あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 今日も激戦 | トップページ | 777盛り上がってますね~ »

2008年8月23日 (土)

「セルの恋」コラム

BSファン倶楽部サイト、8月19日(火)鈴木由美子さんのコラムで、ただいま再放送中(金曜日朝9時55分~NHK総合)の「セルの恋」が取り上げられています。先週の予告に「みんなのうた制作秘話」って書いてあったので、てっきり新作の話かと思って見逃してました。鈴木さんはフリー・ディレクターで、スタパやみんなのうたでセル恋のほか、グラスホッパー物語などを担当された方だそうです。
ファン倶楽部会員の方はログインしてお読みください。会員登録は無料です。

でもちょっとさわりのところだけ引用させてもらうと。

ちょうど、3年前の8、9月に放送した「セルの恋」は、女の子が大好きなアンデルセンの「人魚姫」を彷彿(ほうふつ)とさせるちょっと悲しい恋の歌でした。セルという海星(ひとで)の少年が海の精である人魚に恋をします。セルは海の精に自分の思いに気付いてほしくて、海の精が大切にしている指輪を隠してしまいます。そう、少年が大好きな女の子をちょっと困らせて気をひくという可愛(かわい)いいたずら。でも、セルはその指輪が神様からもらった魔法の指輪だったことを知りませんでした。指輪を失った海の精はだんだん弱っていきます。そして海も生気を失い灰色の海になっていきます。セルはどんどん弱っていく海の精と海を見て、大好きな人に大変なことをしてしまったことに気付きます。そして、弱った海の精を自分の命と引き換えに助けるというストーリー。歌ったのは、今や若手ミュージカル俳優として活躍する中川晃教さん。少年の恋心を切なく歌いあげています。

映像は、加藤久仁生さんという若手の作家が担当し、色鉛筆で表現されたセルくん、海の精の人魚姫、海の中が淡いやさしいタッチで描かれ、歌の持つ切なさがより伝わっています。筆者はスタジオを訪ね、その過程を見せてもらいましたが、1枚1枚色鉛筆で塗っていく作業は大変なものでした。

中川晃教さんにも当時担当していた番組に出演していただき、生で歌っていただいたのですが、まだ、少年の面影を残す中川さんのひたむきな表情がセルと重なって、ぐっときたのを覚えています。
(中略)
さて、加藤さんの描く、「セルの恋」のラストシーンは、指輪を愛する海の精の元に返したセルは、空の星になって輝くというものです。中川さんが言うように、セルの恋は終わらずに永遠に輝き続けるのです。
(後略)」

ん?なんか半分以上って気がしないでもないけど、まあいいか。(よくない)

Serufan 3年前の夏、あっきーを知って真っ先にチェックしたのが、ちょうど放送中の「セルの恋」でした。ゲキ×シネ会場で←画像のようなセル恋団扇を配布してたもので。
アンデルセン好き、人魚姫大好きの自分にはちょっとびみょーだったんですが、↑のようなお話だったんですね~。全然別なこと考えてました。sweat02
そしてこのコラムの引用しなかった部分はほとんど、2005年9月の「スタジオパークからこんにちは」に出演したときの言葉なんですが、これまたゲキ×シネ以降映像で見る初あっきーということで、かなり緊張したことを憶えています。(なんであたしがsweat01)あっきーも緊張してたけど、アニメーターの加藤さんはもっと緊張してて可哀そうなくらいでした。とってもシャイでやさしそうな方。絵柄にも現れてますね。
その加藤さんのサイトと、アニメーションが見られるサイトを教えていただきました。

アニメーター加藤久仁生さんの公式サイト

2003年の作品「或る旅人の日記」。(冒頭にCM入ります)

ひょろりと背が高く、少し猫背のやさしいシルエットの旅人さんは、加藤さんご本人のようにも見えますね。温かく不思議な世界です。

スタパの中であっきーは、自作でない歌を歌うことに抵抗があったけど、加藤さんや作詞作曲のめけてさんとお会いしてお話をする中で自分なりの歌の世界を表現できる自信がついたと話していました。
おわくりもだけど、自作にこだわらずまたすてきなクリエイターやアーティストとの出逢いから新しい歌が生まれるといいね。

ちょっと懐かしい気持ちになりました。

NHK「みんなのうた」公式サイト

ところで「魅惑のスタンダードポップス」今月は以下の放映予定になっています。
2008年8月31日(日) 午後7:30~8:58
予告でちらっとでもあっきーの姿が見られないかな?

そんで、9月放映分の収録には間に合わなかったけど、たまたまチェックした音楽番組のアンケートやってたので、応募したら30ポイント付きました。これで2回分の応募用ポイント確保。また次回ってこともあるからね。あってね!

« 今日も激戦 | トップページ | 777盛り上がってますね~ »

コメント

セルの恋 聞きたくなってきました。
「コンカツ・リカツ」でこどもたちと一緒に歌う~っていうのはいかがですか?(笑)

名案!賛成
NHKにリクエスト

>JTさん
>キリコさん
わたしも昨日友だちとちょうどそんな話してました!アンデルセン公園の歌のお兄さん再び!(笑)
わたしも一票paperNHKにリクエストしましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/23223198

この記事へのトラックバック一覧です: 「セルの恋」コラム:

« 今日も激戦 | トップページ | 777盛り上がってますね~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ