あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« パパがライバル | トップページ | 加藤久仁生さん作品がアカデミー賞ノミネート »

2009年2月10日 (火)

あの日から1ヶ月

1日1日、いつまでも数えることをやめられません。
記念日にこだわらないあっきーと違ってわたしはしつこいのです。(記念日なのか?)
あの衝撃の公演中止発表から1ヶ月経ちました。
←サイドバーのアクセスランキングは、過去1ヶ月のページ別アクセス数から表示されています。この一ヶ月の集計では、ダントツ超猿公演ページが1位。2位以下を大きく離して1万2千アクセス以上。でもここ1週間で見ると、まだ超猿1位ですが、2位の「夜遊び」記事とはわずかの差です。

こうやって少しずつ新しいニュースに関心が移っていくのは悪いことじゃありません。
わたしたちの悲しみなどお構いなしに、地球は回り、世の中は動いている。人は前に向かって進むべきだし、人間の集中力にも限界があります。
現にわたし自身、あれから2度目3度目の要望メールを送ることに少しずつ躊躇いを感じている。心のどこかで言い訳しながら。

でも忘れない。

忘れないでいることがわたしの闘いと思っています。

繰り返しこのブログで話題にすることも含めて。

忘れず希望を失わず、信じて待つこと。
わたしにできることがあるとしたら、今はそれだけかもしれない。

希望をもつこと
そして待つこと

「ACCIDENTS」は追加公演も含め完売、土地神さまライブも特に夜公演は残席僅少とのこと。超猿キャストのみなさんのブログや稽古場日記を毎日チェックしながら、がんばってと心でつぶやくだけで、何の助けになるかもわからないけど。

« パパがライバル | トップページ | 加藤久仁生さん作品がアカデミー賞ノミネート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/27972678

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から1ヶ月:

« パパがライバル | トップページ | 加藤久仁生さん作品がアカデミー賞ノミネート »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ