あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« チケット代振り込み予約は明日まで | トップページ | 6月に舞台出演決定! »

2009年2月18日 (水)

ACCIDENTSその2

今回の公演の白眉ともいえるエピソード。以下のレポ中のセリフは実際のものとは違いますので予めご了承ください。

5th accident 「コウモリ」
山中陽子、徳垣友子、石田佳央、張春祥、于躍

(↑に名前がないが、舞台左右サイドに各3~4人の役者が並んで正座している)
舞台中央にテーブルセット。椅子は向き合わせに左右2脚。右手の椅子に男(石田佳央)が腰掛けている。舞台の奥で悩めるポーズの女(山中陽子)。BGMはベット・ミドラー(が歌ってるバージョンかどうかは不明)の「ROSE」。ちなみにこのBGMは女の合図でかかったり止まったりする。

「わたしたち別れましょう」
「ああ、そうだな。別れよう」
あっさり承諾する男に女が逆ギレ。本当は別れる気はなく、男の気持ちをはっきりさせたいだけのよう。
「オレはいいよ、どっちでも」
「どっちでもって」
「別れても別れなくても。優柔不断なんだよ」
「威張れることじゃないでしょう!」

「わたしまだ一度もあなたのお友だちに紹介されてない。どうして?わたしがオバサンだから?」
「おまえみたいのはオバサンじゃなくて、大人っぽいって言うんだよ」
「ちゃんとカノジョだって紹介して」
「だって俺たち別れるんだろう」
「紹介してくれないなら、お金返して!」
「そんなに紹介してほしかったのか…」
男と女の話し合いはなかなかかみ合わない。
しまいには「ぱりんっ」(左右に並んだ役者たちが効果音)と女の(ガラスの?)心が割れてしまう。
このとき女がいきなり前転、続いてバックフリップ!おぉ~っと客席どよめく(笑)
この後もうひとつ見せ場があったような気がするけど忘れた。

ピンポーンとチャイムが鳴る。もうひとりの女(徳垣友子)が買い物袋を下げて入ってくる。
「ちょうどこっちに来る用があったから来ちゃった」
最初の女を見て。「あら、今日子」知り合いらしい。気まずい雰囲気。
女2は構わず男に抱きついたりテーブルに食べ物を広げだす。
女1「二股かけてたのね」
女2「ゆうじさん、今日子なんかとつきあってたの」
女1「なんかって何よ!」
女2「帰ってよ」
女1男に「どっちか決めて!先に帰る方を」
男「二人とも帰ってくれ。来るときは電話くらいしろ」

左右に並んだ役者たちがワイヤーの先につけたコウモリを羽ばたかせる。
男「何??」
女2「わたしの中のコウモリがざわめいたの」
男「おれ、こんなすごい人たちとつきあってたのか」
女1「すごいって何が」
男「超能力とかユリゲラーとか。幽体離脱とかチャネリングとか、スプーン曲げとかできちゃうわけ?」
女たち「誰だってできるわよ!」「潜在意識に隠れてるだけ」「だって恋愛ってテレパシーでしょう?」

女たち、とっくみあいのケンカになる。
お互い髪の毛を一本抜いて、「分身!」と叫ぶと、BGMが「燃えよドラゴン」に。それぞれの分身が現れ、中華服の男たち(白:于躍、黒:張春祥)がカンフーのような動きで闘い始める。

男「あのさ、ほれたはれたより大事なことあるでしょう。ドイツとかロシアとか大変なことになってるし、今こうしてる間にもボートピープルは海をさまよってるし、アフリカの子どもたちは飢えてるし、北方領土とか北朝鮮とかもっと考えなくちゃいけないことたくさんあるでしょう」女たちまったく無視。
男「現実の恋愛にテレビドラマみたいにBGMはかからないんだ」
女たち「あら!わたしかかるわよ!」指を鳴らすと再び「ROSE」が流れる。
「恋愛くらいドラマチックにいきたいわよ」声を合わせて「ね~」突然結束する女たち。

ピンポーン。
チャイムが鳴る。
暗転。

Dance~WOMAN POWER 2009
徳垣友子、山中陽子、張春祥、于躍
齋藤久美子、関根あすか、谷須美子、谷口沙紀

ダンスチーム(徳垣友子、谷須美子、谷口沙紀)、アクロバットチーム(山中陽子、齋藤久美子、関根あすか)、京劇チーム(張春祥、于躍)による素晴らしいコラボダンス。さっきまでコウモリ振ってた人々も入ってたような気がする。(初日はコウモリ全員女性だったのが、千秋楽は男性が一人混じってました。誰かお休みだったのかな)
京劇チームは張さんが棒槍、于躍さんが青龍刀?を使った殺陣を見せてくれて迫力あり。
ダンス、アクロバットとも見ごたえあって、あの狭い空間でよくこの3チームを動かしたものだ。振付の佐々木しんじゅさん、ぐっじょぶgood

とにかく女たちがパワフル。石田さんたじたじ。ちょっとどのタイミングか忘れたけど、左右の人たちが黒子のように赤い布を広げて山中さんの「女の情念」を表現してたのも印象的。山中さん、前方後方宙返り、自由自在ですごかった。一番拍手喝さいもらってました。もちろん他のG-Rocketsのみなさん、ダンスチームの三人も美しくかっこよかったです。
女たちの中にひそむパワーとエネルギーと乙女心(笑)を照らし出す脚本、音楽、音響、照明とも絶妙のタイミングで最高に笑わせていただきました。
孫悟空の分身の術のパロディ?のような場面もあり、あっきーの分身のお猿さんたちが目に浮かぶようでした。京劇チームのブルース・リーVSジャッキー・チェンみたいな素手の闘いから、長槍を回し、しなる剣を床に打ちつけながらの殺陣を目の前で見られて大迫力。白黒の衣装で善悪の分身を表現してたのもちょっと胸にずきっと来たりして。でも楽しかった。

さて、続き書く体力あるかな?

« チケット代振り込み予約は明日まで | トップページ | 6月に舞台出演決定! »

コメント

インパクト強かった「コウモリ」のシーン
蘇ります。
ありがとうございます。

また90万アクセスおめでとうございます。
これからも自然体でのアッキー語り、
よろしくお願い致します。

90マンアクセスおめでとうございます!
私は、パンフ当日券だったんで、題名もわからないので、そうんな題名だったのね!
あのシーンは、笑っちゃったし、楽しかったし、かっこよかったしで、いろいろ見せ場が
一杯でしたね。ありがとう、蘇って、
笑ってます!そして、これが、超猿で見せるはずだったのね!と思うと、なぜか涙が出ちゃった。複雑な私でした。

>恵さん
あのおもしろさ、1/10も伝えきれてませんがsweat01自分の記憶をたぐりよせるマーキングになれば。ほんと、楽しかったですよね。

>テイアさん
プログラムというかキャスト表が席に置いてありましたが、もう品切れだったんでしょうか?各タイトルとキャスト表を公演情報にまとめてありますので、よかったらご覧くださいね。(→サイドバー、あっきーこれまでの出演情報のリンク)
超猿で見られたはずのあっきーの立ち回り。チラッと片鱗を見せてもらえてうれしかったです。

お二人ともお祝いの言葉ありがとうございました~。これからもよろしくお願いします。

hildaさん、ありがとうございます。
文字で読んでもとっても面白いです。
女性の対決(お二人とも美しい~~)見ごたえあったでしょうね。複雑に変化する心境。
草食男性の優柔不断さ。
「だって恋愛ってテレパシーでしょう」…そうなんだ(爆)だから自由自在にコウモリなんだ~・・・ほんとに・・・みたかったです。
身体能力の高い皆さん。美しかっただろうな。
地方公演も考えてみてくださ~~い。
えっとどこにお願いすればよいのでしょう(笑)

hildaさんいつもありがとうございます。
コウモリ 堪能しました。身につまされるようなセリフもあり…(えっ?)観たかった~(何度同じことを言ったやらbearing
本来なら日生劇場で観られるはずだった、彼らのアクションです。小さな劇場ですがそれでも多くの方に観ていただき、応援もしていただき、これはこれで満足の得られるものだったのではないかと(勝手に)思いました。
地方公演、私も大賛成です。ちなみに5月に新潮劇院の京劇公演ありますよscissors

ありがとうございます。
文字で読んでも
すごく楽しめた舞台だったという事が良く解りました。
プロの集まりなんですね。
「恋愛はテレパシー‥」って、そうなんだ!すっかり忘れてました(笑)

地方公演賛成です、
私もお願いしたいな~

>JTさん
ほんとに。あの5公演だけじゃもったいない!関係者さんにリクエストしたいですね~。燃える女たちと薄い(笑)割には二股三股?妙に精力的な男。草食系なんですかね、最近の流行?bleah
コウモリって確か超音波で交信?するんですよね。一種のテレパシーなのか~。

>かしこさん
あの小さな空間で、とても贅沢な体験させていただきました。ほんとにもっとたくさんの方に見ていただきたかったです。
5月の京劇、孫悟空あるんですよね。ちょっと気になってます。

>ミヤさん
本当にひとりひとり素晴らしい才能と実力の持ち主ばかりで。
ちょっと語弊あるかもしれませんが、こんなことでもなければ、注目することもなかったかもしれないアンサンブルの役者さんたち。こんな形で見ることができたのも超猿中止があったから。逆境をチャンスに変えて、みなさんの実力が発揮できる舞台がまたすぐに巡ってきますように。
地方公演もできたらいいですね~。せめて大阪だけでも…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/28174666

この記事へのトラックバック一覧です: ACCIDENTSその2:

« チケット代振り込み予約は明日まで | トップページ | 6月に舞台出演決定! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ