あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« プラチナな夜のクリスマス・ライブその1 | トップページ | Platinum Christmas Live オンエアー編 »

2008年12月21日 (日)

プラチナな夜のクリスマス・ライブその2

丸ビルでのクリスマスライブの続き、ネタバレトークです。ご注意ください。それといつもどおり、記憶ではだいたいこんな感じっていうだけで、まったく正確じゃないと思いますので、適当に読み流してください。

司会のパーソナリティChigusaさん(この方もとてもキュート)とのトークは、プラチナにまつわる3つのキーワードについて。ピュア(純粋)、 レア(希有)、エターナル(永遠)。この3つともまるであっきーのためにあつらえたみたいな言葉ですね。っていうか、あっきーそのものだ。そしてクリスマスの思い出。

あ、その前に、おわくりについて、去年初めて書いたクリスマスソングだということ、原田真二さんの作曲、斉藤ノブさんやミッキー吉野さんとのコラボで「伝承」をテーマに制作したことなど、話してくれたんですが、これが妙にリキ入ってて、どうしたの??って感じで(笑)

Pure(純粋)
いつも心に持ち続けたいもの。だそうです。雪の白のイメージで。仙台出身だから雪が身近に感じられるとか。

Rare(希有)
何かクリスマスにまつわるレアな思い出は?と聞かれ、年の瀬にお世話になった方に感謝の気持ちをこめて何かしてあげたいのに、「ああ!まだ(何も)渡して なかった!」と気づいた瞬間…と、ここで急に声が大きくなりいきなり立ち上がる。Chigusaさん、あっけに取られて思わず小さく「立った」(笑)
その贈り物を探してるとき、どこかで飲んだホットアップルワインがおいしかったこと。ほっと息をついたら、寒い日で息が白かったこと。それがレアな思い出だそうです(笑)

Eternal(永遠)
クリスマスがあまり得意ではなかったという話は以前から聞いてますが、その理由がわかりました。家族そろって初めてクリスマスを祝おうと買ってきたクリスマスケーキに「なんと驚くものが!」でまた立ち上がった(笑)今度はChigusaさんもちょっと慣れて「また立った、立ちました」と冷静に実況(笑)でもこれラジオだからね~。このおもしろさ、ちょっと伝わりにくいかも。その驚いたものとは?これはラジオ放送まで内緒にしておきましょうか(笑)とにかくそれがトラウマになって、クリスマスが苦手になったらしい。

っていうか、それって永遠についての思い出じゃないしsweat01 どういうつながりだったか、わたしももう忘れました。bleah

さて!永遠といえば!(わたしも力入ってるな)なんったって世界中で一番永遠が似合う男ですから、あっきーは(爆) やっぱりというか、出ましたエジプトネタ。吉村作治さんと一緒に訪れた旅で感じた「青」が表わす再生と永遠。戦争さえ停戦になるというクリスマスにその幸せが永遠に続きますように、という思いを音楽で、また舞台でぼくは伝えていきたい!と、その力説ぶりがまた可笑しくて爆笑happy01 (ごめんね、あっきー4) いや、でもうまくまとめたよね。

続いて料理の話。Chigusaさんが生まれて初めてお料理本を買った話、あっきーはクリスマスに手料理とおいしいお酒でもてなすのが好きという話。「料理は毎日…」するのかと思ったら「作りたいけどできない」って(笑)それはそうでしょう。忙しくて疲れて帰ってできない日の方がきっと多いよね。一人暮らし始めてから最初に作ったのが鶏のつくね鍋で、お父さんに電話してレシピ確認しながら作った話、プルーンとワインで煮込んだスペアリブの話(これ、オレンジページのレシピにあった?)。

最後に来年の予定告知ということで、超猿の稽古が大変、という話。このときの「(稽古)やってます」って言ったときの表情がほんとに大変そうで笑っちゃいました。(ごめんね、あっきー5)筋肉痛もかなりあるらしい。ここでまた突然立ち上がって、お稽古中の棒術というらしいですが、ちょっとその型をやってみせて、「このままワイヤーで吊られたり…」とか言ってたので、やっぱりフライングあるんだ~。決めポーズもかっこよかったですよ。ああ、これほんとにラジオで残念。みんなに見せたかった。今度はChigusaさんも「(テンション)上ると立ち上がるんですね」と客観的に分析(笑)

あっきーの緊張ぶりは至近距離のChigusaさんには一目瞭然だったみたいで、「そばで見てると手が震えてた」って(笑)ほんと?「あんなに堂々と舞台に立てる人がこういう面もあるんですね。でもそこ(ギャップ)がまた女性のみなさんの母性本能くすぐるんでしょうね」とおっしゃってました。そっちも一目瞭然??(爆)

この後岡本真夜さんのライブで、その後もう一度あっきーと三人のトークがあるから、そのままおつきあいくださいというアナウンス。

岡本さんは新しいアルバム「seasons」から4曲。

【セットリスト】
1. 星に願いを  ※キーボード演奏付き
2. 銀色の週末 ※アカペラ曲
3. ディスティニー ※弾き語り
4. Seasons ※キーボード演奏付き

黒のロングドレスにシャンパンゴールドのボレロがクリスマスらしい装いですてきでした。クリスマスの思い出は、パリのシャンゼリゼ通りのイルミネーションだそうです。もうお子さんが小学2年生なんですね、びっくり。

最後もう一度あっきーをまじえて、短いトーク。

このときあっきー、遠慮してか?少し引き気味に立ってたのを岡本さんがもっとこっち、と引っぱってたのを見て、軽くデジャブー。(3年前の福岡ローカル番組によっしーと出演したときの) 楽屋で何度も「ほんとに岡本さんと三人でお話できるんですね」と興奮して確認してたほど楽しみにしてたらしい。岡本さんのことは「大先輩とご一緒できてうれしい」と。

最後の質問は、大切な人にプラチナを贈るとしたら、どんなとき?どんな相手に?でしたが、あっきーは、どちらも「出逢ったとき」って答えてたかな。質問の意図はたぶんどんなシチュエーションでっていうことだったと思うけど、あっきーらしい答えだなと思って。あげたいと思う相手に出会ったとき。あげたいと思うジュエリーに出逢ったとき。そしてそれはもしかしたら、自分へのご褒美かも?って言ってました。
【補足】ラジオでこのトークのところだけ放送されました。質問は正確には、「プラチナを女性に贈るとしたらいつ、どんなシチュエーションで」でした。あっきーはしばらく考えて(ここちょっと短くカットされてたような気がします)、「そういう年がきたとき」と答えました。ふさわしい年齢になったら、ってことかな?それと、「(気に入った)デザインと出逢った瞬間、ピンと直感がきたとき」だそうです。「特別なものにしたい」あっきーからいつかプラチナを贈られる特別な女性は、どんな人でしょうねwink

退場するときは、岡本さんをエスコートしながら、エスカレーターで。客席や吹き抜けから観覧していたみなさんに手をふりながら、去っていきました。

その上りエスカレーターの隣には並んで下りエスカレーターがあったのですが、ちょうどそのとき下りてきたエスカレーターには見慣れたあの方が!(爆)その不思議なすれ違いにあっきーファンはみんな@@な顔してみつめてたと思います。そしてそこには一般のお客様も乗ってらしたんですが、ついでに注目されて視線を感じたか、何事??っていう表情で目を丸くされてたのが申し訳なかったです。ここを読まれることはまずないとは思いますが、こういう訳です。はいwink

Sany0771 Sany0781

Sany0789

画像は、1枚目終演後の丸ビル5階からのながめ、撤収作業中、2枚目はちょっと一杯ひっかけた後なので9時半くらいのステージ。3枚目、外に出たところ、丸の内のイルミネーション。去年の生花ツリーは評判イマイチだったのか、今年はなし。

こんなに長くなるとは!すみません。ありがとうございます、最後まで読んでくださった方。でも放送前に書けてよかった。あ、でもあんまり当てにしないで。

★放送予定:12月23日(火)19:00~19:55
TOKYO FM
周波数:80.0MHz

« プラチナな夜のクリスマス・ライブその1 | トップページ | Platinum Christmas Live オンエアー編 »

コメント

詳細なレポ、ありがとうございますconfident
当日は3階?正面で聴いていました。ラジオを聴く前にいろいろ思い出せてよかったです。上から見ていても、あっきーの緊張具合が・・・と思っていたら、まさか貧血だったとは。でも、そんな中でもあれだけの歌声を聴かせてくれて、あっきーって凄いなあとしみじみ思ってしまいました。
トークも、楽しませてくれましたよねlovely

>pianoさん
遅くなってすみませんsweat01
3階からご覧になってたんですね。あまりよく聞こえなかったと聞きましたが、楽しめたようでよかったです。
歌ってるとき、そんなに具合悪そうに見えなかったから、サンデーメールの告白にびっくりです。でも確かにいつもに比べてもちょっと変でしたよね、あのテンションは。がんばって気持ちupさせなきゃとがんばったんでしょうか。でもちゃんと最後まで歌いきったのはさすがです。
ほんとうにお疲れ様、ありがとうと言いたいです。clover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/26389620

この記事へのトラックバック一覧です: プラチナな夜のクリスマス・ライブその2:

« プラチナな夜のクリスマス・ライブその1 | トップページ | Platinum Christmas Live オンエアー編 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ