あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« Weekly Akinori 更新(第8回) | トップページ | 幸運すぎて罰が当たりませんように »

2008年11月24日 (月)

もうどこにもいない、でもいつもそこにいる

大阪ライブSKINのレポも書かず、三連休何やってたの?と言われそうですが、どうしてもうまくまとめられなくて、ごめんなさい。
代わりに(はならんかsweat01)、ずっと下書き状態で放置していた記事、3会場で見た「SHIROH」について今ごろやっとまとめました。(まとまってないけど) 
直後に書いたものつぎはぎで編集しなおしたから、多少時制の一致(っていうのかな)が取れてないところがあるかもしれませんが、悪しからず。

Sany0250ed

舞浜イクスピアリのセレブレーションプラザ。前日のハロウィン仕様のディスプレイから一晩でクリスマス仕様に入れ替え。徹夜作業だったそうです。

Sany0253 Sany0248 Sany0255

Sany0262 Sany0261

Sany0247

Sany0245_3 この秋のゲキ×シネツアー、首都圏では最後の開催地、舞浜シネマイクスピアリで「SHIROH」を初日(11月1日)に見てきました。
うちから舞浜までは乗り換えなし1本、1時間30分の電車の旅です。

イクスピアリができてから舞浜来たの初めてだったから、シネマイクスピアリにたどりつくまでちょっと迷ってぎりぎりになっちゃって、中入ったらもう予告が始まってて。間に合わなかったかな?と思ったけど、あっきーのナレーションは予告の後、本編始まる直前でした。よかった。これ聞かないと、わざわざゲキ×シネ見にきた意味が半減しちゃう。

イクスピアリのスクリーン、気のせいかいつもより大きく感じました。音も映像もクリアで、段差のある座席も快適。200席以上あったけど、お客さんは真ん中より後ろに集中してて、ざっと70~80席くらいかな、埋まってたの。わたしは当日だったけど、後方ど真ん中の席が取れました。

これで、ゲキ×シネ秋の陣も終わり。(まだ金曜日までやってるし、次週朧の森もありますが、わたし的には)今年のツアー、結局川崎シネチッタ、新宿バルト9、銀座TOEI2、なんばパークスシネマ、舞浜シネマイクスピアリと5ヶ所で鑑賞したことに。

いったい何回見たら気がすむのか?何回見てもすまないのか?

自分でもバカだなと思うけど、やめられない。たぶんDVD見た回数よりゲキ×シネ見た回数の方が多いと思います。

もうどこにもいない、映像の中に閉じ込められた、その魂と同じくらいやわらかな白い頬と淡い色の唇をした永遠の少年に会いに。

そして、こちらは京都駅前広場のトーク&ライブの後、あれほど念を押されたのに展示も見ずに(笑)大阪に回ってゲキ×シネ見たなんばパークスシネマ。

Sany0022ed

Sany0020ed Sany0028

Sany0030

ほんとうはこのときの特別な思いをちゃんと書いておきたかったんだけど、なかなかうまくまとめることができなくて。いまも書ける気はしてない。

何が特別って、この前に見た銀座TOEI2のときと決定的に変わってしまったこと、銀座で見たのは9月14日、「BOB前」、なんばで見たのは10月12日「BOB後」そしていま現在のリアル中川晃教の自由で熱い生歌聞いた直後ですから。

銀座では思いがけず終映後に拍手が沸き起こりました。最近では珍しいです。わたしももちろん一緒に拍手しながら、内心はちょっと複雑でした。

五右衛門ロックのプログラムの中でいのうえさんが「SHIROH」のリベンジはいつかきっとする、と発言してるのを読んで、そのときたぶんその舞台の上に中川晃教はいないな、と思った。だって、あっきーはもうこんな風には歌えない。

でもBOBや京都駅前ライブの歌声を聞いてから、なんばで再び「SHIROH」を見たら。

できるかもしれない。もう一度シロー。

もしかしたら、初演以上の歌力で。まったく別のアプローチでシローを表現できるかも。

って、希望がわいてきた。もっとももし再演があるとしても、いのうえさんはまったく別物になる(する)と繰り返し言ってるからね、このゲキ×シネと同じものが見られることは全然期待してはいない。

でもね、そう思わせるくらいBOBでのあっきーの歌声は、その前に聞いた6月のSHAMPOOのときに比べても別人?っていうくらいの変化があったと思っているんだけど。

ちょっと今日は調子がよかった、とかそんなレベルの変化じゃないよね?まさに進化。これまでとは全然違う。殻をやぶって、やっと自由に。

ああ、もどかしいな。うまく言えない。

とにかく今は、最初に出会ったときの歌声を失ったわけじゃないと知って本当にうれしいの!

あの映像の少年はもうどこにもいない。でもいつもそこにいた。中川晃教の歌の心の中に。気づいてたのに。いつも不安で。信じ切れなかったわたしが悪い?だってなかなかちゃんと姿を現わしてくれないから。

この変化には、前にも書いたように、777が大きく関わってると思っているんだけどね。その話はまた別に。(ってもうだいぶタイミング逃しちゃいましたが)

そんなわけで、銀座→なんば→舞浜、と見るたびに別の感慨にひたりながら、何度見ても新たな感動で涙涙してきました。

いまなんばで追加上映中の「SHIROH」、関西方面のファンにアピールするなら連休前に出さなきゃ意味ないだろ、と自分に突っ込みつつ、まるで舌足らずですが、やっと書けてよかった。(ほっconfident)

来年春の「五右衛門ロック」ゲキ×シネ上映は、またツアーになるのか単独上映になるのか旧作品も上映されるのか、わからないけど、「SHIROH」が上映されるかぎり、またどこにでも見に行ってしまうのだろうなぁ。

« Weekly Akinori 更新(第8回) | トップページ | 幸運すぎて罰が当たりませんように »

コメント

お疲れ様でした!
やっぱり私にとっても、「SHIROH」は、中川晃教と出合った作品で、何回見ても、飽きない作品です!
そして、それから、随分歌い方も表現も変わったけど、人間いつも進歩や進化がなければ、つまんないし、でも、あの美声を求めてるのは、確かで我儘だよね(笑)
でも、彼は、いつも感激となんかなつかしさも表現してる不思議な人!
そして、777の最後で、私と交わした言葉に「そうですよね、もっと僕が大きくなればいいのですよね!」なんかそれを彼はやってくれてるような気がするの!
まあ、彼は言ったことを覚えてるかは、わかんないけど(^^)
長くなちゃった、ごめんなさい(__)

>テイアさん
ありがとう!
そうなんです。彼はわたし(たち)には予測不可能なスピードと形態で変化したり進化したりするから、こちらも戸惑うcoldsweats02ことも多いけど、確かに前に進んでいて、確かに大きく成長してるんですよね。なかなかついてくの大変だけど、わたしも信じてがんばります(笑)
777ではわたしもちょっとした言葉をかわせて、その約束守ってくれたな、って勝手に思ってます。きっとみんなそうなんだね。あっきー、きっと一人一人との約束おぼえてくれてるんですよ!そしてお返しは歌で!wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/25000422

この記事へのトラックバック一覧です: もうどこにもいない、でもいつもそこにいる:

« Weekly Akinori 更新(第8回) | トップページ | 幸運すぎて罰が当たりませんように »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ