あなたに届けたい歌

  • 中川晃教「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」
  • 中川和泉「エネルギー」
    作詞・作曲:中川晃教
    編曲・ピアノ演奏:江口貴勅
  • 中川晃教「Miracle of Love」
  • 中川和泉「Winding Road」

つぶやいてます

アンデルセンを探しに

  • 01 雨の野外博物館1
    短大2年の夏休み、欧州旅行最終目的地デンマークで訪れたアンデルセンの故郷オーデンセとコペンハーゲンの写真です。 ん十年前の写真からスキャンして取り込んでますので、画質悪いです。

BLUE OCEAN 20061225

  • Wave15
    2006年12月25日、カレッタ汐留の「BLUE OCEAN」と名づけられたクリスマス・イルミネーション。東儀秀樹さんがプロデュース。

CAMDEN TOWN 20060506

  • 01. 地下鉄CAMDEN TOWN駅
    ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」の舞台となっているカムデンタウンとカムデンのマーケットをいくつかのぞいてきました。

新潟 20060414

  • 01 上里SAにて
    2006年4月14日(金) ゲキ×シネ「SHIROH」新潟上映最終日、遠征写真日記。

最近のトラックバック

« お誕生日は名古屋で | トップページ | 色が語る音の世界 »

2007年11月 4日 (日)

小池修一郎さんのコメント

M!公式ブログに、製作発表に出席されなかった小池修一郎さんのビデオレター映像と会場のキャストの反応+ダブル・ヴォルフの意気込みコメントがアップされています。こちらから見た方がいいかな?
http://eyevio.jp/movie/75673
http://eyevio.jp/channel/bookmark_91262

よっしーもあっきーも「恋愛経験」の反応が可笑しい。質問忘れはわざとじゃなくて素と見た(笑)

5年前と「基本的には何も変わっていない」?そうかな?
そんなはずはないよね。
「大人の男」にやたらこだわるけど、あまり意識せずこれまでどおり思うままのヴォルフを生きればいい。とわたしは思う。

再演時の印象をあれこれ書いたけど、別に全然感動しなかったわけじゃないから。それどころか名古屋でも博多でも大泣きしてる。ただわたしの場合、涙と感動の大きさや深さはイコールじゃないってこと。

あれはどこの場面だったかな?
天井から赤い光沢のある布がずるっと落ちてくる。
あ、ヴォルフの魂から流れた血だ。と思った。ぬるりとした感触、生温かさまで感じられるような。
「影を逃れて」と「なぜ愛せないの」この2つの歌では、天才という名の無垢な魂が傷つき流れ出る自分の血潮に足をとられてあがき苦しむ姿がはっきりと見えた。

その涙のカタルシスをもう一度。

新コンスの歌と新男爵夫人の☆金については、う~ん、とにかく舞台を見るまではなんとも。ヴォルフもだけど。
そういえば記者会見に重ちゃん、じゃなかったシカネーダーいないのね。

« お誕生日は名古屋で | トップページ | 色が語る音の世界 »

コメント

私は、初Mなので、凄く楽しみにしてるんだけど、アッキー記者会見凄いリラックッスしすぎて、質問忘れて、おちゃめで、かわいい!
やっぱ、かわいいが合ってるよね!「影を逃れて」初めて聞いたけど、アッキーいいなああ!ヨッシーの声凄く響くんだね。ビックリ!一回位余裕あったら、みてもいいかなと思った!
恋愛経験アッキーあるのかなあ?

>テイアさん
よっしーもいいでしょう?
わたしもこの夏初めて生よっしー見ましたが、思ったよりよかったので、ちょっと心配(何が)
わたしは今回よっしー版を一回だけ見るので、二人の対決?楽しみです。

恋愛経験ねぇ。どうでしょうか。普通に考えたらない方がおかしいけど。ちなみにうちのルドルフは彼女いない歴すでに5年です。あ、誰も聞いてないか(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19630/8751653

この記事へのトラックバック一覧です: 小池修一郎さんのコメント:

« お誕生日は名古屋で | トップページ | 色が語る音の世界 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール

  • メールフォーム
無料ブログはココログ