはヴォルフはもう若手に代替わりしてもらって。

そして最後に登場は、もちろん女座長、黒木メイサさん。目のさめるような殺陣を見せたあと、びっくりしたことに劇中も使わなかった舞台中央の大セリがぐぃ~んとせり上がってメイサさんは高く高く。高所恐怖症ならちょっときびしいくらい高く持ち上げられてました。役者って大変だ~。そこでナレーション、「本番中にテレビドラマ(任侠ヘルパー)の収録も開始、朝6時にロケ、12時に本番、5時に本番、夜10時に湾岸スタジオ…」というすさまじいスケジュールに「わたしだってキレるさ!」とさらに切りまくる~(爆)

いや、もう最高でした!この後も4回目、5回目とカーテンコールは続き、銀色のテープがクラッカーのように飛び、笑顔と拍手と歓声が続いて、名残惜しく劇場を後にしたのでした。

さてこの予告編、大阪大楽へはどんな風につなげてくれるのか?楽しみです~♪

最初見たときは、舞台セットや演出が少し安っぽいと感じたんだけど、よく見ると細かいところとてもよく工夫されてるんだよね。
上から横から飛んでくる矢羽。火縄銃の銃撃。本物の火矢。布を使った場面転換。背景の映像と舞台奥の回想再現ドラマ。何より印象的な照明の美しさ。
さんざんネタばれしといて何ですが、大阪で初めてご覧になる方は、見てびっくりしてくださいね。お色気ダンスあり、歌謡ショーあり、剣劇あり、愛と冒険と涙と笑いの2時間半です。

またたくさんのあっきー友(全国からの!)に会えたこと、お話ができたこともうれしかったです。劇場って、舞台そのもの以外にも人と出会う楽しみがあるんですよね。みなさま、短い時間でしたがお会いできてよかったです。声かけてくださってどうもありがとう。

でもそんないろいろと余韻や感慨に浸ってる余裕もなく、軽く食事とお茶の後は次の会場、川崎へ。千秋楽終わって変なテンション(かもしれない)のあっきーにまたすぐ会える♪

今日はここまで。おやすみなさいsleepy

« コメディアンとアクチュール | トップページ | スカパー!daysに新番組紹介 »

コメント

「コメディアンとアクチュール」に続き、長文レポ、ありがとうございます。涙したり笑ったり楽しく読ませていただきました。
『訓練よりも周りの「人」からもらう愛とエネルギーで生きている』とは本当にそうだなと思いました。努力だけでは行けない領域にあっきーはいると思うからです。
本当にあんな光秀がいた気がしてますlovely
それから、マダムキラーの銀ちゃん(家康)が前のお客さんに「奥さん、お手伝いすることありませんか?」とか言ってたのが受けました(笑)

>kuriさん
そうだった!銀ちゃん(ちゃんづけかい)そんなこと言ってました~(爆)
可笑しかったですね~。メイサさんのスタッフブログによると少し前からみなさん練習してたみたいで、最後の最後のサプライズ、サービス精神には頭が下がります。
長文ぜんぶ読んでくださってありがとうございます。
そうですね、あっきーは普通のミュージカルアクター(を目指す人も含め)が血のにじむような努力をして身につけるような技術(たとえばセリフと歌の自然な流れ)を生来持っている。それが彼の大きな才能であり「並みの男じゃない」所以でもあります。(もし努力してたらごめんcoldsweats01)
その価値を自覚した上で自分が一番輝いていられる場所をみつけてくれたらいいなと思います。(なんかエラそー)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/30236801

この記事へのトラックバック一覧です: 「女信長」東京公演千秋楽:

« コメディアンとアクチュール | トップページ | スカパー!daysに新番組紹介 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ