あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ACCIDENTS初日 | トップページ | 中川晃教 コンサート2009 »

2009年2月13日 (金)

ラストシーンに込められたメッセージ

「ACCIDENTS」初日の舞台を当日券で見て来ました。

1時間45分。休憩なし。客席は椅子席もちろん、床に座布団の桟敷席まで満席。超猿に対する期待感と同じ熱さで出演者のみなさんも観客もこの初日を迎えたことを思うと胸が一杯になりました。

ストプレ、ミュージカル、京劇、ダンス、アクロバット、様々な分野から集まった才能が集結、ちょっと可笑しくちょっとシュールで不思議な7つの短い物語を紡ぎ出します。物語をつなぐダンス、アクロバット、京劇の殺陣がカッコよかった~。みんなすごい。一人一人がすごい。<ボキャ貧ですいませんsweat01

それぞれのストーリーや解釈はかなり見る人の感覚に委ねられてる感じだし、これからご覧になる方には、ぜひ自分で見てびっくりしてほしいので、今はまだ書きません。でもそれぞれとてもおもしろい。その並べ方や音楽の使い方も絶妙なら、つなぎのダンスも含め流れがスムーズで2時間近く休憩なしでもまったく飽きません。

超猿の上演が実現していれば見られたはずの場面(の幻)がふっと浮かぶような場面もありました。ああ…

そしてラストシーン。にぎやかなフィナーレが突然の暗転。ここにすべての思いが凝縮されている、と思いました。その瞬間、この舞台を作り上げてきたキャスト・スタッフの超猿にかけた情熱、そして断ち切られた思いと胸の痛みを客席側も共有できたような気がします。

ところであっきーはどこ?予告どおりちゃんといました。(そりゃそうだ)

普通にキャストの中に溶け込んで、一緒に場面転換の大道具や小道具を一緒に運び、自然な流れで登場し、期待されたように場面にふさわしく歌い、短い出番でもあっきーらしくその役を「生きて」いました。

歌い演じるあっきーを、舞台とは細いテープ一本で仕切られた平土間の桟敷席から至近距離で見られてうれしかったです。これは遅れてきた役得。しかも歌は生歌も生歌、マイクも通さず、アカペラですから。こんなの初めて。

役柄か、少しうるんだようなまなざしと、小さいながら芯のある歌声。カーテンコールでの笑顔。それだけで十分でした。あっきー、ありがとう。そしておめでとう。初日を超猿仲間たちと一緒に迎えられて本当によかったね。shine

昨日おわくりブログ読んだときは、そんなあやふやなことブログに書いて気持ちを揺すらないで、と思った。はっきり言えば傷ついた。でも今思うと、来られる人は限られるかもしれないけどできるだけ早く都合がつけられるように、というギリギリの善意だったんじゃないかと思う。現にわたしもがんばれた。

ほんとは行くつもりじゃなかったし、チケット完売だし、当日券に並ぶには早退できない仕事がある。だから行けない。と思ったけど。

お昼の少し前におわくりブログが更新されてることに気がつき、あっきーが本当に出るとわかってから、情けないことにずっとべそべそしちゃってweep

2時くらいまで泣いてて(笑)、それから時計とにらめっこ。間に合わないかもしれないけど行くだけ行ってみようって決めました。行って入れなくてもそれはそれで仕方ない。できるだけのことはしたのだからとあきらめがつく。このまま泣いててもしょうがないって。

元々は植本潤さんの朗読劇を見ようと思っていたこの日。仕事の締め切りが入って無理とあきらめたのに、自分でも驚くほどの集中力で普段なら残業必至の仕事を6時には片付け、地下鉄に飛び乗っていました。

会場に着いたのは開演10分前。外で並んでいるお客の整理をしていた背の高いきれいな女性に当日券がまだあるか尋ねたら、予約のお客さまを入れてから様子見てご案内するので少しお待ちいただけますか?とのこと。スタッフかと思ったら徳垣友子さんでした。よく見ると他にもお客の相手や予約チケットticket渡してるのもキャストの方々??もうすぐ開演なのに。

ほんとに小劇場のノリ。っていうか実際小劇場だし。昔のシアターグリーンとか思い出す。スタジオライフだって今ほどメジャーじゃなかったときはこんな感じだった。

結局当日の人も全員中には入れたと思います。わたしの後にも遅れていらした方が何人もいたから。桟敷席、2列あって、前列が薄い柔らかい座布団3枚重ねた席、わたしはこれでしたがやっぱりちょっとお尻が痛かったのと足が痺れました(笑)。後列は少し高さのあるクッションで、こっちの方がいくらか楽かも。

「俳優じゃない」1年間を過ごした後の最初の舞台がこんなお芝居の原点みたいな小劇場だったというのも何か意味があるのかもしれないね。

何もかもいつか超猿の公演が実現するときのために。この潮流がみんなをよりパーフェクトな超猿舞台へと運んでくれますように。ラストシーンはその日のためのプレリュード。

当日券は明日も出るようです。あきらめないで、行ける方はこれからでもどうぞ見てやってください。

わたしはまたあさって、当初の予定通り夜公演に。たまたま初日と千秋楽を見ることになりますが、詳しい感想はその後にでも書けたら。

公演情報はここにまとめる予定。
http://hildaslullaby.cocolog-nifty.com/note/accidents.html

あ、そうそう、見終わってわたしにとって人生最大のACCIDENTは、中川晃教に出会ってしまったことかな、とちょっと思った(爆)

« ACCIDENTS初日 | トップページ | 中川晃教 コンサート2009 »

コメント

私も、頑張って言って来る!
アッキーの歌声とみなさんのお芝居見に!
ありがとう。今日も当日券あるのね!
いつも情報教えてくれてありがとう(^^)

いつもいつも読ませて頂いています。
本当に感謝しています。eye
あっきーのライブも舞台もまだ一度も実際に見たことはありませんが、
こちらのブログを読むことで、あっきーの近くにいる気がして、嬉しいです。
ありがとうございます。sign03

突然決まったこの舞台 まさに血の出るような思いでつくり上げられたものだったのでしょうね。思い切って当日券でご覧になられた事 ホントに良かった。彼の出演はプレゼントだと思います。返してほしかった聞けるはずの歌声。それが聴けた。それを私たちにも分けて下さってありがとうございます。

普通の舞台では観る事のできないような色々な分野で活躍される方々が集まっての舞台。
超猿という「今まで観たことのないような舞台」の縁。
貴重な舞台。観にいけない私たちに レポ気長に待ってますのでよろしくお願いします(笑)
春の足音がしてきました~confident

hildaさん、昨日はお疲れ様でした。開演時間に間に合って、良かったですね。小劇場の雰囲気も楽しめたし、出演者と観客が一体となれた舞台で良かったですね。

小劇場でお芝居観ていた10年前位を懐かしく思って観ていました。
アッキー、皆さんの中に溶けあっていましたね。
アッキーに出会ってしまった「ACCIDENTS」、
座布団一枚です。(笑)

みなさん、すみません~。coldsweats01
コメントたくさんありがとうございました。

>テイアさん
昨日はご覧になれたみたいでよかったですね!定員をはるかに超えて連日超満員、舞台も大成功でよかったよかった。

>遠距離ファンさん
初めまして!コメントありがとうございます。わたしの拙いレポで少しでもその場の空気を感じていただけてるならわたしもうれしいです。
あっきーはなんといっても生歌が最高ですから、遠距離ファンさんもできるだけ早い機会にあっきーのライブや舞台をご覧になれるようにお祈りします。次は4月のコンサートが決まってますね。いらっしゃれるといいですね。

>JTさん
まさに初日に春一番が吹き荒れました(笑)春を運んできてくれた?この公演が超猿関係者、楽しみにしていた観客を元気づけてくれたと思います。
けっこう無理しましたが、見られて本当によかったです。あっきーの出演はほんとにすてきな「オマケ」でした。でも彼にとっても特別な体験になったんじゃないかと思います。ここからまた新しいステージに向かうための。
レポちょっと待ってください~。

>kuriさん
お疲れ様でした!初日ご一緒できてうれしかったです。良い舞台でしたね。普通なら共演することもないような俳優さんたちをひとつの舞台で見られてとってもお得でした(笑)次回は超猿公演でまた会えますように!

>恵さん
座布団ありがとうございます(笑)
わたしもん十年前の小劇場ブームの頃を思い出しました。
こんな小さな小屋で演じるあっきーを見ることになるなんて、まったく意外で新鮮な感動がありました。キャストのみなさん、一人一人が素晴らしい才能をお持ちで、これが超猿舞台で最高のエンターテイメントとして結晶していたらどんなだっただろう?と想像してみました。きっといつかもっともっと素晴らしい舞台に仕上がってわたしたちの前に現れるだろうと期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/28065179

この記事へのトラックバック一覧です: ラストシーンに込められたメッセージ:

« ACCIDENTS初日 | トップページ | 中川晃教 コンサート2009 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ