あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 11月のコンサート | トップページ | 今日は「女信長」東京千秋楽 »

2009年6月20日 (土)

見てます見てます、ちゃんと。

女信長、今日はマチソワしてきました。3回目&4回目です。

何も書けなくてごめんなさい。一言で言うと仕事で疲れて気力がわかないcoldsweats01

3月の大阪出張から始まったプロジェクトが、過酷な環境ながらやっと波に乗ってきて先が見えてきた矢先に突然の打ち切り。そのクロージングデイがちょうど女信長の初日でした。いろんな意味で緊張が一気に解けたらなんだか気が抜けちゃって。

その後通常業務に戻ったけど、帰ってきてみたらこのご時世を反映してか、なんだかいろいろとウルサくなった上に仕事がきつくなっていたsweat02

そういうわけで、まずは劇場に行くこと。それだけで力尽きてます。

が、始まったと思ったらもう明日が千秋楽。その前に2~4回目の観劇について簡単にでも書いておかないと。でも途中でまた力尽きたらごめんbearing

観劇日はまとめて、

6月14日(日) 14:00 B列サブセンター、センター寄り通路側
6月20日(土) 12:00 XE列ど真ん中
6月20日(土) 17:00 C列センター上手寄り通路側

ここでちょっと待って。お風呂入ってきます。

出ました。大丈夫、寝てないから。

14日、初日からは大きく進化してました。流れはスムーズ、スピード感もあり、ギャグやアドリブのタイミングもいい感じ。しかしこうなるとますます新感線ライク、しかもやや迫力不足の新感線舞台みたいな感じになって個人的にはやや不利ですsweat01 そしてできれば初日にこのくらいのレベルで見せてほしかった。

背景に様々な映像(騎馬、積み上げられた骸骨、教会のステンドグラス、仁王様、炎etc.)使ったり、回想シーンが織り込まれたり、細かい演出はなかなかGood。帰蝶と光秀が父親の道三によって引き裂かれる場面はちゃんと石田さんが道三役で芸が細かい。あ、でも青山劇場で「盆」が回らない舞台見たの初めてかもしれない。使う場面なかったのね。

黒木メイサさんの演技がこじんまりしてるように見えたのは初日2階席からだったせいかな?と思ったけど、前方列で見てもあまり印象変わらず。たださすがに近くで見ると美しさが半端じゃない。顔はちっちゃく、完璧なライン、素晴らしいプロポーション、主役オーラが後光のように射してまぶしいほど。あんまり汗もかかないの。長政の前できゃぴっとなるのもだいぶ吹っ切れたみたい。(まだちょっと無理してるっぽいけどねcoldsweats01)

今日はやっと「若い」「カワイイ」男の子たちを観察する余裕が出てきまして(やっぱり最初はあっきーだけ追ってるからね)、1幕の中森明菜も上半身裸のみなさん(いい体してますね~)をチェックしてたらあまり気にならず(爆)いや~、目の保養させていただきました。(完全オバサン目線lovely) 特に今川義元の血を帯びたような赤い唇にはちょっと萌(笑)

舞台そのもの、っていうか、原作のもつある種のいやらしさや不愉快な視点はどうしても気になるものの、原作読んでまったく理解できなかった本能寺で何が起きたか?がやっと納得できたのはまあ、よかったかな。

相変わらず女女うるさい。「女だから」「女なのに」「女で何が悪い」「女であっても」「女にしかできない」「女が生きるのはただ男のためだけに」そして道三が「愛しい娘」に投げかける言葉。これが最悪。いくら芝居でも作り話でも、当時はそういう価値観だったとしても。気分が悪くなる。

アンケートに毎回書いてるけど、印象的なセリフ、場面としては「愛してはいない」「利用しただけ」という二人の男の言葉の対比。長政と光秀。その言葉の奥の思いの相違、特に光秀が女として崩れそうになる信長に対して投げかける「愛してるはずないだろう!」というセリフで信長の家臣から一人の男に切り替わる場面は鳥肌が立つほど。あっきー、うまい!と思わず心の中で舌を巻く。いつの間にこんなに「できる」俳優になったのだろう。マジびっくりです。ちょっと気張りすぎ?と思うセリフ回しもあるけれど、概ね落ち着いて、男としても家臣としても桔梗の花言葉どおりの「誠実」なキャラを演じて歌も含めかなりおいしいとこもらってるよね~。いい役もらえてよかったねscissors わたしもこんなあっきー見られると思ってなかったから無茶苦茶うれしい。

このへんで見た人にだけわかる(かもしれない)日替わりネタとアドリブ集。記憶違いはご勘弁。

斉藤道三登場で犬千代→初日、14日「不倫は文化だって言った人だ」20日「時代劇なのに靴下はいてない」
アルマスペルマネンテス→初日忘れました;14日「アルマジロの甲羅は堅い」20日マチソワとも「有馬温泉」
手柄に応じて報償を→初日、14日「愛しさと切なさと心強さと」20日マチソワ「部屋とYシャツとわたし」
秀吉のバックフリップにフロイス→初日、14日「スーパーモンキー!」20日マチソワ「モンキーマジック♪」
秀吉のツッコミ→初日、14日「変な髪型」、20日マチソワとも「よだれかけ」ソワレでフロイスがその「よだれかけ」を外して光秀に着けてみたら、案外似合ってました(笑)
将軍義昭のほっぺの文字→気がついたのが遅かったので、20日マチネ「かわいいの」ソワレ「ぼくチン」
長政の暴走→「Yes, we can!」20日ソワレ「(自分で言っておいて)南蛮言葉はやめろ!こうなったら伝家の宝刀長政を…」
お長と濃姫のおばさん合戦→初日、14日「はっきり言うわね」20日マチネ「そんなリアルな話を」ソワレはここがなくて、次の「(お長のように)色キ○○イじゃない」ってところ「もう一回♪もう一回♪なんてカマトトなおねだりはしない」になって、捨て台詞で「色キ○○イ!」って言ってました。
最初にオバサン連呼したお市を有森濃姫本気で殴ってたような(爆)

これは日替わりではないけれど。今日初めてシャレだって気がついたので。
「誰もドリフを見やしません」→「(身分で待遇が決まるなら)誰も努力をしません」
「あの日」についてしつこく食い下がるフロイス、光秀に「ハウス!」dogって言われたときのちょっと恨みがましい表情が可愛い(笑)

一度は付いて行けなくて信長の元を去った家臣たちが戻ってくる本能寺の炎上(本物の炎が上がって顔が熱い)シーンは圧巻。

他にもいろいろ印象的なシーンはあるけれど、濃姫がお長の胸をがしっとつかむ場面ではどうしても「SHIROH」のお蜜さんと寿安さんを思い出しちゃうbleah

光秀の衣装、初日レポにディナージャケット風と書いたけど、あれはどう見てもナイトガウンだわね。思い違い。

歌は4か所で、それは変わらないけど、2幕で歌う「愛にいきる」は、比叡山の後が1番で、本能寺が2番かな。同じ歌だけど歌詞が違うことに今日気がついたので。この歌が一番あっきーらしいバラードと思います。エンディングの「Desert Rose」
も鮮烈なイメージで、最後の一拍置いてからの伸びが驚異的。サントラCD出してくれないかな。

あら、ごめんなさい、だらだら思いつくままに書いてたらエライ長くなっちゃったcoldsweats02
ほんとはまだあるけど、ここで一旦アップ。

カーテンコールのこと書き忘れました。昨日のソワレ、舞台の出来もよかったし、カテコは4回(5回?)もあって2回目からはスタオベで盛り上がってすごく暖かい雰囲気でした。あっきーも「明日は千秋楽です。最後まで応援よろしくお願いします」って。はい!もちろんgood

« 11月のコンサート | トップページ | 今日は「女信長」東京千秋楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/30204829

この記事へのトラックバック一覧です: 見てます見てます、ちゃんと。:

« 11月のコンサート | トップページ | 今日は「女信長」東京千秋楽 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ