あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 忘れるとこだった | トップページ | 予想外、その4. »

2008年7月29日 (火)

思い出は美しすぎて

P1010071ed テアトル銀座で「ラヴ・レターズ」(中川晃教×神田沙也加)見てきました。いろいろと予想外なことがありました。順番に。

その1.あっきーの髪型。(また?)
薄暗いところから現れたので、妙に髪の色が明るくて「?」だったのですが、照明が明るくなってみたら、なんと脱色系の金髪。染めたの??いきなりかましてくれました(笑)
髪型自体は、もうSTBのときのようなマッシュルーム型ではなくて普通に前髪分けて後ろに流すような感じでした。眉毛も少し染めてたかな。

その2.女優神田沙也加。
最初の数通分のやりとりですでに、きちんと演劇のトレーニングと経験を積んだ本物の女優さんだとわかりました。本物のなんて言ったら失礼ですね。もちろん本物の女優さんに決まってます。でも予想以上にうまかった。これまた失礼ですね。ごめんなさい。

その3.1幕より2幕の方がよかったこと。
若い時はいいけど、実年齢以上のパートが苦しいんじゃないかと思っていたので、これは意外でした。40歳を超えたと思われるあたりから徐々に緊張感が高まって、アンディの最後の手紙のシーンまでわたしはずっと泣いていました。

二人とも演技が抑え気味だったもよかったです。特に2幕では少しずつ精神的に破綻していくメリッサを沙也加ちゃんはアンディの手紙に対する細やかな反応(でも大げさすぎずに自然)で演じて素晴らしかった。

舞台セットや衣装、細かいチェックポイントはまた後で(書けたら)まとめますが、今はこれだけ書いておきたい。

わたしはあっきーには演劇的な才能を求めてはいないし、基本的なところでいろいろ課題があるのは今さら言ってもしょうがないと思っているので、今日の舞台には満足しています。主に沙也加ちゃんの力に助けられてるとしても。

(またさりげなく酷いこと書いてるし coldsweats01)

若い二人が演じる意味。それがむしろ年を経た後半に現れたのはうれしい驚きでした。

それはね。

自分自身が年取って初めてわかったことですが。

40になっても50になっても、60になっても(まだなってないからわからないけどたぶん)、人のセルフイメージってそう変わらないんです。だいたい20代半ばくらいのまま。

たとえば電車で空いた席に座ろうと思ってすきまに腰掛けようとしたらお尻が入らなかったりきつかったりすること。ありません?笑い話にしか聞こえないだろうけど、若い頃身につけた身幅感覚が消えてない。

写真に写る自分の顔。変な顔。こんなじゃないはず。最近写真写り悪いな~なんて。それが普通で、他の人から見えてる自分なのになかなか認められない。

それはなんでかっていうと、たぶん精神性は年取ってないから。(成長してないともいう)

わたしも夢の中とか妄想では、現体重マイナス20キロくらいの体型だもんね coldsweats01 punch

そういう実感からすると、50年という年月を経てもなお、お互いに若いときの姿のまま手紙の向こうの相手に語りかけるということに逆にリアリティを感じました。

あっきーは、演劇的な技術ではなく、誠意をこめた生真面目さそのものによって、アンディのまさに生真面目で不器用な愛と、男の自己保身の身勝手さや無神経さ、深く純粋な悔恨と喪失感を表現できていたと思います。

他のカップルの舞台を見たことがないから、比較することはできないけれど、わたしは今夜の二人はとても気に入りました。普通のお芝居じゃなく「朗読劇」だから、感情表現はあのくらいでちょうどいいと思うし。さっそく更新された沙也加ちゃんのブログでも自然体で楽しんで演じられたって書いてますね。あっきーはどうだったのかな?

カーテンコールでは、あっきーが沙也加ちゃんに腕組をうながして二人なかよく退場していきました。

後でもうちょっと書き足したいことありますが、今日はここまで。

« 忘れるとこだった | トップページ | 予想外、その4. »

コメント

私も気に入りました。
他の人を知らない、期待が大きくなかった事が大きな要因かもしれませんが(笑)
衣装、髪型(金髪も含む)ともアンディの雰囲気素敵でしたね。
壮年期の家族を語るアンディには年齢を重ねた晃教と被る部分があって何故か愛しくさえありました。
観に行った甲斐がありました。

今回もお世話になりました。
有り難うございましたm(__)m

>JTさん
遠征お疲れ様でした~。
すてきな舞台でよかったですね。
わたしも比較対象ないから。満足です。
家族に対する思いと責任感。あんな風かもしれないですね。あっきーの未来も(笑)
大切にされる家族はいいけど、そのために犠牲にされたメリッサはちょっと気の毒でした。
またいつか、あっきーが本当に年齢を重ねて別の表現ができるようになったら、また見てみたいですね。

エレンディラのラストで若い2人が出会うシーンそれだったんで~す。何歳になってもかわらない心のコアなところを表現したくて、蜷川さんはあんな演出にしたのじゃなかったかしら。
暑かった!!去年の夏を鮮やかに思い出しました♪

(タイミング悪いコメント、すみません。PC買い替えて、やっとまとめて拝見したところです^^)

>ユコさん
コメントありがとうございます!
そうでした、エレンディラ。死ぬときお互いに出会った頃の姿のまま。よかった、自分だけが変なこと考えてたんじゃなくて(笑)
去年の夏も暑かったですね~。あの緩やかな坂道登ったのは何回だったか。あまり苦ではなかったですが。懐かしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/22645537

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出は美しすぎて:

« 忘れるとこだった | トップページ | 予想外、その4. »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ