あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« DIVINA BONITA 来年発売 | トップページ | トプステから舞台特集ムック »

2007年12月19日 (水)

人生の謎それは幸せ

P1010129_ed

何がその人にとって幸せかなんて、わからないけど。

18日ソワレ。残りの上演日程と自分の予定を照らし合わせると、チケット確保してある前楽、楽(いずれもあっきーヴォルフ)以外で、見られるのは今日だけ。と思ったら、ほんとはそんなことしてる場合じゃないくらい仕事もやることも切羽詰ってるのに、妙に焦って思わず現地にいるはずのあっきー友に当日券を頼んでしまった。(Nっつん、ありがとう!)初補助席体験です。ちょっと狭かったけど、思ったより座り心地よかったです。
観劇数減らすつもりでいたのに気がつくと増えてるってどういうこと。(バカ)
でも見られてよかった。1幕、風邪ひいた?と思えるくらい声が抑え目だった(出てないというより意図的な感じ)けど、2幕は皇帝陛下の御前演奏会の後パパとの決裂以降、狂乱シーンから死に向かっていくまでの流れがとてもよかった。魔笛作曲中にやってきたコンスへの「帰ってくれ」のあと、思いが走ったか、もう一回「帰れ!」っていうセリフなし。

カーテンコール、いつもだけど、一回目はまだヴォルフの魂が抜けてないみたいにちょっと呆けたような表情から、2度目の笑顔に変わる瞬間が好き。掃き出し演奏の後、再びアリスちゃんと出てきて、ぎゅっとハグしてぐるぐる回し。最後は二人で投げキッスの大盤振る舞い(笑)消える前におサルさんしてました。

帰り道、またしても不思議な高揚感と幸福感に包まれながら、よっしーヴォルフの舞台がどんなに満足度高くてもこういうのはなかったよな?と思う。好きだから、と言ってしまえばそれまでなんだけど、よっしーがプロの技術をもって演じているのに対し、あっきーは不器用なヴォルフの人格そのものをまさに舞台上で生きる。今回かなりコントロールされてるとは感じるものの、あっきーの直観的(天性の?)舞台センスはやはり努力して得られるものではないな、とあらためて実感。計算されつくしたものではないだけにとても危ういのだけど、それがまたこの世に所属感薄く足元のあやうい天才の真実と響きあうのかもしれない。
このミュージカルそのものについてはいろいろ思うところがあるけれど、この役があっきーのものだということだけは間違いない。(ごめんね、よっしー)

コロレドおトイレシーンは、「あ、もうダメ」「さっき行ったのに」でした。パターン決まってる?
「♪音楽の…魔術」のところ、ハッと緊張が走るくらいタメが長くて目が醒めました(をい)

劇場ロビーで、いつもより少し発売早い「TopStage」販売してました。

TopStage vol.54 定価750円
2007年12月18日発売

まだチェックしてませんが、ちょっと気になるページは、
●乾貴美子の観劇記 Vol.53 「モーツァルト!」 井上芳雄×hiro
●中川晃教エッセイ 「Piano Man」 Vol.53
●ミュージカル「ファントム」大沢たかお×ルカス・ペルマン

ルカスくんで思い出した。昨日となりの席ドイツ語を話す金髪青年でした。わたしの前の席の親子、お母さんの頭がやけにボリュームあって、左右の隙間から一生懸命双眼鏡でのぞいてたんだけど、その青年もやっぱり隙間からオペラグラス使ってて、どうかするとお互いに肩寄せあうような格好になっちゃってしょっちゅうぶつかってました(笑)ごめんなさい~。

« DIVINA BONITA 来年発売 | トップページ | トプステから舞台特集ムック »

コメント

無理して来た甲斐があるM!でしたねー。
うまい人はたくさんいるけれど、アッキーほど
観客の魂をつかめるアクターはいないと思います。

それでももっともっとと願っちゃうんですけどね(笑)

hildaさま。

初めてお便りいたします。
細やかな心のこもったアッキー情報を届けていただいているこちらのサイトを楽しく拝読しています。
18日ソワレ、ご一緒だったのですね。それも、金髪少年のお隣だったのですね。
彼はドイツからの留学生で「jan(ヤン)」君と言います。
1年間の留学を終えて来年1月に帰国するので、少し早いクリスマス・プレゼントと言うことで連れて行きました。
音楽専門高等学校の生徒なので、「オペレッタ」に出演したり、「オペラ」は見ているものの、「ミュージカル」は初めてで、こんな世界があったのかと、とても喜んでいました。もちろん、アッキーの大ファンになってしまいました。
それこそ、あの公演の当日補助席、最後の2枚をゲット出来て、本当にラッキーでした。もし、取れなかったら、「歌舞伎座」でした!!!
先ほど、hildaさまのことを話しましたら、興奮して観ていたので、ぶつかったなんて全然気になってませんでした!僕のほうこそ
お邪魔してませんでしたか?とのことでした。
jan君のお隣のhildaさま、きっとアッキーファンかな~?と思いながら、お声を掛けそびれてしまいました。残念なことでした。
アッキー千秋楽も抽選でチケットゲット出来たのですが、22日から渡米することになり、知り合差し上げちゃいました。(泣く泣く・・・)

いつか、お会い出来れば嬉しいです。


>なっつん
ほんとにありがとうね~。なっつんがいなかったら見られないところでした。最後の3枚だったなんて。しかもその残りの2枚は、、、

>mammyさま
初めまして!いらっしゃいませ。あの日最後の当日券をゲットしたお隣とお連れ様だったんですね?!世の中狭い(笑)というか ^^;;
あの青年はやはりドイツからいらした方だったんですね。日本滞在最後の思い出に歌舞伎じゃなくてあっきーヴォルフを見ていただけたなんて、そしてお気に召していただけたなんて感激です!
ヤンくんには、とんでもない、わたしが動きすぎるのでご迷惑だったろうな、と恐縮してます。気にならないくらい舞台を楽しんでいただけたと知って本当にうれしいです。
mammyさんは、これまでも度々このブログを訪れてくださってたんでしょうか。ありがとうございます~。
千秋楽をご一緒できないのは残念ですが、またいつか4度目の再演または何か次のあっきー舞台公演でお会いできますように。
アメリカ、お気をつけていってらっしゃいませ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9472189

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の謎それは幸せ:

« DIVINA BONITA 来年発売 | トップページ | トプステから舞台特集ムック »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ