あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) | トップページ | どうやら今夜も »

2008年2月19日 (火)

描くように歌う

ナオト・インティライミさんのブログが更新されて、16日のナオトの部屋のこと、さらに語ってくれてます。この記事

各ゲストに対する深い敬意と素直な憧憬。このイベントに対する思い。

あっきーのことは、「ほんっとに自由!」って(笑)
だよね~。

そして歌の絵描きさんだって。それってあっきーの表現力をすごく的確に言い当ててると思った。感情や物語を絵を描くように歌う。生き生きと。

そうなのよ。そうであるはずだ。そうじゃなきゃ困る。そうだったよね?

何かを表現するために音にのせないではいられない人、歌わずにいられない人。

土曜日は久々にあっきーの本物の歌声を聞いたと思った。

どうかこの出会いとつながりが、自由なあっきーに新たな刺激と可能性を与えてくれますように。

ナオトさん、お部屋に呼んでくれてどうもありがとう!

とかって、こんな風にファンから保護者面されて子ども扱いされるのきっと嫌がるよね。でもいいんだ。自分で自分のこと、子どもだ子どもだって連呼してるんだから(FM愛知参照)

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) | トップページ | どうやら今夜も »

コメント

私、今ネットでラジオの聞いてきました!
そなんだ。男って、それで、まだ、子供だからって、なんか、横で聞いてた息子も笑ってたけど、じゃ、「かわいい!」っていわれるのも、
嫌だ!って言わないで!私も、いつも出かけるのも、心配だから。息子の行動が!(いや、アッキーが息子のように見えるのよ)

>テイアさん
いい席でしたね!scissors
絵文字使えるようになったので、さっそくhappy01
心配ですよね~。どこかでよそ様にご迷惑おかけしてないか…??
今回のトーク&ライブは、ちょうどよくハラハラさせるあっきーらしくてよかったんじゃないでしょうか。褒めてない?coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/10611404

この記事へのトラックバック一覧です: 描くように歌う:

« お客さまがいっぱい(ナオトの部屋パート4) | トップページ | どうやら今夜も »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ