あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート3) | トップページ | 描くように歌う »

2008年2月19日 (火)

お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4)

長すぎて編集できなくなっちゃったので、やっぱり分けました~。

残された真太郎さん、やっと帽子をとると、あれれ?髪の毛が…。トレードマークのアフロヘアがありません。3週間前に切ったそうです。

スキマスイッチのこと、よく知らないのですが、最近それぞれソロ活動を始めたみたいですね。不仲説を茶化すような、どこまでほんとかわからないようなお話をいくつかしてくれたんですが、ごめんなさい、忘れました。(そればっかじゃん!)

転機は6歳のとき始めたサッカー。もちろん音楽は好きで、デビューできたこととかラッキーだとは思うけれど、サッカーのおかげで、音楽以外のところで人のつながりを得ることができた。音楽のほかに好きなものがあってよかったって。下に来ていたサッカーユニフォーム、わたし疎くてどこのチームのものか、わかりませんでした。青いストライプです。

ナオトさんもサッカー大好き。部屋にはサッカーボールがいくつか置いてあり、二人でドリブル?あれ、なんていうんですか?足で蹴り上げたりヘディングしたりしてボール遊び。
客席にも飛んできました。今日はいろんなものが飛んでくる。みかんとか、丸めたガムテープとか(笑)

ごめんなさい、歌のことは完全に忘れた。2曲は歌ったはず。でも真太郎さんって歌う人じゃない?ナオトさんが歌ったんだったかな。
そうそう、ピアノを始めたのが二十歳からって!驚き!それで20代のうちにプロデビューしてるんだもん。すごいですね~。

真太郎さんが帰ったあと、(ごめん、短すぎますね)今日一日を振り返るナオトさん。お客さんがいっぱい。楽しかった。何でもある今の日本では、何でもありの至れりつくせりだからこそ、ぼんやりしてると何もできないでしまう。みたいな前ふりで、歌はもちろん「イタレリツクセリ」(ここで聞けます)あと、曲名はわからないけどもう2曲ほど歌ってくれたと思います。心地よい歌声。
やっぱり自分の歌が一番のびのび歌えてて素敵でした。でも今日の各ゲストとの歌もそれぞれよかったから、この誰とでも合わせられる才能っていうのは28カ国放浪の旅で異国の人々とのふれあいの中で獲得したものでしょうかね。
ここではなかったかもしれませんが、女の子が二人出てきて、三人でパラパラみたいなダンスもしました。客席のみんなも立って踊りましたよ。わたしもパラパラ初体験です(笑)

最後は、いけね!もうこんな時間?!自分の企画で遅れたらヤバイ!と慌しくO-Westに向かうところで終わりました。

カーテンコール(幕ないけど)で再び姿を現したナオトインティライミさん、「やっとみなさんの笑顔を見ることができた。無視するのも大変だった」と笑いながら。客席の反応あるたびに「ご近所」の騒音扱いでしたから(爆)

ナオトの部屋は、今回で2回目だそうですが、将来的な野望としてスリーデイズ・イベント考えてるそうです。三日三晩、お客はテント生活。特設ステージ上でナオトさんが食べるし寝るし歌うし、排泄も(爆)とにかく生活のすべてをお見せします、というイベントだって。一人FUJIROCK??ひゃ~、体力いりそう。でもちょっとおもしろそう。

わたしはてっきりもうこれでおしまいかと思い、ゲストも出番が終わったらもう帰ったのかなと思ってました。だってもうこの時点で3時間近かったと思うんですよ。立ってる人も大変。

そしたら、、、

最後に今日のゲストご紹介、ってことで、また椎名さん、あっきー、真太郎さんが登場。中野くんは、ほんとに約束があるとかで帰ってしまったそうです。建付け悪く?開きっぱなしになってたドアをそっと閉めに戻るあっきー。そういうところは気がつくじゃん。
あとね、パンツのポケットから何かのぞいてるのはわかったんだけど、出してみたらバナナでした。後でそれ客席に投げたんだけど、わたしの頭の上通り過ぎてお立ち見の方の手の中に。

挨拶だけと思ったら、このメンバーが集まることなんて奇跡みたいなものだから何かセッションを??ナオトさんの考えたお遊び?であいうえ作文?とか言ってたかな。お題を元に一文字ずつ担当して即興でひとつの歌を作るというゲーム。最初のお題は「サボテン」だって。ここで上手のキーボードに付いたあっきー、下向いてなんかしてる、と思ったら、靴脱いでるの。グレーの靴下のつま先が青かった。(んなとこまでチェックすな;)

 ナオトさん
 椎名純平さん
 真太郎さん
 あっきー

という割り当てで、順番に歌うんだけど、あっきーのは「ン」??アフリカの地名じゃないんだから「ン」で始まる言葉なんてないし。どうする?と思ったら、「♪んんんんん~~」とハミングで。「これならみんなで歌える」と、またアンデルセン公園や新年会のときみたいに2階席、1階席前、後ろと指定して歌わされ(笑)
ところが、椎名純平さんが「歌いにくい」とクレーム。

もうひとついく?とナオトさん。でもちょっと待った!後ろの立ち見の方々、もう足がたがた??手を挙げさせたらほとんどの方が挙手。そりゃそうだよね~。ごめんなさい;;;
でもやめるか、やるかといったら、拍手が多くていっちゃうことに。あっきーがきっと締めてくれるって。お題はナカガワか、アキノリかあっきーの好きな方で。って言ったらアキノリで。

 雨がふって…

 キラキラしずくが…

 (…なんだっけ??)

さあ、あっきーどう続けるかと思ったら、

リ リムリムリムリムリムリムリム…無理??(爆)

あはは!やってくれました。他のメンバーもその才気と目茶苦茶さに驚くやら逆に感動するやら(笑)真太郎さんはしきりに「おもしろい子だね~」って言ってました。「いじりがいがある」って言ったのかもしれませんが、わたしには「いじめがいがある」に聞こえて、そうそう、もっといじめてやって~、とか思ってしまった。(をい)

ほんとの最後、ご挨拶のためステージ前に並ぶとき、さっき靴脱いじゃったものだから履くのに手間取っちゃって。こういうときに限ってストラップの靴だったみたいで紐結ぶのに時間かかったみたいね。おーい。

ふぅ~、すんごい長くなっちゃっってすみません。何しろ3時間半ですから~;
トークの記憶に偏りがありすぎ、順番もめちゃくちゃ、あっきー以外のゲストの歌わかtらない、ばっかりでごめんなさい。
もしまた後で思い出すことがあったら、書き足しときますね~。

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート3) | トップページ | 描くように歌う »

コメント

いつもながら完璧レポ!
頭が下がります。

スキマスイッチの人が着ていた
ユニホームは【川崎フロンターレ】
だったと思います。

ボールを自在に操るのは【リフティング】
といいます。

後半サッカーネタだったので・・・。
私は楽しかったけど。

アキノリ君の髪型(しつこい!)は遠目からだと
右側が長くて左側が短く(刈上げっぽく)帰る時に
見えたつむじもやけに後ろに見えたのでてっきり…。

昼休みに覗かせていただいて すっごい長文で吃驚しちゃいました。途中で時間がなくなっちゃって最後まで読めなかったのですが、記事を分けられたのですねshine

皆さん魅力的な方ばかりで次回こういう機会があって、あっきーも出演するなら(笑)是非駆けつけたい・・・関西でも企画してくださーい、ナオトさん。

あっきーの靴下のつま先が青だった・・・てイベントまでに履いていた靴が青だった?hildaさんそこまで見てたんだ~lovely

いけなかった私に(いけなかった皆さんにも)愛のレポ 有り難うございます。
レポしてくださる方々が本当に沢山いてくださって 感謝、感謝です。

ナオトさんの2月末にあるライブも興味ありますが、いいですね~東京って・・・weep

すみません。
JTさんの前のコメントは私(tabibito)です。

>tabibitoさん
だいじょうぶ、わかってましたhappy01
リフティングというんですか?!知らなかったです。ユニフォームのこともありがとうございました!
髪型、わたしはあんまり注意して見ていなかったかもです。coldsweats01

>JTさん
さっそく絵文字ご利用ですね(笑)

レポ、記憶に抜けや間違いも多いと思いますが、楽しんでいただけたらうれしいです。
何しろ3時間以上になってしまったので、何か2つあると最初の方は忘れてしまうというcoldsweats01
ほかのゲストの皆さんもそれぞれ魅力的でしたが、なんといってもホストのナオトさんが包容力のある方でよかったです。あっきーがいなくても次のナオトの部屋に行ってみたくなるくらい。
あっきーの靴下、つま先のところが青い切り替えになってたんです。少し遠目だったから、確信はありませんが。。チェックしすぎ??

バナナ、身体にあたりました。足元に落ちたので、終演後ドリンクコーナーに返却しました。
昨日は、職場でライブの事を話したら、「元気だね~」と半ば呆れられました。
でも、本当に楽しかったですね!

あ、あれ、ももさんだったんですね!どなたか拾って足元にしまった?のは見えたんですが。
ほんとに楽しかったですね。わたしもやっと元気です(笑)

アッキーが靴を脱いだのはたぶん真太郎さんの真似。

真太郎さんのトークのときに『演奏するときは裸足』と言ってました。

アッキーが靴を脱ぎ始めたら真太郎さん大受けしてたし。

あと『ノ』は『のめるかな?のめないんだよなー俺』みたいなこといってました。

>い. さん
あれ?ピリオドの数が減ってるhappy01
ごめんなさい、遅くなりました!
裸足のわけ、そうだったのか~??
「のめるかな」って、雨のことですよね?そういわれてみればそんな気も。他にもいくつか思い出したので、追加しておきます。ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/10614382

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4):

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート3) | トップページ | 描くように歌う »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ