あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« あらためましてサンデーメール | トップページ | 行き掛かり上 »

2008年1月20日 (日)

あたしに聞いてよ2

FM愛知のサイトで。今度は手塚治虫だって。わたしの精神上の父。何が知りたい?何でも聞いてごらん。

我が家に初めてテレビが来た日、「鉄腕アトム」を見た。弟と二人、テレビの前に正座して。それ以来、生まれて初めて目にしたものを親と思うヒナ鳥みたいに後を追ってます。

アトムの後はもちろん「ジャングル大帝」、その前に小学館の学習雑誌に連載された「ボンゴ」と「ロップくん」手塚治虫全集で再会できた時はうれしかった~。「リボンの騎士」(なかよし版)「W3」「マグマ大使」あたりまでよかったけど、「グランドール」ちょっと違和感あったのと、少女漫画の方にも新しい動きが出てきたところ(りぼんで一条ゆかりがデビューしたり)で、ちょっと離れてたら、いきなり「火の鳥」でガツンとやられた。これが決定打で「アポロの歌」でさらにダメ押し。最近映画化された「どろろ」も好きでした。「ブラックジャック」がヒットするのはもう少し後。「きりひと讃歌」や「陽だまりの樹」のヒューマン路線と同時に「ブッダ」やSF系短編シリーズ「ライオンブックス」その他新聞漫画も描いてたから、すごい多作でエネルギッシュな人。「アドルフに告ぐ」の後は絶筆となった「ネオファウスト」下書きの鉛筆原稿まで出版されてますが、最後まで読みたかった。同じく未完のままの「ルードヴィッヒB」(ベートーベンの物語)も。

亡くなったときは本当にショックで悲しくて信じられなくて。でも泣いていいのかしばらくわからなくて呆然としてた。青山の斎場で白いカーネーションを献花して、目を上げたら元気な頃の笑顔がこちらを見ていた。ほら、ぼくはここにいるよ、って。きみの心の大切な場所にいつだって。それでやっと泣けた。

とかいうわたしの個人的手塚体験はどうでもいいね。とにかく一言で評価するには大きすぎる人。

以前オレンジページだったかで、「アドルフに告ぐ」のこと書いてたっけ。興味があったのはヒトラーのことみたいだけど。

ある意味漫画も舞台と同じ生ものだからね。普遍的なテーマは確かにあるものの、リアルタイムで読まないと伝わりきれないものがあると思うから、いまなぜ手塚治虫なのか、どこに惹かれるきっかけがあったのか、そっちの方がわたしは知りたい。来週のFM愛知を聞けばわかるのかな?

参考までに、

手塚治虫公式サイト
http://www.tezuka.co.jp/

宝塚市手塚治虫記念館
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/

京都駅にある手塚治虫ワールド
http://www.kyoto-station-building.co.jp/kyototezuka/index.html

ただいまビッグコミックオリジナルに連載中の浦沢直樹「PLUTO」は鉄腕アトムのエピソード「地上最大のロボット」のリメイク版として驚くほど秀逸。ファンなら必読です。コミックで第5集まで出ています。

こういう話題になると俄然はりきっちゃうのよ。

いけない、肝心のこと。

以前FM愛知であっきーが話題にしていたコンテンポラリー・ダンスの第一人者ピナ・バウシュの特番が今日NHKであったんだけど、これまでの公演の貴重な舞台映像が見られてうれしかった。あっきーにはぜひとも来日公演「フルムーン」を見てほしい。きっと何かが解放される。人間が純粋に身体だけを使って表現できることに限界はないと知ること。
こちらに公演情報と動画があります。
http://www1.ocn.ne.jp/~ncc/

なんかでもラジオで話題にしてることって、毎回ちょっと付け焼刃っぽい?(笑)
昨日のレンブラント「夜警」も知らなくて調べたと言ってるし(正直なのはよいことですが)、コンテンポラリーダンスのときもなんとなくネタっぽかったから、ほんとに興味あるんだかどうだか。わかんないけど、とにかくピナはいいから。ぜひとも見て。

« あらためましてサンデーメール | トップページ | 行き掛かり上 »

コメント

♪~
そらをこえて~
ららら
ほしのかなた~

ああ、懐かしい(涙)
手塚治虫記念館で小学生のころ?書いた虫の絵とか見て驚愕!
ほんとに天才
今頃天国で何してるのかなあ(笑)

「鉄腕アトム」のシール巻いてある本(朝日ソノラマ版?)、我が家の宝物を引っ越しの時に母が捨てた(泣)残ったCOMだけは大切に取ってある。「火の鳥」が入手困難だった頃、必死で探して手に入れた。「ブラックジャック」嵌って手塚プロに友達と押しかけた(爆)ついでに友達、アポの電話でつい「虫プロですか?」と口走った・・・(汗)
う~~ん、青春は手塚マンガと同時進行ですね。浦沢さんはさすが!ですね。朝日賞の講演の時、子どもの頃から真似し続けた手塚先生の線を見事に再現してくれていました。尊敬する作品へのオマージュとして、素晴らしい出来だと<「PLUTO」。隔刊連載なのがもどかしい~~~

って、この世代を相手にしての付け焼き刃は見抜かれるよな~~

>ohtaさん
お、歌いますか?(笑)
わたしもフルコーラスいけますよ~♪
アトムもジャングル大帝も。マグマ大使も。
今度ぜひカラオケで(爆)
虫プロのアニメはテレビから劇場版までほとんど見てますから~。

手塚治虫のスケッチ、わたしも見ました。っていうか画集持ってるし。ほんとに子どもが描いたとは思えない緻密さですよね。
天才ってああいう人のこと。
そうですね~、いまごろ天国で虫網持って大好きな虫を追いかけてるんじゃ。売れっ子漫画家の間はゆっくり虫の観察もできなかったでしょうから。

>ちゃこさん
あ、入れ違いになっちゃった。
そうそう、付け焼刃はいかんよね(笑)

浦沢さんもほぼ同世代なのでたぶん見て育ったものが近いかと。
わたしはアトムは最初カッパ版で擦り切れるほど読んで、朝日ソノラマ版は高校生くらいのとき少ない小遣いからこつこつ買い集めたけど、全集そろえたときに友だちに譲っちゃった。
COMなつかしい。火の鳥は友だちの家で読んで衝撃受けて自分でも買おうと思ったとたん、虫プロつぶれちゃった(泣)
だからやっと手に入れたのはマンガ少年の復刻版でした。
今は手塚プロなのについ虫プロって言っちゃいますよね(笑)
手塚治虫と虫プロは永遠です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9994358

この記事へのトラックバック一覧です: あたしに聞いてよ2:

« あらためましてサンデーメール | トップページ | 行き掛かり上 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ