あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 「SUPER MONKEY~西遊記~」公演中止が決定 | トップページ | 続報 »

2009年1月11日 (日)

SUPER MONKEY NEVER DIES

この2日間の出来事はあまりにも急展開すぎて、まだ実感として信じることができません。ふとした拍子にこれまでの様々な場面が浮かんできては、あっきーがこの舞台にかけた時間と情熱とエネルギーを思うたびに涙があふれてきてしまいます。

ラヴレターズで初めてあの金髪を見たときの衝撃(苦笑)、孫悟空をやると知ったときにあまりにも似合いすぎて何かの冗談かと思ったこと、777での言葉、サンデーメールや会報でFC会員にだけ吐露した心情。記者会見での力強い所信表明。和央さんとの美しいハーモニー。シアテレWeekly Akinoriからのメッセージ、おわくりブログで和央さんからいただいた帽子をうれしそうにかぶっていた笑顔、プラチナライブで見せてくれた棒術の所作の美しかったこと。筋肉痛。ブリーチした髪の毛の傷みや切れ毛(泣き笑)、年賀状やカレンダーの超猿衣装姿。(テーベの小箱の秘密はもう永遠にわからないの?)そしてつい先週メンバーズサイトにアップされた動画メッセージ。

その努力や思いがすべてとは言わないまでも多くが結実することなく消えてしまうのかと思うとたまらない。もちろんいつも前向きな彼のことだから、人生に無駄なことなんてない、とすべてを次の活動への糧としてくれるとは思うけれど。

そんな中で他のキャストや関係者の公式サイトで公演中止のお知らせがアップされてるのに、あっきー公式サイトも更新されないし、FCメールも届かないで少しやきもきしてたら、深夜1時近くになってやっとNANからのお知らせ、そしてあっきーからのメッセージが届きました。

遅くなったのは、きっといま現在の「素直な言葉」を探っていたからなんですね。その言葉がみつけられずに、(おそらくはあまりに急展開だったので配信するタイミングを失ったと思われる)和央さんの降板を伝えられたときに書いたというメッセージを読んでまた号泣してしまいました。この非常事態にもかかわらず、この舞台を一緒に作り上げてきた仲間たちの力を信じ、自分を信じ、必ずこの舞台の幕を開けてみせる、という力強い決意表明だったから。その願いがまたたった1日で打ち砕かれたことに胸をつかれたのです。

でもその後、ジュディ・オングさんの公式サイトにアップされたメッセージを読み、印象が変わりました。企画者のジュディさんがこの舞台の実現をあきらめていない。このことに強く励まされました。60%は仕上がっていたという舞台の資産(台本、音楽、演出その他)をぜひ生かして新生超猿を目指してほしいです。あっきーがメールで伝えたかった思いも同じかもしれません。いいえ、きっとそうです。

「スーパー・モンキー」はこれでは終わりません。
この悔しさを100倍の力にして、復帰の道を歩き始めます。

この言葉を信じ、中川晃教の力を信じ、再演の日を楽しみに待ちたいと思います。

和央さんもしっかりお体を治されて、万全の体調で臨んでいただきたい。やっぱりこの二人がいいです。二人のバランスが。それに和央さん、あっきーのこと猿をやるために生まれてきたような人とおっしゃってたけど、わたしは密かに和央さんもちょっと猿っぽいと思ってます(笑)口許、目元のいたずらっぽい表情とか。だからいつかきっとまた、二人のハーモニーを聞かせてくださいね。お願いします。

« 「SUPER MONKEY~西遊記~」公演中止が決定 | トップページ | 続報 »

コメント

アッキーからのメールを見ては号泣して、
また、ここで読みながら号泣してる私ですが、そう、まだ、沈んだわけではないんですよね!
前向きに行かなきゃ!新たに大きくなる
スパーモンキーを楽しみに、アッキーを応援していこうね(^^)今までのアッキーの頑張りを知ってるのは、私たちだから!

ありがとうございます。

hilda様

言葉もありません。
ただただありがとうございます。
ほんとうにありがとうございます。
心から感謝します。

初めてお邪魔します。
和央ようかさんのファンです。
あまりに突然の出来事にただただ驚き
うろたえ心配と無念さで心の整理が出来ません。中川さんのこの作品にかける情熱を知るだけに本当に和央さんのファンとしては言葉もありません。ごめんなさい。
中止に至った松竹さんのコメントには
中川さんと和央さんありきの作品で代役も立てられなっかったとの事。
観たかったなぁ~。との気持ちが募ります。
画像で拝見した二人のデュエットは壮大で
お互いをぶつけ合うような力強く美しいハーモニーでした。
ジュディさんの心強いメッセージがこれからの心の支えです。
出来ることならこの二人で観たいです。
亜細亜からブロードウエイに発信する奇想天外音楽劇を。

私も、深夜のアッキーからのメールを見て泣きました。
アッキーの超猿への、思い入れや情熱の深さを改めて感じ、今の心境を考えると、なかなか眠れませんでした。
いつか必ず、皆さんの思いが詰まった「超猿」に出会える事を信じています。

私も深夜のメールで泣き、先ほどのサンデーメールでも泣いてしまいました。
あっきーの気持ちを考えると・・・
でも、今までの頑張りを知っている私たちが
これからも「超猿」が再び動き出す日を信じて、あっきーのこれからの活動も含めて応援し続けていかなかればと思いました。
それが、あっきーにとっても一番の励みに
なることですよね。
私も気持ちを切り替えなくては。

ジュディさんの強い言葉に、これは新たなスタートだ!
と思いました。

みなさん、たくさんのコメントありがとうございました。レスがすっかり遅くなってしまってごめんなさい。
わたしダメダメだったから、みなさんの心のこもったコメント見て泣いて、また自分の書いたもの読んで泣いて、あっきーのメール読み返してまた泣いて、みたいなことずっと繰り返してぼんやり過ごしてました。
でもいい加減もうわたしも歩き出さないとね。
この記事を書いた後からもいろいろな報道や情報が流れ、ネット上では様々な憶測から爆弾発言まで飛び出して事態は混沌としていますが、もう今さら何がいけなかったとか誰が悪かったとか言い合っても虚しいだけです。気にはなりますが、現場で何が起きていたかなんて、本当には知ることはできないわけですから。
キャストスタッフのみなさんも、いつかきっとこの舞台を上演するんだ、というお気持ちでいらっしゃるのを励みに、わたしも及ばずながら力を尽くしたいと思ってます。
前置きがちょっと長くなってしまったので、個別のレスは次のコメントで。

>テイアさん
わたしも泣いてばかりいてcoldsweats01
でもこの一年、FCにいてあっきーの変化や成長や思いをずっとそばにいて他のメンバーとも共有できてほんとによかったなって、いま思います。
わたしたちだけが知っている。あっきーがどれだけこの舞台にかけていたか。それを胸に、超猿上演が実現するまでずっとご一緒に応援していきましょうね。

>ミミさん
こちらこそありがとう。いまあっきーファンの気持ちはひとつだと思います。あっきーの孫悟空が見たかった。舞台で歌声を聞きたかった。いつか必ず、見られる、聞ける、その日を信じましょう。

>margospikaさん
初めまして、いらっしゃいませ。
和央ようかさんのファンブログを書かれてる方ですよね?すみません、わたしご挨拶もなく時々のぞかせていただいてました。
こういう事態になって、悲しい思いをしているのは誰のファンも一緒だと思います。ましてやまるで和央さんのせいで公演中止になったような現在の報道のされ方の中で、どれだけ身のすくむような思いをされてらっしゃるか。お気の毒と思いこそすれ恨みに思う気持ちはまったくありません。どうぞそんなに恐縮なさらないでください。
愛する人の舞台を見る機会を失った心の痛みは同じです。和央さんの体調が一日も早くご回復されますように祈ってます。

>keiさん
初めまして。keiさんも和央さんのファンなんですね。
margospikaさんにも書きましたが、どうぞ謝らないでください。つらいのはお互いさまですから。
わたしはFC枠で超猿制作発表に出席できた数少ないラッキーなファンの一人だと思いますが、前日にたった一回合わせただけという二人のハーモニーは本当に素晴らしいものでした。出だしの緊張感から、激しくぶつかりあい溶け合っていく終盤まで。あの歌を舞台で、物語の中で聞いてみたかったです。もちろんそのほかの歌も。
ジュディさん、他のスタッフ、キャストのみなさんも上演に向けて希望を持って歩み出しているようですから、いつかきっと見られますよ!期待して待ちましょう。

また長くなってきたので、ここでいったんおわり。続く。

>ももさん
あっきーからの言葉にならないメッセージ、胸にしみましたね。
あっきーだけじゃない、今回各キャストのみなさんのブログなど読ませていただいて、良い舞台を作り上げようとするその熱い思いの深さには本当に心を打たれました。ひとつひとつの舞台はこういう無数のキャスト、スタッフのみなさんの愛や情熱でもって生まれてくるんだなって。
あっきーもみんなもこんなに力を入れて一生懸命それこそ命がけで作り上げようとしていた舞台、絶対にもう一度日の目を見なかったらウソです。今よりもっと進化した超猿が見られることを確信しています。わたしたち、がんばって応援していきましょう!

>pianoさん
わたしもサンデーメールでまた泣きました。いまはまだ未消化で当然です。焦らなくていい。いつかきっと立ち上がって歩き出す。そのそばでわたしたち、あっきーを支えて一緒に歩いていきましょう。
絶対に絶対にこの舞台を実現するんだって、信じて応援していきたいです。
気持ちの切り替え、、、ほんと難しいです。わたしもまだ完全に復活したわけじゃなくて、いまだにふとした拍子に込み上げてきて涙ぐんだりしてますが、元気出していかないと。
あっきーの元気な笑顔と歌声にも早く会いたいですね。

>恵さん
そうですね。わたしたちはいまスタートラインについたばかり。これは長い戦いになると思います。道のりは険しいけど、必ずこの道は「天竺」に続いている、そう信じてこれからも応援し続けましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/27013367

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER MONKEY NEVER DIES:

« 「SUPER MONKEY~西遊記~」公演中止が決定 | トップページ | 続報 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ