あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« VOICE OF JAPAN 創立2周年 | トップページ | 和泉ちゃんのブログにツアー報告 »

2008年4月 1日 (火)

FM愛知公開生放送+ミニライブ

P1010112

近い方から片付けます。

おわくりコンサートのおまけ?というかエピローグ的なイベントになりました。

2008年3月29日(土)11:30~12:00
松坂屋本店南館オルガン広場

FM Aichi Matsuzakaya Fineness ENTERTAINMENT
最終回公開生放送
パーソナリティ:中川晃教
ゲスト:原田真二

P1010114 宿泊先の厚生年金会館を10時にチェックアウトして、ゆっくり出かけたので現地到着は10時半くらいだったかな?
先に来て並んでた友だちからの情報によると、9時すぎに座席整理券は終了だったらしい。

80席しかなく、はなっから狙う気のなかったわたし。立ち見の場所を確保がてら立ち話してたら、早く来た方なのか、パイプ椅子シートの後ろにいくつか敷物があってお花見の陣地取りみたい。さらに後ろはさくらパンダコーナー。かわいいけど、場所離れられないのでゆっくりチェックできないのが残念。

P1010113 何度か来ているおなじみオルガン広場、セッティングに見慣れたYAMAHAのキーボード。え?もしかして歌うの?生で?きゃ~。うれしい!

でもこの時点ではまだ、番組中に歌うのかなと思ってた。

パイプオルガンの演奏、アメージング・グレイスと、あ、おわくりだ。演奏は新田美佐子さんという方。

11時ころだったかな。CD販売とラジオ終了後に握手会のお知らせ。え~、そんなのあるなら早く言ってよ。どうしようかちょっと迷ったけど、シングルでもいいというのでおわくりCD(何枚目?)買って整理券をゲット。ところが、整理番号がない。順番関係なくまた並ばされるのかな、と思ったら友だちのにはちゃんと番号がある。あわててスタッフに言ったら、そのとき一番早い番号くれた。実際はもうちょっと前のはずだけど、もう順番に配っちゃったあとだから仕方がない。でも気づいてよかった。

11時半少し前にあっきーが白いMacBookを抱えてステージに現れました。Vネックの黒いシャツ、ピンストライプのグレーのパンツ。皮のストラップのペンダント。ヘッドは何かメタル系と思うけどよく見えませんでした。
すっぴんに近いのかな。ちょっと寝起きっぽくて可愛かったです。あっきーから番組開始2分前の告知。水を飲んだり、ストレッチ?したり。PCのほかに何かビンを二つ持ってきててテーブルに置きました。ひとつはコンサート中もスプレイしていたDIVINA BONITA のルームフレグランス。もうひとつは遠目には梅干?みたいなのの瓶詰めに見えたけど、説明なかったからわからない。
本番開始前後からステージ袖に原田真二さんの姿がちらちら。しきりと客席をあおるようなジェスチャーで笑わせてくれました。拍手も盛り上げたりストップのキュー出したり。お茶目さんです。原田さんはジーンズにモスグリーンのジャケット、中は黒いシャツでちょっときらきら。でもコンサートのときのほどじゃない。
今日の話題(おわくりができるまで、昨日ファイナルを迎えたコンサート、これまでの半年間の番組をふりかえって、など)をざっと紹介し、二人そろったところで、ライブ版「終わらないクリスマス」もちろん原田さんとあっきーのデュエットです。いつの収録分かわからないけど。これはネット配信には乗らないんだよね。

ライブ版おわくりが流れてる間、ちょっと緊張しながらも音声が入ってないことに気づいて「しゃべってもいいんだって」と原田さん。あっきーもDIVINA BONITAをスプレーしたり。「それ何だかやっとわかった」夕べのコンサートでは「ツアー中ずっと思ってたんだけど、それ何?」って聞いたのに、あっきー無視するから(笑)
曲に合わせて夕べのライブを思い出しながら?左右に身体を揺らし始めると、客席もみんな(エア)ペンライトを振り始めました(笑)とまらなくなって「揺れが止まらなくなった、誰か止めて!」(爆)
オルガン広場窓側に飾られた大きな桜(八重桜?)の枝をながめながら「桜の季節ですね」

このへんで気がついたのですが、吹き抜け2階のバルコニーに人がいっぱい。立ち入り禁止じゃなかったんだ。さすがに3階は制限されてたみたいで人影はなかったですが、正面のフリーコーナーから聞いてる方もいました。

曲が終ってまた二人の対話。あっきーが「素晴らしい曲」と絶賛すれば、原田さんは「素晴らしい歌詞」とお返し。
どんな気持ちで作曲を?とたずねると、
クリスマスの時期の切なさや人恋しさ、雪が降ったりして寒いんだけど暖かさもあるそんなイメージをメロディで表そうと思った。だから、あっきーが曲を聞いてメロディから言葉が聞こえ、絵がみえるようだと言ってくれたのはものすごくうれしかった。(コンサートのトークで言ってたことですね)
(あっきーは)その音に一番ぴったりあう、一番いい言葉を選んでくれた。
作曲は基本的にはピアノだけど、最近は歌ってみてそれを録音して譜面に起こすことが多い、そうです。

ここで「キャンディ」をかけたかどうだか記憶があやしいんですが、キャンディの話に移って。
(あっきー)とにかく名曲。初めて聞く人には新鮮で新しく、昔を知ってる人には青春時代を思い起こさせる。
最近も斉藤和義さんや島谷ひとみさんがカバーしているが、若いシンガーから尊敬されるこの状況をどう思うか?やっぱりいいと思わなければ歌わないわけで。
原田さん、恐縮しながら「認めてもらえるのはとても光栄です」
コンサートで「キャンディ」を歌ったのはスタッフのリクエスト。デュエットでお互いのよさを殺しあわずに生かし合うにはどうしたらいいか、原田さんのハスキーな声にぼくがどう合わせるか悩んだけど、実際にステージで歌ってみたら、どんな歌い方でも伝わるとわかった。男二人でのドラマチックな歌は初めて。この点でぼくは斉藤さんや島谷さんの先を行ってると思う。(拍手)
原田さんがこれからやりたいことは?
「音楽でやさしさや平和を訴えていくこと。海外も含めてメッセージを届けること。世界中どこでもライブ、コンサートやっていきたい」

ここでサプライズ!「番組終了後、12時からここでミニライブやります」どっひゃ~~shock
なんで生放送でいきなり言うかな。どうしよう?!新幹線間に合う??

でもそうだよね。たった30分の番組(正味25分?)中歌ってたらトークの時間がないもんね。

わたしの動揺にはお構いなしに、あっきー番組の締めにかかってます。
半年続いたこの番組も今日が最後、この半年しあわせについて、エコについて伝えてきた。松坂屋さんから始まった「終らないクリスマス」、伝承と文化をテーマにこの曲にかかわったことで出会えた斉藤ノブさんやミッキー吉野さん、もちろん原田さんもゲストに迎えられてうれしかったこと。最後にかけた曲は「China Girl」もちろんコンサート・ライブ版です。これを聞いて、まだ聞いてなかった名古屋ライブCDにもしかして入ってる?と期待したんだけど入ってませんでした。がくっ。

最後の言葉は「いつも前向き、中川晃教でした!」
あっきー、お疲れさまでした!

さてこのあたりから時間が気になって気になってメモも取ってないし、記憶もかなりあやしいです。ざざっといきます。

思ったより休憩短くて、5分くらいだったかな。原田さんとあっきーが再び登場。
「(生放送)あっという間だったね~」なんて話から始まって、コンサート話。歌詞よくおぼえてるね、って原田さんが感心したように言うと、客席から笑いが。「何この笑い」ってあっきーがいぶかしげに。ごめ~ん、わたしも笑いました。だってさ(以下自粛)
ステージ前方にあるのがプロンプターだって知ってたけど、ばらしちゃってよかったのかな(笑)原田さんは「見ても間違える」すかさずあっきーが「見たせいで間違えることも」
初日「キャンディ」の歌詞間違えた話。あっきーが一番、原田さんが二番を歌う予定にしてたのに、原田さんのピアノの上の譜面で一番の歌詞がバッテンで消してあるのを見て勘違い。いきなり二番から歌い出しちゃった。とっさに機転をきかせて原田さんが一番を歌って問題なし。ぜんぜん気づいてなかった人がここに。

リハや打ち合わせ、飲み会も?通して二人でいろんな話をした。週刊誌対策とか。
M田S子さんとのこと(爆)ここでステージ袖の原田さんのスタッフ?からどうやらNGサイン出たみたいですが、無視してしゃべってました(笑)
まったく事実無根ですから!と強調してましたよ~。ご家族もいらっしゃるのに大変だったって。それは災難でしたね。さてあっきーは週刊誌ネタなることあるんでしょうか(笑)

話の順番違うかもしれませんが、去年の舞台「TOMMY」で、実はパパ役として原田さんも候補に挙がってたそうです!でもNY公演とかいろいろ多忙でお断りしたとか。へ~。原田さんのウォーカー大佐、どんなだったでしょうね。
あ、そだそだ、歌詞がよくおぼえられるって話からセリフはどうやって覚えるって話になって、こっちに流れたんだった。
「よく聞かれるけど、やるしかない」とあっきー。そりゃそうだ。お仕事ですから。

あっきーがマイケル・ジャクソンに似てると言われることについて。実はよく知らない。聞いたことあるCDも少し前に出たジャケットに顔写真を使ったもの?と、ベンと、ジャクソンファイブの3枚だけ。だから影響ってないんだって~。ちょっと意外?ベンってネズミの映画「ウィラード」の続編(修正しました)。恐い映画なんだけど、その主人公が飼ってたネズミの名前で、テーマソングをまだ13歳のマイケル・ジャクソンが歌ってます。美しい歌です。泣けます。いろんな意味で。(なんであっきーこの歌に興味もったかなと思ったら、少し前にTVドラマの主題歌に使われたんですね。それかな)

そういう話じゃなくて。

原田さんもかつて全盛期?にプリンスの影響と類似性を言われたことがあるけど、実は全然関係なかった、っていうことがあって、そういうところが二人似てるねって話でした。

って、ずっとトークしてるから、なに~、これってトークライブだったの??と心配になってきたころ、やっと歌に。原田さんのキーボード演奏で「終らないクリスマス」と「キャンディ」でしたが、キャンディはさくらパンダバージョンでした(笑)「♪さくらパンダ、あいらぶゆーheart04」とか。あっきー、大きなさくらパンダぬいぐるみもらったらしいんですよ。それを椅子にのせて聞かせるように。
最後に「♪原田真二さん、あいらぶゆーheart04」なんて。原田さんも「まじで?」と笑いながら「あっきー、あいらぶゆーheart04」お~い、きみたち(爆)

これで原田さんが去っておしまいかと思いきや、あっきー一人になって「せっかくだからもう一曲」って「I Will Get Your Kiss」を歌ってくれました。コンサートでは聞けなかったからうれしかった~。それにこの時の「I Will~」これまでの歌い方とちょっと違ってて、うまく言えないけど深く力強くてとてもよかったです。

さて、この時点ですでに12時40分。わたしの新幹線は、1時27分。握手会はやっぱり無理!整理券を残ったあっきー友に預けて泣く泣くその場を後にしました。(整理券はほかの友が使ってくれたそうで無駄にならなくてよかったです)

でも最後まであっきーの歌が聞けてよかった。結局三日間の名古屋滞在中毎日あっきーの生歌が聞けたわけです。こんな贅沢な遠征は初めてだ。ほんとに名古屋さいこー!ありがとう、名古屋!

【追記】4/5
FM愛知の番組オンエア日記にこのときの様子が写真入りで紹介されてます。あっきーも原田さんも楽しそう。このサイトいつまで公開かな~。

« VOICE OF JAPAN 創立2周年 | トップページ | 和泉ちゃんのブログにツアー報告 »

コメント

今回も詳細レポをありがとうございます。
あの場にいたのにトークの内容をほとんど覚えていなく、
レポ読みながら思い出していました。(笑)
前日は名古屋ファイナル、
そして公開生放送&ミニライブ&握手会と、
本当に充実した二日間でした。
「人にやさしいコンサート」も楽しみですね。

>恵さん
名古屋お疲れ様でした~。
ほんとにあっきーファンには最高の名古屋デイズでした。名古屋のファンにもうれしい三日間だったと思います。これまで名古屋が最後で盛り上がるってなかったですよね。
明日のコンサートもこの調子で盛り上がるといいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/12047011

この記事へのトラックバック一覧です: FM愛知公開生放送+ミニライブ:

« VOICE OF JAPAN 創立2周年 | トップページ | 和泉ちゃんのブログにツアー報告 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ