あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 神楽坂通勤 | トップページ | 目指せ!今年の流行語大賞! »

2009年2月15日 (日)

言葉はいらない

「ACCIDENTS」千秋楽からの帰り道、この思いをどんな風に書き始めようか、ずっと考えていました。ぴったりの言葉はまだみつからないけれど、忘れないうちにまずカーテンコールのことを書いておこうと思います。

フィナーレのようににぎやかなダンスシーンのタイトルが「リハーサル」であることに今日気がつきました。突然止まる音楽。そのまま呆然として動けない人々。そして暗転。
稽古に熱が入り、みんなが力を合わせて良い舞台を作り上げる自信と見通しができてきた矢先の公演中止という、ありえない、あってはならない出来事を否が応でも思い起こさせる、胸の痛む幕切れです。

そのラストシーンからカーテンコールまで涙が止まりませんでした。
初日があって千秋楽がある。そんな当たり前(と思われた)のことがこんなにうれしいなんて。

わたしの聞き違いでなければ、今日のカーテンコールで、園岡新太郎さんのご挨拶には「スーパーモンキー」という言葉はありませんでした。なくてもわかる。
同じスタッフキャストで千秋楽を迎えられた。見届けてくださったお客様に感謝します」とおっしゃってたと思います。
(おそらく)すべての観客は事情を知った上でここにいる。あの衝撃と絶望の時を共有した人々。そして超猿の復活を心から祈り、信じる人々。その一人としてこの公演の初日と千秋楽に立ち会えたことを心から幸せに思います。

今日のカーテンコール、2度目の登場では演出家の石丸さん、照明音響担当さん(すべてボランティアだそうです)のご紹介がありました。その石丸さんは開演前に座席をチェックしたり、お客様をご案内したり、追加の椅子を運んだり、上演時間のお知らせなどしてくださった方でした。
あっきーが足でカウント取り始めたのでおや?と思ってたら園岡さんのキューで歌い始めました。最初「Wooo~w」みたいな感じで何の歌かわからなかったのですが、ちゃんと歌い始めたら、もう一度「上を向いて歩こう」でした。キャストのみなさんのコーラスが続き、園岡さんの「よろしかったらみなさんもご一緒に」の掛け声で客席も一緒の大合唱となりました。歌詞が書かれたカンペ(笑)シートも現れましたが、なぜかみなさん同じところで歌詞につまって途中ハミングになったのが可笑しかったです。

あっきーは結局すべての公演に参加できました。
だったら初めからブログにもそう書いてくれたらよかったのに、と思うけどテレビの撮影スケジュールが本当になかなか確定しなかったみたいなのではっきりとは書けなかったのかもね。みんなと一緒に初日を迎え、一緒に千秋楽を迎えることができて本当によかった!

カーテンコールでは感極まったような表情で、お辞儀したあと一人なかなか顔を上げないと思ったら、目が真っ赤でした。よかった。ほんとうによかった。こんなこともちろん二度とあってはいけないけど、あっきー(だけじゃないけど)はこの出来事で何ものにも替えがたい何かとてつもなく大きなものを得たのかもしれない、と思いました。

終演後帰宅するお客様を並んでお見送りしてくださったキャストのみなさんと石丸さんにこの公演のお礼と「超猿いつかきっとまたできますよね、がんばってください」と声をかけることができ、みなさんからも「はい、必ず!」と力強いお返事をいただきました。初日にもお見送りあったんですけど、心の準備できてなくて何も言えなかったので、今日はちゃんと伝えることができてよかったです。
あっきーも一人一人のお客様にご挨拶してました。わたしも超猿きっと見れますよね?信じてますって言ったら「がんばります」って言ってくれました。

舞台内容についてはまたのちほど。今晩書けるかな。でも忘れないうちにがんばります。ほんとに楽しい舞台でした。

ありがとう、すべての超猿スタッフ&キャストのみなさん。
ありがとう、あっきー。
だいじょうぶ、これだけの才能と実力ある人たちが集まって作りかけてた舞台だもの、絶対に絶対にいつか実現するから!

« 神楽坂通勤 | トップページ | 目指せ!今年の流行語大賞! »

コメント

おぉ〜!今日もあっきー出演できたんですね!
あの時から魂が抜けきっていて何もする気力がなかったのですが、コンサート情報とhildaさんのレポで元気と勇気が湧いてきました!!!いつも幸せのおすそ分けをしていただいて本当にありがとうございますheart04

「ACCIDENTS」初日と千秋樂の空間を共有出来、
本当に良かったですね。

今日皆さんと一緒に「上を向いて歩こう」歌いたかった!

でも観たくても観れない方がたくさんいらした中で、「ACCIDENTS」の空間を共有出来たこと、
幸せに思っています。
「SUPER MONKEY」上演へ向けての皆さんの熱い思い、感じ取れたのですから。

「SUPER MONKEY」は必ず上演される!
初日を信じて待ちたい!
と思います。

千秋楽、感動のフィナーレの様子を細かく教えていただいて、一緒にその場にいたような錯覚に陥りましたcrying それに、超猿についても少し希望が見えてきました。
于躍さんも頑張ってたみたいだし…本当によかった。これで于躍さんファンが増えたら…複雑。(余談ですが)彼らは10歳頃から京劇の学校で学んでいて、中国武術なども基礎から叩き込まれているので動きが美しい。そこにヒトメボレしました。鬼のメイクで素顔が見えないのにヒトメボレですheart02
彼の様子なども(ついでに)お聞かせ願えたらと思います。今夜はありがとうございました。

良かったです!今日だけって友達もいたので、アッキーの歌声聞けて(^^)
そうですよね。あの小さい箱でぎゅうぎゅうしてくれた、お客さんにも感謝で、
すばらしい空間を、共に出来て、みなさんの素晴らしいいろいろ見れて、そして、アッキーの歌声聞けて、私も感動だったのですが、
アッキーにも感動があったんですね。
そして、いつの日かの「超猿」が見れることを信じて、みなさんに感謝です!

カンペは三越の包装紙でしたよ(笑)

あの空間、時間を共有できたことに
感謝したいです。

アッキーは「ありがとう!」って
笑顔で行ってくれたけど胸がいっぱいで
言葉が出てこなかったです。

やばい、会社なのに書いてるそばから
涙が出ちゃう。

>ハルさん
今日はいないかも、って思って行ったから、とっても大きなオマケbellをもらったような気分でした。
あっきーにとってもファンのみんなにとっても本当につらい日々でしたが、やっと春の日差しsunが見えてきましたね。

>恵さん
本当に限られた人だけに与えられた機会でしたが、あの場にいられてわたしたち幸せでしたよね。本当ならもっともっとたくさんの人がこのキャストの舞台を目撃し、あっきーの歌も聞けたことを思うとheart03胸がぎゅっと押しつぶされる思いです。
でも超猿の幕はきっと開く!さらに確信した夜でした。

>かしこさん
すみません、わたしは張さんに惚れました~coldsweats01(爆)
でももちろん于躍さんもお二人とも動きの美しさ、止めポーズのかっこよさは同じですね。長く厳しい鍛錬の成果なんですね。これを機会に京劇に対する興味も沸いてきました。普通なら共演も考えられなかった人々が集まって作り上げる「これまで誰も見たことのない」舞台、いつかきっとgood

>テイアさん
よかったですね。わたしたちも感動heart02したけど、あっきーも他のキャストスタッフのみなさんも大きな感動もらえたと思いますよ。
あの狭い空間にぎっしり詰め掛けた人々の心は確実に届いてるはずです。超猿ほんとに期待して待ってましょうね。

>tabibitoさん
昨日はお会いできてよかったです。千秋楽ご一緒できて本当にうれしかったですよ。カンペは三越の包装紙でしたか?happy02楽しい情報ありがとうございます。sweat02涙でいっぱいのカーテンコールでしたが、これはもう悲しみでも悔し涙でもない。明日に向かう力がもらえた喜びの涙ですから。わたしもがんばらなきゃって思いました。rock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/28112160

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉はいらない:

« 神楽坂通勤 | トップページ | 目指せ!今年の流行語大賞! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ