あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 怒んないけど | トップページ | これだけ着けていけば文句はないだろう »

2008年1月14日 (月)

新年会2008昼の部トークメモ

もはや、どの場面でどれとか忘れてしまったので、印象に残ってることだけ。順不同で。もちろん、言葉は正確ではありません。

最初に出てきてピアノに向かい、今年はねずみ年です、チュー、チュー、ねずみといえば、にゃ~、犬です、うそです。猫です

…さぶ。

いきなり「すみません、楽譜忘れました」

いまやNANのアイドル?中村さんを呼んで持ってきてもらう。ちゃんとドレスコード守って、白いトレーナー(パーカーだったかも)プリントはカツどん??これとドレスコードの関係は不明。準備のため1時間しか寝てないと聞いて抱きつきたくなった。中村さん、両手を広げて「どうぞ」というポーズ。しなかったけど(笑)

特別ゲストとして、榊原さんを呼び出しましょう。3つのブロック、赤、黄、青でそれぞれ「さ」「か」「き」と和音で。ドミ(ソ)ド?何回か練習したけど

「か」が聞こえなかった!もう一回!

黄色ブロック、わたしんとこ。ダメだしくらっちゃいました。む、難しいですから、いきなりミの音出せって言われても。絶対音感ないもん。っていうか、声が出せませんから~。ごめんよ。

異様なハイテンションに出てきた榊原さんもかなり戸惑い気味。「彼はいつもこうなんですか?」

そうなんです。うちの子いつもこうなんですよ。

うちの子って~?(爆)

落ち込んだとき。青には再生、永遠という意味があると知ってから、気分がブルーのとき、ああ、おれ今ブルーだけど、ブルーってことはそんなに悪いことじゃないんだな、と思えるようになった。

空気読めない、YK?YKK、それはチャック。

KYです ^^;
ズボンのチャックは下がってるのがデフォルト(違)

僕こそ音楽はさかきーのリクエストで。芝居あっての歌だし、苦手だし。(打ち合わせのとき)榊原さんがちょっとセリフから入ってみたら、と提案してみたけど、いやそれはできない芝居の流れのないところから入れないとか言ってたけど、このテンションならやっちゃいそう。と言う榊原さんの言葉に拍手。そしたらやっぱり…出ました。

わかってる!あいつは僕の親父。でも頭にくることだってあるさ、あんなことされたら。

と、市村パパのでこぴんのマネ。大爆笑。

歌の後。どうしてわかってくれないんだ?!ありのままのぼくを愛して。この歌のいいところはいろんな場面、いろんな人の気持ちに例えることができる。

ここで突然女性の気持ちになって?ああ、もぉー!畳歩いたらストッキング穴あいちゃった、今日おろしたばっかりなのに!みたいな。右と左(と別々)にポイポイっと(脱いで投げ捨て?)

思い通りにならない、苛立つ気持ちをたとえようとしたのか?意味わからないさかきーに「みなさん今のわかったんですか?」「説明して」って言われて、

ストッキングだって穴ぐらいあく。(靴脱いだら)ストッキングに穴あいてたくらいで引かないでよ!

ますますわかりませんから~。

さかきー「あっきーは歌にのってくるとピアノから手が離れる。こわくてしょうがない」「そう?」「自分で気がついてないでしょう」「??」
で歌い始めた「SADNESS」でも「♪ぼくら~は風~」のあたりでも思いっきり両手離しどころか両手を広げて飛んじゃってました(笑)

2005年に独立してこのN.A NETWORK立ち上げて…、何回か言ってから、あれ?2006年だっけ。そうだ、2006年だ。ダメだなおれって、肝心のこと間違えて。本気で落ち込んでる風なのが笑えた。

榊原さん「あっきーは天真爛漫。うそがつけない。うそつくと顔に出る。」顔がひきつるだったかな?

それと鼻穴も大きくなる。それでちっちゃいころからよくいじめられた。

ほんと??

実は公式サイトのトップに「天真爛漫=INNOCENT」って出るようになってる。ちょっと得意げに。中川晃教=天真爛漫って、それはあまり得意げにいうことではないと思うが。

ちょっと気になった言葉。

「ぼくを愛してくれるファンのみんな」「何があってもぼくを見守ってくれるみなさん」

トークでも最後のご挨拶でもかなり連発してましたが。

そうなのか、やっぱり。(って何が?)

正直な気持ち、本人の口からは聞きたくなかったな、その言葉。

おわくりの最後の歌詞を変えて「♪みんなの幸せって何?幸せって何?」と問いかけるように。どうやって答えろというのか。しまいに「♪ぼくの幸せはみんなが見守ってくれること」またまた…。驚愕のさかきー(笑)、「いますごいことしてたね。歌作っちゃった」

「砂漠」の最後も変えて「♪探していたぼくたちの色はすぐ見えるところ つかもう」と。これはアンデルセン公園のときと同じですね。(そういえばアンデルセン公園レポってなかった)

続く。かもしれない。

でもいいかな。って、もう。

今さらわたし書かなくても、他にもいっぱい出回ってるし。こんなやさぐれてなくて、優しい目線のレポがあるでしょう。そっち行って。

う~ん、いかんな、心がささくれすぎ。ごめんなさい。

【追記】
↑少し書き足してます。また思い出したこと追加していくかもしれません。

« 怒んないけど | トップページ | これだけ着けていけば文句はないだろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9790380

この記事へのトラックバック一覧です: 新年会2008昼の部トークメモ:

« 怒んないけど | トップページ | これだけ着けていけば文句はないだろう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ