あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« 昨日のソワレは貸切 | トップページ | DIVINA BONITA 来年発売 »

2007年12月18日 (火)

とまどい

えと、すみません、よっしーレポ遅くなって ^^;

いちおう下書きには、あっきーヴォルフとの違いを気がついたとこだけメモってはあるんですけどね。

正直に告白しますが、よっしーヴォルフは予想以上によかったです。うまかった、と言うべきかな。この夏「ロマンス」を見て、うまい子だな、とは思っていたけど、ここまでうまいと思ってなかったから、ちょっとショック。初演も再演も見てないから、どのくらい成長したかとかはわからないけど。

あっきーも2年前よりいろいろな舞台を経てかなり成長のあとが見られるけど、よっしーを見てしまうと、いわゆるアクターとしての才能と努力の成果を舞台で見せるってこういうことか、と思ってしまう。

でもあっきーにそういうこと期待してるわけじゃないから、その点で比較してもしょうがない。やっぱり歌でしょう。

よっしーがどんなにうまくても、舞台としての完成度が高いとしても、もう一度見たい、聞きたい、と思わせるのはあっきーヴォルフ。

…だって、書いておけばあっきーファンである読者のみなさまは安心するでしょうか。

そうなんだけどね。でもそう単純ではないのです。

このブログを長く読まれている常連さんなら、薄々お気づきと思いますが、わたしがなかなか書かない(書けない)ときは、何かあるとき。本当に心から満足した舞台やライブのことなら、どんなに忙しくてもどんなに疲れていても必ずその日(かせいぜい翌日)のうちにアップしてきました。

これまで見てきたあっきーの(少なくとも)舞台でがっかりさせられたことは一度もありません。…どっからか、ウソツキ!ってツッコミが聞こえてきそうですが、ほんとです。最終的にはってことよ。

M!だって、もちろん。再演のときのあの飢えた気持ち、中日劇場の2階のすみっこから、ヴォルフがナンネールを驚かそうと待ち構え、歌いだしたのを聞いた瞬間、ああ、やっとこの歌声に会えた!と思った時の心のふるえ、忘れていません。あの時からずっと、その歌声を求めて追いかけてきました。いまもまだ。

その再演版でのわたしの評価は、「SHIROH」じゃない!というまったく理不尽な結論でしたが(笑)、今回はM!はM!としてやっと素直に見られました。その上での正直な感想…。ですよね…。はい、書きますよ。もうじき。たぶん。

« 昨日のソワレは貸切 | トップページ | DIVINA BONITA 来年発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9454714

この記事へのトラックバック一覧です: とまどい:

« 昨日のソワレは貸切 | トップページ | DIVINA BONITA 来年発売 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ