あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 新年会2008昼の部トークメモ | トップページ | いろんな人がいるから »

2008年1月14日 (月)

これだけ着けていけば文句はないだろう

と思ったのに、全然チェックなかったですね。ドレスコード。トークでもほとんど話題にならなかったし。

ま、「白」「輝くもの」「真珠」ってドレスコードじゃないし(笑)

初詣客でごったがえす原宿駅近くの通りに、妙に小ぎれいにした妙齢の?女性の集団。クエストホールの下で開場を待つファンの団体さんは、通る人の目には何だと映ったでしょうね。たぶん眼中になかっただろうけど。

Whitecoat Pearlneck

Pearlpias

そして帰宅して靴脱いだら、

Stocking ストッキングに穴あいてました(笑)

« 新年会2008昼の部トークメモ | トップページ | いろんな人がいるから »

コメント

私も、凄く考えてドレスコードで、白、真珠、輝くもの、全部つけて、着てゆきました!
でも、白いハットにキラキラスカーフが、照明に当ってたのか、例の、エコバッグのとき、「キラキラ帽子の人」って、指名されました(笑)
やった!

あ、あのときのキラキラさん(笑)、テイアさんだったんですね?!よかったですね☆
真珠だけでも、いちおう全部カバーしてそうですけどね ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9878370

この記事へのトラックバック一覧です: これだけ着けていけば文句はないだろう:

« 新年会2008昼の部トークメモ | トップページ | いろんな人がいるから »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ