あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ハリネズミは痛くないのかなぁ?? | トップページ | 明日は名古屋に行かなくていいのかって? »

2008年4月 9日 (水)

あなたを元気にする歌は何ですか?

「人にやさしいコンサート」レポ続き、遅くなりました。まだ下書きですが出しちゃいますね。

このイベントは前回まで篠原ともえさんと松本英子さんのユニットZuTTOが中心になって開催されていたようですが、今回は松本さんの産休(3月13日、無事にご出産おめでとうございます!)で、いつもと構成が違ったということです。毎回プロデューサーが書いた詩をお二人が朗読してたそうなんですが、今回その役目を担当したのはあっきーでした。

あなたを元気にする歌は何ですか?

繰り返される問いかけ。日々の移ろいの中で感じるささやかな喜び悲しみ。そこにいつでも「歌」があった。そんな詩でした。(すごい大雑把、そんな感じってだけですが)

あっきーの朗読、「風をみる人」で子どもたちが書いた詩を読んだときより落ち着いててよかったです。少し口笛も入っていましたよ。

続いて歌のセッティング。ブログにアップされた画像からメンバーの予想はついていましたが、バックはやっぱりブルドリチーム、原さん、さかきー、アーミンでした。このメンツなら安心かな。あっきーはステージ中央に移動したキーボードで。

1曲目は「I WILL GET YOUR KISS」。おわくりコンサートで歌った歌から選んでくると思ってたから、ちょっと予想外。ちょっとドキドキ(なぜ)しながら聞いてましたが、うん、だいじょうぶ。今日もいい感じ。confident

ステージの上はかなり乾燥してるらしく、ペットボトルの水で水分補給しながら。さすがに今回はDIVINA BONITAスプレイはなし(笑)
客席ながめて、「うわぁ、すごい」って言ったあとで「実は見えないんだけど」(をい;;)
すかさず照明さん、客席にライト。満員の観客をこんどは確かに見ることができて、「みなさんの笑顔が見れてうれしい」って。
リクエストも参考にしながら「人にやさしい」「人を元気にする」このコンサートの趣旨にあった曲を選びました、ということで、「Just Call My Name」「Blue Sky」「ユー・アー・ザ・スーパースター」この間のMCほとんど忘れました~(笑)
だけど妙に長い間合い、どこいっちゃうかわからない迷走トークに、なぜかほっとしてる自分(笑)
だって久しぶりだったんだもん、この感じ。
背景の赤い照明からエジプトの夕焼けを思い出したらしく、吉村さんのエジプト展でエジプト行ったときの話。青いミイラの話から、スカートの民族衣装でレストラン行ったとき、女子トイレに案内された話。「それくらい美しかったってことですねshine」会場爆笑!

さんざんエジプト話して、てっきり次に歌うの「ブルードリーム」かと思うじゃないですか。でも違ったらしく、どう結び付けようかしばし悩む。で、どうやって歌までたどりついたっけ?忘れちゃった(笑)これでスーパースターだっけか。
次はまた「今年一番早いクリスマスソングをお届けします」って「終らないクリスマス」
どの歌もちょっと前まで何心配してたんだろう?って思うくらい安定して気持ちのこもった歌い方で、ぜ~んぶよかったです。ほんとに。おわくりツアーとは違う曲が聞けたというのもうれしかった。
でも最後にリクエストから、ってことで歌った「上を向いて歩こう」。これが一番よかった~!!
変なアレンジもコブシもなく、素直で真っ直ぐな歌声。口笛はちょっと尻切れトンボ(笑)
ほら~、ちゃんと歌えるじゃん。

きみは知っているのだろうか?
ちゃんといい声で歌ってくれさえすれば、わたしたちはこんなに幸せになれる。こんなに簡単に。こんなに単純に。こんなに素直に。その歌声をいまここで受けとめられることがうれしくて、胸がいっぱいで泣きたくなるくらい。
きみは知っているのだろうか?
きみの歌声にはこんなにもこんなにも人を幸せにする力があるということを。

ありがとう。でもお願いだからもう不安にさせないでよ。

【追記】
前の記事のセットリストにも追記しときましたが、「上を向いて歩こう」は、最後じゃなくて真ん中へんだったみたいです。単純な記憶違いだと思いますが、失礼しました~。

カーテンコール。
あっきー、またキーボードのところに戻ってきたから、何かまだ歌ってくれるのかと期待。今日の出演者を呼び出して、並んだところであらためて名前をご紹介。おや、ここはあっきーが仕切るの?
う~ん、いいんだけど、しゃべるときは立った方がいいかもね。ずっとキーボードの前に座ったままだったから。染谷さんは立ってたよ。
仕切るっていうか、うまく仕切れなくて(笑)、冬馬さん、KATさん、染谷さんにふるんだけど、みなさんもこういうのあまり慣れてない雰囲気で(爆)染谷さんに二度目ふったときなんか「もういいです」って(笑)KATさんに日本語は読めるか聞いたらやっぱり漢字は難しいって。ここであっきー「知り合いで、ぜんぶひらがなで書かないといけない人がいる」って、それは後ろにいたアーミンさん。突然ふられても慌てず騒がず、もう免疫ついてるみたい?(笑)KATさんと新しいラジオ番組担当するとか?今回は偶然一緒になってびっくりだそうです。

アンコールというのかフィナーレというのか、毎年いつも最後はこの歌だそうです。SMAPの「世界に一つだけの花」(作詞作曲:槇原敬之)
客席のちょっとざわっとした雰囲気に、あっきーちょっと戸惑ったように「あれ?毎年この歌を歌ってるって聞いてますよ」いや、毎年歌ってるかもしれないけど、あなたのファンは今回初めて来た人ばっかりですから~(笑)
(観客総数の推定あっきーファン率45%)

歌いだしはあっきーから。順番にソロパートを歌うんですが。ここで。語弊を恐れず言ってしまえば差が歴然。
やっぱりこの人は選ばれた特別な歌い手なのです。それを確信したコーラスでした。
このことはその場で聞いた方すべて、他の出演者のファンの方でも異議はないんじゃないんでしょうか?どうでしょうか。うぬぼれ?親ばか?何とでも言ってください。
この歌もとても素直に歌ってくれて、とてもよかったです。

実をいうと、この歌自体はわたしはあまり好きではないのですが。
マッキーもSMAPも、あっきーたちももちろんそんな意図がないことは百も承知ですが、ちょっとうそっぽい歌詞がダメです。

それでも許してしまいそうになるくらい、あっきーの歌声は澄んでいました。
そしてみんなで歌おうと、「♪ラララ…」とリード。そうだよね。いくら有名な歌でもとっさに歌詞カードもなしに歌えないもん。(歌詞カードっていうか譜面見せてましたけど(笑))ましてやイッツマジカルやWSSなんて、リズムの取り方も難しいんだよ~;;

すべて終わって去る前にはいつもの深々としたお辞儀。こういうところも清々しい。

楽しかった♪
楽しげに生き生きと歌う姿、くしゃくしゃの笑顔、そして何より自信に満ちた歌声が聞けてよかったです。
あっきー、ありがとう。みなさん、ありがとう!

終演後、出口に向かっていると後ろから急ぎ足で追い越す人が。あ!冬馬さんだ。出口近くの売店で出演者のみなさんがCDその他グッズの手売りしてました。早!っていうか、すごい!
さすがにあっきーの姿はありませんでしたが(笑)
#F6の販売があるのは見えましたが、ちゃんとのぞかなかったので、ほかにあっきー関係で何を売ってたのかわかりません。
ライブ後にミュージシャン本人がCDを手売り。基本ですよね。あっきーにはそういうところから積み重ねていってほしいような気もするけど。今さら難しいのか。

現地でお会いしたみなさま、お疲れさまでした。ご一緒できてうれしかったです!

【追記】
よそのレポ読んで思い出したこと。これ重要なので、書いておきます。

どこかのMCで話してくれました。去年おわくりで一緒にお仕事したミッキー吉野さんからの言葉。20代のうちに曲をいっぱい作っておくといいって。20代で作った歌って、どういうわけか?30代40代になってからの方がうまく歌える、っていうかさらに深みが出てくるから。確かそんなこと。

若いころに直感や直観だけで生み出した歌が、人生経験積み重ねてその本当の意味が摑めたとき、表現が変わるのでしょうね。歌に限らず、ダンスや舞台でもそうだけど。歳とってからの方が若い役がうまくなるのはよくある話で。森下洋子さんのクララ(くるみ割り人形)なんか驚異的。

深みの出たあっきーの歌、いつか聞けますように。あっきーの40代って想像できないけど(笑)でも真二さんもあれで今年50歳だもんね。あまり印象変わらずかわいいオジサンになるのかな。そのときあたし、生きてるのかな(爆)

« ハリネズミは痛くないのかなぁ?? | トップページ | 明日は名古屋に行かなくていいのかって? »

コメント

ありがとうございます!

私も幸せで胸がいっぱいになりました。
中川晃教というひとのファンになったのは、この歌声を聴くためだったんだ、とあらためて確信しました。
まぎれもなく歌うためにこの世に生をうけたひと。

これからも聴き続けていきます。
曲をたくさんつくって、ライブやコンサートの機会を少しでもふやして、歌声とハートに磨きをかけていってほしい。
まっすぐに歌を届けて、みんなの魂に。

>ミミさん
お疲れ様でした。(疲れないかwink)
お会いできてよかったです。
あっきー、リラックスして歌えてすごく気持ちよさそうでしたね。わたしたちも気持ちよかったけど。
こんな風に感じることができるようになるとは、おわくりツアーが始まった頃には予想していませんでした。これからもこの調子で、たくさんの人の心に歌声を届けてほしいですね。

今回も詳細レポをありがとうございます。
本当6日のアッキーは生き生きとして、楽しそうで、
どの曲もアッキーらしく、素直に真っ直ぐに歌ってくれて、
心に響きました。
この歌声をいつまでも聴いていたい!
改めて思いました。
これからも多くの人に、心に響く歌声届けて欲しいですね。

今回のコンサートを聞けて良かった。
久しぶりに幸せな気分で帰途につけました。
こんな満足感、プリンスホテルのお正月コンサート以来かな。
6月のコンサートを期待してよろしいでしょうか、、、、。

>恵さん
ほんとにいい歌声でしたよね~。
できるなら名古屋までまた行ってもう一度「上を向いて歩こう」や「世界に一つだけの花」を聞いてみたいです。
マルサンは愛知の会社だから名古屋なんでしょうが、もっともっと全国のあちこちであっきーの歌が聞けるようになったらいいですね。

>michelleさん
ほんと東京では久々 ^^;;
6月のライブも楽しみですね♪
でもチケット当たるかな??ちょっと心配@@

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/20035094

この記事へのトラックバック一覧です: あなたを元気にする歌は何ですか?:

« ハリネズミは痛くないのかなぁ?? | トップページ | 明日は名古屋に行かなくていいのかって? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ