あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« おはよう | トップページ | お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) »

2008年2月19日 (火)

お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート3)

ナオトの部屋レポ続きです。

友だち日記でいくつか思い出したこと。

口に貼られたのはもちろんサロンパスじゃなくてガムテープですね(笑)
「痛い!」の後は「やっとしゃべれた~」って。
「橋」を歌いながら、「響くね!」とか「天井高いね!」とか叫んで?ました。

あとどこでだったかな。「みんな元気?!」と言ったかと思うと「大阪に元気くんっていう焼肉屋さんがあって、これがうまい!」なんじゃ、そりゃ(爆)

ナオトさんが何飲む?コーヒーあったかいのとホットがあるけど、って言って、あっきーは「それどっちも同じ」って返してたけど、実は椎名さんも同じこと言われて「あったかいの。ホットでもいいけど」って言ってた。しゃれっ気は椎名さんの勝ち!(勝ち負けなのか?)

ナオトさんと知り合ったのは同じ仙台出身の歌手清貴くんを通じて、って言ったかな?最近また交流があるとか。(参考までにブログはこちら)

帰り際、どういうきっかけだったか、あっきーが柔軟体操?始めて立ったまま手が床に届くくらい前屈してみせたのね。そしたらナオトさんは固くてできないって、途中までしか曲がらなくて(笑)。あっきー笑って信じないみたいな顔して今度は床に足を伸ばして前屈して、ナオトさんも同じようにしてみたけど、やっぱり90度より倒れなくて笑っちゃいました。

話聞いててわかったんですが、さきほどの椎名純平さん、中村直人さん(って、自分で本名言ってたからいいんだよね)、あっきーもみんな2001年のデビュー同期生なんですね。年齢も歩んできた道もそれぞれ違うけど、ミュージシャンとして同じ年月生きてきたという共感があるのかな、と思いました。

あっきーが帰ったあと。またインターフォンが。

ピンポーン、ピンポーン、、、ピンポン、ピンポン、ピンポン!!!

が、いつの間にか「♪はっしる、はっしる、おれーたーちー」(もちろん歌詞はありません)と「RUNNER」のメロディに。

「これは間違いない!」とナオトさん。今度こそ、サンプラザ中野くんでした~。

ビデオカメラを持参してて、「宣伝するわけじゃないけどー」と言いながら、「これ防水なんだよね~。ネットで買ったら3万円。安いでしょう」会場からほぉ~という声。中野くんさん(笑)のご希望でお水を運んできたナオトさん、防水を確かめるために二人でほんとにコップの水をカメラに!?でもだいじょうぶだったみたい。歌の間、会場のお客さんに録画させてましたから。1曲目は上手のお客さん、2曲目は下手のお客さん。

で、最初の歌なんだっけ? ^^;;; (スミマセン)

2曲目は「大きな玉ねぎの下で」

この歌実はわたしは知りませんでした!だからナオトさんが玉ねぎが何だかわからなくても笑えない。でも歌を聞けば、武道館のあの屋根の上の丸い飾りだってわかりそうなものですが。「それって常識なんですか?」とかなり恐縮してましたね。

歌おうってことになって、当然ボーカルは中野くん。ナオトさんがキーボード担当することに。譜面見ながらちょっと練習?してみるんだけど、ちょっと自信なさげ。

そこにすごいいいタイミングでスキマスイッチの真太郎さん現る!(笑)これぞ天の助けとばかり、キーボードおまかせ。このとき帽子を深くかぶっていて、そのまま弾き始めたから、ちょっとあれ?とは思ったんだけどね。

いい歌ですね。約束したコンサート、現れなかった人。その空席が切ない。

歌の前だったか後だったか、真太郎さんが「これは誰のコンサート?」って聞いたら、中野くんさんは「爆風スランプ」のつもりと言ったかな?
自分たちのコンサートで、空席あると自分たちも寂しいけど、お客さんも寂しい気持ちになるから、空席にもドラマがあると思ってくれたら、と話してくれました。

それとちょっとおもしろいエピソードを披露。あるとき電車の中で、ちょっと強面?な男の人に声をかけられ、「サンプラザ中野さん?建設会社の者だけど」え゛、建設会社といえばもしかして?客席爆笑。でも予想に反して言われたことは「玉ねぎの歌、いいね」客席さらに爆笑。そして建築のプロらしいコメントを。「あれね、玉ねぎっていうのはある意味当たってるんだよ」どういうことかというと、武道館の屋根についてるとんがった球形の飾りは、よく橋の欄干なんかにも使われるもので、ギボウシ(擬宝珠)っていうんだけど、その原形は葱坊主なんだって。長ネギと玉ねぎの違いはあるけど、当たらずとも遠からず?(この「当たらずとも遠からず」って言葉がすぐ出てこなくておもしろいこと言ってたけど忘れました)

ナオトさんからのぎりぎり(笑)質問。

その1.その頭(スキンヘッド)は、髪がないのか、剃ってるのか?
回答:ないわけじゃなくて、ほっとけばはえてる(笑)そる必要がないときははやしている。冬の女性の腋毛といっしょ(笑)これまで最高に伸びたときで、このくらい、とテーブルの上のサボテンを。

その2.声は昔からだみ声?それともそういう声を作った?
回答:特に作ってはいない。小学校のとき運動会で応援団長。先生に中野の声で応援されると元気が出ると言われてうれしかった。

あとサングラスの奥の目のことも何か言ってたような気がします。転機はやっぱり歌手になったこと。(だったと思う)

飲み会の約束あるって言ったっけ?サンプラザ中野くんはお先に失礼。

つづく。

« おはよう | トップページ | お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/10570262

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート3):

« おはよう | トップページ | お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ