あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 超猿復活の日まで | トップページ | ルクスタOVATION発売 »

2009年1月15日 (木)

ミラージュの彼方へ

昨日中川晃教公式サイトのInfoにアップされた、あっきーからのメッセージ(メンバーズサイトにも同文掲載)を読んだ。何度も読んだ。

天竺への旅は4日に始まった?10日ではなく。
1月4日、その日メンバーズサイトに動画がアップされた。今年初めてのサンデーメールが届いた。あっきーらしく大真面目にちょっとややこしい(笑)美候と孫悟空の関係に関する解析と考察。そして最後に「がんばるからね」この言葉が不思議と心に残っていた。

それでは、あっきーはこのときすでにこうなる可能性を予感していたのだ。
おわくりブログに書かれた暮れの最後のお稽古が急にオフになった、それも相手役の不調でお休みになったからかもしれないと今は思う。

この道もその行く先も蜃気楼などではない。
確かな幸せの国、ガンダーラに向けて、わたしも歩こう。ともに。

もう泣かないから。

« 超猿復活の日まで | トップページ | ルクスタOVATION発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/27151821

この記事へのトラックバック一覧です: ミラージュの彼方へ:

« 超猿復活の日まで | トップページ | ルクスタOVATION発売 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ