あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« ほんとうのクリスマス・スピリット | トップページ | モーツァルト!千秋楽 »

2007年12月24日 (月)

泣いた!笑った!

20071224_2 さすがは晴れ男。本日の東京は快晴。風が強く真っ青な空には雲ひとつありません。

デジカメが昨日のクリスマス写真でいっぱいになってしまったので、これはケータイカメラの画質を最高にして。でも粗いけど。

そう、ケータイ機種変更しました。カメラもついたし、ネットもできます♪今月のパケット代が恐ろしいことになりそう。

…って、そんなことはどうでもいい(笑)

「モーツァルト!」中川晃教主演の千秋楽でした。

なんだか笑ってばかり、コロレドさんもセシリアさんもアルコさんもアドリブがんがん入れてくるし。ごめんなさい、細かいことは忘れました(笑)

あっきーヴォルフもプラター公園で、胴切りの箱でふざけてるうちに躓いて転んだり、コンスにキスしようとしてチュウチュウ音立てたり(爆)

ほんとは笑うところじゃないけど、魔笛の成功のあと天井から降りてきた赤い垂れ幕(わたしがヴォルフの魂が流した血だと思ったあれ)、あっきーがぶら下がった☆を引っぱって、アマデも反対側で引っぱるのに、なかなか外れなくてアレっ?って感じになっちゃったので客席から思わず笑いが。

ヴォルフの歌では「なぜ愛せないの」がこれまでで一番よかったです。そのへんから最後まで、もうずっとあっきーヴォルフの表情から目が離せなかった。「僕こそ音楽」のリプライズのあたりはもう涙でにじんで舞台が見えないくらい。

あっきーも泣いてた?レクイエム書けなかったところ。子どもみたいに。あんな泣き声初めて聞いた。おかげで「ダメだ、書けない」の「ダメだ」が落ちちゃった。

ヴォルフのことだけではない、ナンネール、コンスタンツェ、パパ、それぞれの思いが痛々しく、(今日に限らず)胸に突き刺さります。

こんなに身体が震えるほど感動してるのに、心のどこかではまだ完全には満足していない。もっともっとなにか特別なことが起きてほしい。起きるはずだ。起こせる人だ。という思いが残る。贅沢ですか。期待しすぎですか。この程度で満足しなくちゃいけませんか。

なんで、こんな風になっちゃったかな。

ごめんなさいね、わたしに絶賛モードを期待していた方。

うん、でも今日はなんでも許すと約束したからこれ以上はつっこみません。

カーテンコールは、市村パパ主導で。手拍子ちゃっちゃっちゃ、みたいのを誘導して可笑しかったです。今日があっきー楽だというご挨拶。「音楽の神」と紹介してましたが、それってモーツァルトのことですよね。一瞬あっきーのことかと思って、パパ親ばか、とか思ってしまった(笑)あっきーも挨拶の前に、パパに見習って?また手拍子ちゃっちゃっちゃっと客席を乗せて「遊んじゃいけませんね」って(爆)
一足お先の千秋楽が寂しくて、ずっと一心同体で同じ役を作り上げてきたよっしーの舞台を明日見るつもりでいること。思わず客席で同じセリフや歌を声に出してしまわないように気をつけます、とか。
アマデのアリチュちゃんからもご挨拶。あっきーのマイクを使って耳元で。「この素晴らしい舞台に立てて幸せでした。お客様、スタッフ、キャストのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです」かわいい!りっぱ!エライ!
その後あっきー市村パパの司会をあてにしてか?ちょっとぼーっとしてたら、コンスに「締めてください」って言われちゃった(爆)
最後に「ありがとうございました!」と客席&オケピに感謝の言葉を。

掃き出し演奏のあと、またアマデと二人で登場してくれましたが、なんと二人とも赤いサンタ帽をかぶって(笑)向き合っておじぎして頭をこっつんこ、なんてやってました。はけるときおサルさんして、最後の最後にもう一度深々とお辞儀して去っていきました。

なんだ、「終らないクリスマス」歌わないのね(笑)

ああ、でもほんとに終っちゃいました。
あっきー、お疲れ様。他のキャストのみなさん、スタッフのみなさんは明日もう一回がんばってください。

この公演、結局9回!見たのに、なんかすごい書きそびれたこといっぱいあるんですけど。タイミング悪かったり、正直な気持ちどう書いていいかわからなかったり、理由はいろいろ。後で時間と気持ちの余裕あったら、思い出しながらいくつか書いてみたいことはあります。でも今日は無理かな。明日の朝納品のお仕事まず片付けないと。ぎりぎりまでほっとくから~(笑)

と思いながら帰宅したら、NANからFC会報誌が届いてました。クリスマスプレゼント狙ったのかな?こちらもスタッフのみなさま、お疲れ様でした~。内容はまだパラパラめくっただけですが、ツッコミどころはけっこうありそうです(笑)

う~ん、でもそれも後で後で。今は仕事を終らせないと。あ、その前にアイス一個食べていい?

一個追記。
最後に心臓刺した白い羽根ペンが、ピアノの台座より手前に落ちてて、「影を逃れて」大合唱のときには、ちょうど山口さんの足の下に ^^;;
カーテンコールでは消えてたので、誰か拾ってくれたんでしょう。でももう使わないからいいかぁ、って笑ったら、友だちがまだ明日よっしーが使うよ!って。コロレド大司教さまのブーツの跡ついてないといいけど。羽根ペンくらいは予備があるか?
でもエレンディラのときは肉切り包丁なかったんだよね(爆)

しかしなんでこんなとこばっかチェックしてるかね?わたし。

あ、もう早々とカーテンコールの動画アップされてますね。

« ほんとうのクリスマス・スピリット | トップページ | モーツァルト!千秋楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/9557336

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いた!笑った!:

« ほんとうのクリスマス・スピリット | トップページ | モーツァルト!千秋楽 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ